普通の学生に戻りたかった…30歳女性の悲痛な叫び

パチスロに勝った優越感

私は30歳女性で高知県高知市に住んでいます。現在医療業種で勤務しており、収入は月17万円です。

最初は大学2年生のときに、パチンコ屋のアルバイトをすることになり、目押しが出来るようにならなくてはならなかったので、練習感覚でパチスロを始めました。

しかし、本当にお金を入れて実際に打つのですから当然勝ち負けはあります。ある日のこと、パチスロで勝ってしまい学生にしては多額のお金を手に入れました。

でも私はお金よりも勝ったときの優越感の方が強く、目押しが出来るようになってからもパチスロに通いました。

アルバイトもパチンコなので知識はどんどん増えていきます。それに加え、大学の同級生にもパチンコをする人が多々いたのでなんの違和感もなくのめり込んでいきました。

二度と打たないと決めても、快感が忘れられない

私はパチンコとパチスロをします。

けれども、パチスロのART(アシストリプレイタイム)がどんどん乗っていく感覚は本当に快感です。乗る時は本当に面白いように乗ります。演出も煽ってくるので本当に心拍数が上がってドキドキします。

周りのお客さんも箱が増えるとやっぱり見てくるので、それもまた快感ですね。

けど、ARTが終わっても、「また何回転後に激アツ演出が出るんじゃないか」「激レア演出が見たい」などの欲望が出てきてしまいます。

そこで終われば勝って財布を傷めずに済むのに、時間があればやめずにまた打ってしまいます。

終わって帰る時には「もう二度と打たない」と心に誓うのですが次の日にはその決意も薄れ、またあの快感を求めて「少しだけなら…」と店に足を運ぶのです。

将来への不安への不安でパチンコに逃げる悪循環

自分の人生を悲観してしまうのは、周りのリア充を見た時です。同じ年代の健全な人はパチンコなんてしません。

飲みに行ったり、ドライブをしたり、旅行に行ったり、デートをしたりして、友達や恋人とかけがえのない時間を過ごしていると考えると、本当に自分は何故こんな所で一人パチンコをしているのだろうと死にたくなります。

世のため、人のためになることをしているのかと自問自答します。けど結局たどり着く結論は、「どうせ自分なんて…」という劣等感しか無いのです。

私は容姿が悪くコンプレックスの塊です。なので友達もいません。休日にすることもないのです。

アルバイトでもパチンコ、帰ってもパチンコの日々。終わりが見えなくなってこの先ずっと一人なんだと思うと怖くなってパチンコに逃げていたのだと思います。

パチンコで壊れていく神経

もともと人付き合いは少ないので、その辺りは特にかわりはなかったです。

ただ自分はだいぶ変わりました。簡潔に言うと怒りっぽくなりました。そして、家にいてもぼーっとしてしまい、何もやる気が起こりませんでした。

パチンコに負けてしまった日はソワソワして、悔しくて悔しくてどうやって負けた分を取り戻そうかとそればっかり考えていました。

そんな事ばかり考えていると焦りが出てきます。何に焦っていたのか当時を振り返ってもわかりませんがとにかく焦っていました。

とりあえず求人誌を見て日雇いのアルバイト等を探して負けた分を取り返そうとしました。

身体を売ろうとしたこともありました。(実際には売っていませんが)とにかく負けた日は自律神経がどうかしてましたね。

周りと同じように普通の学生に戻りたい

周りの友達が楽しく学生生活を送っているのに、自分はパチンコとアルバイトの日々。

何度もアルバイトで稼いだお金を貯めようとしました。貯めて旅行や自分の欲しい物を買おうと思っていました。少しだけ貯まっていざ買い物に行っても欲しいものが何も無いのです。びっくりしました。

他の人は楽しそうに買い物をしています。でも自分は何を買ってよいか分からない。買い物の仕方も忘れてしまいました。結局何も買わずに帰りにパチンコ屋へ行くのです。

そういう時に限って勝ってしまい、「ラッキー。今度買い物に行ったら高いものを買ってやる」と思うのです。けど実際は買わない。

普通の学生に戻りたかったです。みんなに置いて行かれているようでますます焦りました。

崩れていく生活

現在は依存症も克服しています。

当時は、知り合いにお金を借りたりして返済に追われてイライラしたりイライラされたりでした。返済が遅れると人は信用が簡単になくなりますから次から貸してもらえなくなります。

なのでなんとか早めに返済するように股がりしたりして、食費も無くて何日か水だけとかパンの耳だけの日が結構ありました。そして光熱費も払えなくなって、電気やガスを止められることもありました。夏場は最悪でしたね。

それが原因で体調を崩したりと散々な学生生活でした。やはり食べることは大事です。

低栄養で髪の毛も抜けたし、生理も止まったりしました。

あの頃は空腹で考える事もあまり出来なくなっていましたね。体重も減って女性としての魅力も何もありませんでした。

パチンコなんかやらなければよかった

本当に後悔しています。

アルバイト代をパチンコに使うことが無ければ、奨学金を利用することなく卒業出来ていたのに。

現在、奨学金を返済中です。地味に毎月とられるのできついです。また将来のために貯金していたらきちんとした資格をとり、安定した職種に就けていたかも知れないと思うと家族に申し訳ないです。

将来のことが見えていませんでした。

現在は子供が生まれて三人でアパートに暮らしていますが、当時のお金をきちんと貯金なりなんなりしていれば今頃は一戸建てが買えていたかもしれませんね。

今一番欲しいものは家です。

けれども、とてもじゃないですが買えません。年収が低すぎます。二階建てで日当たりのいい所に家を建てて平凡に暮らしていたんじゃないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です