フモンスト等のゲームに総額50万課金。月7万円を借金返済にあてる

1度に5万円をモンストつぎ込んだ

私は26歳の女性で、県に住んでいるフリーターです。月収は15万前後です。

私はモンスターストライクが好きで、多い日では1日に5万円程使ったことがあります。

他ゲームを合わせての総額だと50万前後です。

今の生活では空き時間にちょこちょことプレイする程度です。

重課金していた当時はイベントなども欠かさずにチェックし、寝る時間を削ってプレイしたり、仕事中でもスタミナ(プレイする毎に消費するもので、時間が経つと回復する)が貯まるとトイレに行くふりをしてプレイしていました。今思うと重症ですね。

イベントによって開催時間が決まっていたり、スタミナが貯まりきってしまったりするので、普段の生活も縛られていました。

そうでもしないと周りの強いユーザーについていけなくなってしまうので、課金した分が勿体ないと感じてしまうんです。

時間が使えないならばお金、お金が使えないならば時間を、どちらかをつぎ込まなければ強くなれないという強迫観念がありました。

有料ガチャの強いキャラクターが欲しい!

モンスターストライクの最大の魅力はマルチプレイがあることです。

モンストは、ユーザー数が多いので周りにもプレイしている友人が多数いましたし、プライベートでのコミュニケーションにもつながりました。

ガチャで当たりを引けば羨ましがられるし、強いキャラクターを持っていれば頼りにされるので。

周りとプレイしていて楽しいと思ったのが一番のポイントでした。逆に友人のキャラクターを見て「強い!欲しい!」と思って課金してしまうこともしばしば。

ゲームをきっかけに知り合った人や仲良くなった人もいる程で、やはりその環境は大きかったと思います。

ちゃんとプレイスキルがあれば当たりキャラで固めなくてもクリアできるところがまた快感なんです。

最初から勝てる気がしない難易度だと「お金使わなきゃ勝てないじゃん。」と辞めてしまっていたと思います。

その難易度が絶妙でした。私のようにプレイ自体が下手だと結局「有料ガチャで強いキャラクターを当てたい!」となってしまうのですが。

欲しいキャラの排出率がアップする期間を見逃さない

モンストで、欲しいと思っていたキャラクターの排出率がアップしている期間は「今課金するべきだ!」と思ってしまいます。

新キャラクターの登場期間も、排出率が他のキャラクターよりも高く設定されているため、「新キャラクターが強い!」と周囲や攻略サイトで話題になっているのを見ると、同じように「課金しなくては!」と思います。

特にアニメやキャラクターなどとコラボしているイベント時期は、もう二度と手に入らないかもしれない、と思うとついつい課金してしまいました。

課金ゲームは、そのゲームが存続している限り新キャラクターが続々出てきます。

その分、欲しいと思っていた既存のキャラクターが出る確率は下がっていく一方なので、限られた期間の排出率アップは逃したくない心理が働くのです。

ゲームに夢中になり過ぎて自分の未来を犠牲に

私はモンストを始めとしたゲームにのめり込み、未来を犠牲にしたと感じています。

スマホをポチポチしている時間をなにか勉強に充てていれば資格のひとつやふたつ取れたでしょうし、課金した額を全て貯金に充てていれば、今は手が届かない大きな買い物もできたはずです。

寝る間を惜しんで大金を金額をつぎ込むほど夢中になれたものが、もっと他のものだったら、今とは違う未来があったのではないかと考えています。

特に私は女性なので、同じ金額を美容の方にかけていれば、せめて今より魅力的な女性だったのではないかと思います。

自分の立場や収入を考えずに課金ゲームにのめり込んでしまう人間ですから大成はしていないと思いますが、今よりもっと良い未来があったのは確かです。

課金ゲームのために給与の半分が消える

一番の後悔は、課金で借金までしてしまったことです。

「未来の自分が何とかしてくれる。」と無責任にクレジットカードで決済し、その上もちろん収入では賄いきれませんからリボ払いにしてしまったのです。

リボ払いをしているうちにどんどん感覚がマヒしていき、「今月は1万支払ったから、1万課金しても大丈夫。」と手数料と少ししか返済できていないにも関わらず更に課金してしまう悪循環が続きました。

現在実家で家族と暮らしていますが、親から「実家に住んでるんだから、少しは家にお金入れてよ。」と言われるたびに心が痛くなります。親からしたら「フルタイムで働いているのに、それも実家に住んでいる身分で、何故お金がないの?」と思っているはずです。

実際は、借金返済で月収の半分ほどがなくなるため、全く余裕がありません。

課金ゲームで作った借金があるなんて、親にも言えません。

家族や周りの友人にも言えないほど恥ずかしい失態を犯してしまったことが、なによりの後悔です。

給与は全て支払いに流れてしまう苦しい現実

月収の約半分を借金返済に充てているため、残りの給料は携帯代と雑費でほぼなくなります。

結婚式や出産祝いなどの急な出費があるたびに、ひいひい言いながら捻出しています。

毎月、給料日前になると極限状態のため、友人からの飲み会の誘いなども断わっていて、あまり出歩かなくなったため新しい出会いもありません。

周りの同世代が結婚したり、車を買ったり、旅行に行ったりしている中で、飲みにも行けず流行の洋服も買えず毎月極限状態です。

完全に自業自得なのですが、かなり苦しい状態です。

リボ払いなので月々の支払いはもう少し減らせるのですが、利息が怖いのでできるだけ早く返済したいのと、実家にいられるうちにと思い、切り詰めて生活しています。

極限になり仕事も手につかない

課金をしていた時は、仕事にもやる気がなく、ただただ暇で課金ゲームしか没頭することがなく過ごしていました。

借金だけが残った状態になると、不思議とやりたかった事や買いたかったものが浮かんでくるんです。

ようやく現実がみえてくるというか。

私の場合だと、将来のために資格を取るなり夜間学校に通うなりすれば良かったと思います。

学歴やスキルなども特にないのでそういった自己投資をしていれば、今頃はやりたい仕事に就けていたかもしれないし、そうでなくとも今より安定した収入を得ていたのかな、と思います。

せめて同じ分浪費したとしても、ブランド品のバッグやコスメなどを購入していれば、「不要になっても後から売れたのにな」とも考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です