後悔しないよう借金してでも進学はすべき

大学進学前に父親がリストラ

私は28歳の男性です。

私の家は両親共働きでしたが、父親の給料も平均以下で、母親もパートで、とても裕福とは言えない暮らしでした。

私が大学に進学する前年に父がリストラにあい、家計は火の車になりました。そんな中で県外の大学に行くためには、どうしても奨学金が必要でした。

家計の状況と高校での成績を考慮して、日本学生支援機構で第1種の奨学金を借りることができました。

しかし、入学金や学費が高いこともあり、私立の大学を目指すことは難しかったため、国立大学一本で勝負しました。

私立を受けないことで、私立の受験料や入学金などかなり節約できたとは思います。家計は苦しいながらも、両親が授業料と入学金を支払ってくれ、生活費を奨学金で支払うという形で無事に国立大学に進学することができました。

コンビニバイトは食費が浮いて助かった

在学中は飲食店のバイトと家庭教師のバイト、コンビニのバイト、単発のバイトなどさまざまな仕事を掛け持ちしていました。

中でもコンビニのバイトでは、期限切れの商品を持ち帰っても良いと言ってくれる店長だったので、食費が浮いて非常に助かりました。

家賃は水道代込みで3万円の古いアパートでした。壁が薄く、隣の声がはっきりと聞こえてくるような部屋でした。

親から仕送りをもらって一人暮らしをしている友人の家に遊びに行くと、綺麗なエレベーター付きのマンションなどで驚かされ、羨ましく思いました。

家での食事は先述したコンビニでの廃棄商品や、節約のために食パンだけを食べたり、米だけ炊いて、納豆ごはんや卵かけごはんなどで飢えを凌ぐ時期もありました。

ちょっとした贅沢でスーパーで甘いものを買って食べるのが楽しみの1つでした。

実家暮らしの人を可哀想に思った

実家から通学している人は、一人暮らしを我慢して、地元の大学に進学した人たちがほとんどだったので、羨ましいと思ったことは一度もありません。むしろ、一人暮らしができずに可哀想だな思っていました。

県外の大学に来て、親から仕送りをもらっている人たちは正直羨ましかったです。授業料や生活費を払ってもらった上に、オートロック付きの綺麗なマンションに住んでいたりする人が何人もいました。

そういう人たちは奨学金も借りずに、大学生活を謳歌して、社会に出る時に1円の借金もなく社会にでられるなんて羨ましいと思っていました。

また実家生の多くが家の車を使っており、大学生で車に乗っているということがメリットの1つでしたが、親から仕送りをもらえる裕福な連中は、3年や4年になるころには親から車を買ってもらったりしており、どこまで脛かじりなんだと思うこともしばしばありました。

社会人になってみると返済額が苦しい

返済は月々13500円程度なので、大した出費ではないと思っていましたが、実際に社会に出てみると、家賃に光熱費、携帯代、車のローン、保険代などさまざまな出費があり、とても苦しい状況です。

この奨学金がなかったら、月々の貯金に回せるのにとつい考えてしまいます。

親の金で大学まですべて卒業できた人たちはこういった苦労もなく、社会に出てからも親に車を買ってもらったり、家を買うお金を支援してもらったりと、一生お金には困ることがないのだろうなと羨ましく思ってしまいます。

私が借りた奨学金は無利子なので、まだ良かったですが、借金に違いはありません。早く借金が完済できる日を目指してこれからも頑張っていきたいです。

借りる前によく調べて

現在手取りのほとんどが家賃や光熱費、携帯代、車のローン、保険代、奨学金の返済で無くなってしまっています。なので、貯金はほとんどできていません。奨学金を一括で返済できたら、今の返済分を将来の貯金に回したいです。

また、たまには贅沢で海外旅行などにも行ってみたいです。世界遺産を巡ったり、行ったことのない土地に行って現地の人と話をしてみたいです。

英語や習字などの習い事もしたいですし、将来を通してできる趣味も見つけたいです。やはりそれにはある程度のお金が必要になります。

奨学金で借りたお金は僅かかもしれませんが、日々の生活を圧迫していることは間違いないです。奨学金は必ず返済しないといけないお金ですが、返済義務のないものもあるので、よく奨学金について勉強することを強くお勧めします。

悔いのない人生を送るために

今の時代奨学金を借りたければ誰でも借りることができると思います。なので、経済的な理由で大学進学を諦めるというのは言い訳に過ぎないと思ってしまいます。

大学に進学したい気持ちがあれば、借金してでも大学に行って下さい。その方がその先の人生での後悔はなくなると思います。

ただ私がしている後悔は、もっと奨学金について調べて、返済義務のない奨学金を借りられるように努力しておくべきだったと思っています。

始めに述べた通り、奨学金を借りたければ誰でも借りられる時代ですが、借りた後に返済できる人は年々減ってしまっているのが現状です。

しっかりと奨学金について勉強し、返済義務のない奨学金、または無利子の奨学金を、借りることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です