うつ病で衝動買いが止まらない女性。100万払った衣類はたった3,000円に…

うつ病で過食と衝動買いが止まらない

私は28歳の女性で、東京都杉並区在住の公務員です。月収は23万円です。

私は精神的な病を持っており、いわゆる「うつ病」を煩っています。最近は一時期の最も酷いときに比べてだいぶ良くなりましたが、完治まではもう少しかかりそうで、まだ社会復帰はしていません。

私が無意識のうちについついしてしまうことと言うのが「過食」と「衝動買い」です。

以前は「本当に欲しい物」と「今必要か」を考え、生活費を計算して買い物をするようにしていました。しかし、うつ病が悪化しているときはそんなこと全く考えず、「1%でも一瞬でも気に入ったら」即購入していました。

買うモノの金額も全く気にしていませんでした。

街を歩いているときも、インターネットを見ているとき、少しでも「いいな」と思ったら迷わず買っていました。当時は、買い物が私に取っての唯一の生き甲斐でもありました。

1回の買い物で20万円を使い果たす

間違いなく当時の衝動買いを続けていたときが、一番お金を使ってしまったときだと思います。

試着もせず、サイズも見ずにとにかくひたすら買っていました。

ネックレスやピアスなどのアクセサリから、衣服、大きい物では自転車まで買ってしまいました。買ってから1回も使用しないまま捨ててしまった物や、今でもタンスの奥の方にしまってある物などたくさんあります。

時には1回で20万円以上の衝動買いをしてしまったこともあります。

デザインが気に入ったから、という理由で買ってしまった競技用の自転車は1つで15万円以上し、同時に自分でコーディネート出来るようにいくつかパーツを買いました。

ちなみにその競技用の自転車は、その後1回も乗りませんでした。恐らく、これまで私は数百万円近くの衝動買いをしたのではないでしょうか。

カードをバンバン切って、貯金が底をついた

買い物をするときに、毎回財布にそんなに高額のお金が入っているわけではありません。私が買い物の時に利用したのは、クレジットカードです。

銀行の残高を一切気にすることなく使用し続けていました。

幸い、「うつ病」という診断書がはっきり出ている病気だったので、会社から毎月「お見舞い金」が振り込まれていました。

ですが、お見舞金以上に、私は買い物をしていました。

「お金を気にすることなく」買い物を続けていた結果、カード会社から使用状況を確認する電話が何度もかかってきました。

そして、カードが止められる前に新しいクレジットカードを作り、今度はそのカードで買い物を続ける、ということを繰り返していました。おかげで社会人の時に貯めてきた貯金のほとんどは使ってしまいました。

金に糸目をつけずに購入し、節約も一切しない

こんなふうにして、私は衝動買いをすることが止められなくなっていました。お金を気にせず続けていた衝動買いでした。

衝動買いをすると同時に、「エアコンはつけない」「電気はすぐに消す」というような節約生活も一切しませんでした。周りからしたら相当わがままな生活だったと思います。

貯金が有る程度あったので、家賃や光熱費など銀行から直接引き落としになっていたものは払えないということはなく、払っていました。

しかし、時々来る住民税などの請求に関しては「払いたくない」というわがままな理由から払っていませんでした。自分が納得しないところにお金を使うことは、それが義務であっても拒んでいました。

のちに、専門機関に目をつけられて請求の電話がどんどん来ました。

買物依存症からの脱出

今は当時に比べたら、衝動買いの症状もだいぶ改善されてきました。

病気が一番酷いときだと、医者に言わせると「我慢が出来ない状態」「抑えたくても抑えられない」という、「うつ病の典型的な症状」が酷く出ていたそうです。

しかし、今は服薬治療を中心に続けて来た結果、その衝動というのはかなり治まりました。もちろん、全部治ったわけではないので「買い物がしたい」という衝動に駆られるときは有ります。

しかし、以前のように、自分に抑えが効かなくなることや、無意識のうちに買い物をしてしまうことは無くなりました。

病気が治ってきていることが実感できています。

将来に対して、また明るいイメージを持てるようになってきました。この間、親には本当に迷惑をかけましたので、親孝行をしていきたいです。

買い物依存症を治して結婚したい

うつ病が最も酷いときは、将来のことなど考えもしませんでした。「一生独身で良い」「私のお金だから、私が自分でどう使おうが関係ない」という考えでした。

しかし、今は将来結婚もしたいし、子供も欲しいと考えています。

そのためにまずは「病気を完全に治すこと」を最優先にしていきたいと思っています。

今でも、「将来またうつ病を発症して、同じように買い物依存症になって自分でもコントロールがきかないぐらいにお金を使ってしまうようになったらどうしよう」という不安は少なからずあります。

しかし、それは私一人では解決できない悩みです。

病院に行ったときに担当の先生と相談しながらゆっくり不安を解消して、明るい未来をイメージしていけるようになれればいいと思っています。

衝動買いに費やした100万円を再び貯金したい

将来に向け、まずはうつ病を完治させ、未来のことを真剣に考えた上で、貯金をしていきたいです。

今まで無駄遣いしてしまった物を、先日リサイクルショップに売りに行ったのですが、山のようにあった洋服の中には「1回も着ていない新品の衣類」があったのに、100点以上を買い取りして貰ったら、合計金額が3,000円ぐらいにしかなりませんでした。

衝動買いで溜まった衣類は、100万円以上のマイナスになってしまいました。

今は有る程度冷静に考えられるようになってきたので後悔もしています。

今後は病気を完治させ、はやく社会復帰を果たし、無くなってしまった100万円以上のお金を取り戻せるように貯金をしていきたいです。

また、迷惑をかけてしまった親をどこかに旅行に連れて行くなど、親孝行もしていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です