社会保障制度は既に破綻。成長著しい東南アジアへの移住を進める女性

スーパーで半額シールが貼られるのを待っている

私は東京都に住んでいる44歳の女性会社員で年収330万程です。

近所にあるスーパーマーケットに行くたびに「景気が悪いんだな、皆生活が大変なんだな」と感じることが多いです。

夜スーパーに行くことが多いですが半額シールの貼られた品物があっという間になくなっていく様子やそもそも半額シールが貼られる時間前から待っている人の多さが目につきます。

すぐに買って家に帰ればよいと思うのですが、皆無言で半額になる時間を待っています。

そして極め付けは半額になる前の商品を確保してしまい、時間になった瞬間店員さんにシールを貼るよう要求する「ルール違反」な人を頻繁に見るようになりました。

そんなことをして恥ずかしくないのかなと思う反面、そうやって切り詰めていかないと生活が苦しいのだろうなと感じます。

過去の技術だけで食いつなぐ日本

日本人の能力は昔から高いと思います。だからこそ戦争後ここまで発展したのだと考えます。

発展するためには、苦しいことや厳しいことを乗り越えないといけないと思います。

最近の教育は「自由」や「個性」という言葉の元に、我慢することや乗り越えることを避ける人間形成をしているように感じます。

諸外国のいい部分だけ、上澄みだけをさらってマネをして、その下にある「そうすることにより生じる弊害」に目を向けないです。

きらびやかで汚れない、うるさくない仕事ばかり。実体のないものだけを扱う仕事がもてはやされて、それだって海外のマネばかりです。

から今「じゃあ日本独自のもの、技術は何なの?」と質問すると、昔からのものしか残っていないと考えます。

今の日本が生み出したものがない、過去の遺産で食いつないでいるだけでは景気は良くならないと考えます。

年金は「貸した金が返ってこない」ようなもの

不景気の中、節約生活をしていますが、貯金が全然できません。

収入が少ないのに各種税金・保険料・年金などは減らずに、税率は上がるばかりです。

以前のように貯金をしていても利息はほぼゼロですし、こんな状況で、なぜに税金や保険料を上げていけるのか不思議でなりません。

これらの支払は国民の義務だから仕方なく納付します。

けれど、そもそも年金をもらう年齢がどんどん変更され、私たちの年代はもらえるかどうかもわからないのに、支払だけはキチンとのしかかってくるのもおかしな話です。

「返さないけどお金貸して」というのと同じと思います。そして、45歳からは介護保険も払わないといけません。

もちろん、自分がお世話になる可能性があるから払う事は払いますけど、これだけお金を取っておいて、どうして未だに介護職の人の労働条件は改善されないのだろうかと思います。

サービスと味にうるさい日本人。不況でも飲食業は大変

不況で、飲食業・外食業、特にチェーン店は大変だなと思います。こんなに価格を安くして、人件費を削るだけ削っているのがよくわかります。

昼間のファミレスなど、ホール係が一人しかいないこともあります。

このホール係さんも、アルバイト・パートさんだろうから、最低賃金が決まっているわけで、その分店長(正社員)が自分の身を削っているのだろうなと考えます。

外国の友達が日本に来てびっくりするほど、日本の外食チェーン店の単価は安いし、なのに味や品質などにお客は厳しい。

私は仕事の関係で海外によく行きますが、私が渡航する国では、「値段と品質とサービス」は比例しています。値段が安いところでは、それなりの品質のものしか食べられないし、それが嫌ならもっとお金を出すしかない。

しかし、日本の飲食業は限界まで価格を下げているのに、安全とサービスは下げられないので、本当に大変だろうと思います。

成果が出ないなら、国会議員の報酬を下げよ

実際生活が楽にならなければ誰でも「政治が機能していない」と考えると思います。

このところのニュースなどを見るにつけ、与党の手を付けることは生活向上と関係ないことからだし(憲法改正をやりたくてしょうがないのはよくわかる)、野党に至ってはくだらない揚げ足取りしかやってなくて、「何のためにこの人たちはいるのだろうか」と首をかしげてしまいます。

この原因はきっと、「議員報酬が高すぎる」ことと「議員特権がありすぎる」ことにあると思います。

これだけの高額な議員報酬に見合った仕事をしている人は、一体どのくらいいるのでしょうか。

議員というのは国民の代弁者で、国を良くしてくれると期待して選ばれた人なんだから、結果がでなければその分報酬下げたらいいのにと思います。

消費税は増税する。弱い者から搾取

一番弱いところからお金を取っていくことが簡単と思いますから、これから消費税は増税するでしょう。

外国人労働者をたくさん受け入れてますが、この人たちは日本になんの愛着もないです。いかに自国にたくさんお金を持って帰ることができるかしか考えていない。

だから税金なんか払わないように、いくらでもごまかせるコミュニティがあります。

そうなると真面目な国民からどんどん搾り取ることになるでしょう。

年金については、恐らく今の段階で、将来的に払えないことは決定しているのだと思います。でも、それを言うと皆払わなくなっちゃうから、ぎりぎりまで言わないでしょう。

雇用については週3日雇用とか4日雇用とかになって、その分賃金を減らすようになると考えます。

この国に未来はない。東南アジアで安泰に暮らします

私はいずれ日本を出るつもりです。

今仕事で行き来している東南アジアの国は、日本のような社会保障はありませんが、お金があればもちろん、なくてもなんとか楽に暮らせる国です。

国の成長率も非常に高く、これからの発展が期待できます。だから日本以外の拠点、もし日本が将来的に破たんしたならすぐ逃げ出せる拠点を用意しています。

日本円での貯金の他に外貨貯金、外国に住居を持つなど、自分のなけなしの資産を日本だけに置いておかないよう心掛けています。

さらに、「日本に仕事がなければ海外でやればいいじゃないか」と考えていますので、海外での副業の準備も進めています。

少しの投資でできることを現地のパートナーと意見交換しながら、プランを練っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です