「みずほMyWing」は郵便物が届いても、家族にバレずに現金が作れる!

年末は帰省に交通費におみやげ…出費が痛いよ

私は23歳の女性、仙台市でフリーターをしています。月収は10万円です。

以前に働いていた会社の経営が傾いてきて、給与の入金が度々遅れていました。

ちょうどその月は以前から楽しみにしていたアーティストのコンサートがあり、現金でしか決済できないアーティストグッズの購入費用が必要になりました。

もう直ぐで終わりそうだった歯の治療と、もともと継続して薬の服用と診察が必要な病気を持っているのですが、病院の年末年始の休診前に行かなければならなかったために直ぐに通院が必要でした。

それらの医療に加え、年末の帰省にかかる交通費やおみやげの費用、現金でしか決済できない福袋の前金の支払いが必要でした。

当時働いていた会社でのクリスマス商品の売り上げが乏しく、自爆営業をすることなどが重なり、現金がなくなってきたことに困ってキャッシングを利用しました。

私が利用したのは「みずほマイウイング(みずほMyWing)」です。

出費がかさむ年末に、みずほMyWingで現金ゲット

給料日前の金欠は、いつもクレジットカードの一括払いでどうにかなっていました。

しかし、病院やアーティストグッズや福袋の前金など、「現金でしか決済できないものやサービス」も案外多くて、もしもお金がなかったらとても困っていたと思います。

病院代や生活費ならまだしも、好きなアーティストのコンサートに行ってグッズを購入するための費用や、定価では買えないアパレルブランドの福袋の前金となると、カードローンを組むだなんて、恥ずかしくてなかなか家族には言い出せません。

ですが、みずほマイウィング(MyWing)のキャッシングを利用したことで、年末年始のお金がかさむ時期のピンチを何とか乗り越えることができました。

あの時、みずほMyWingで借りた現金がなかったら、年に一回しかないコンサートで好きなアーティストのグッズも、年に一回しか買えない大好きなブランドの福袋も諦めるしかありませんでした。

今では、みずほMyWingにとても感謝しています。

「みずほ銀行」ならローンがバレない!

カードローンを組んだことは、家族などに見つかってしまうと困るので、キャッシング専用のカードを持つことには抵抗がありました。

ですが、みずほ銀行の場合はもともと持っているみずほ銀行のキャッシュカードが、そのままカードローン用に利用できるので、キャッシング専用のカードを発行しなくても良いとのことでした。

もともとみずほ銀行を利用していて手続きが簡単だったこと、消費者金融に比べると金利が14パーセントとかなりお得。

もしも職場や家に電話や郵便物が届いたとしても「みずほ銀行」なのであまり不審に思われないであろうと思いました。

ローン返済の際も、インターネットバンキングやみずほ銀行のATMから返済できるので、消費者金融のATMに行くよりは恥ずかしくないので、気軽に利用できると思ったから選びました。

誰にも相談できない出費はキャッシングが便利

現在、私にはキャッシングの残高はありません。

というか、一度に多額を借りるというよりは、給料日前の5万円程度の出費をカバーするために借りて、給料日のあとにすぐに返済するという方法で利用しているので、借金があったとしても数万円程度です。

極力キャッシングは利用しないようにしていますが、どうしてもお金がいるときはやむを得ずに利用しています。

けど、キャッシングの指定引き落とし日を待たずに、給料が出たらすぐに「任意返済」で返済して、利息を少しでも節約できるようにしています。

借金はしないに越したことはありません。

しかし、どうしてもお金が必要だけど、周りには言い出せないことだってあります。

そんなときでも「これは本当に今必要なのか?」とよく考えて無駄遣いしないようには努力しています。

カードローンは計画的に使えば怖くない!

キャッシングの良い点は、気まずい思いをして家族などに借金を申し込むよりは、素早く内緒で借金ができることです。これが一番のメリットだと思います。

家族などに借りて人間関係を壊してしまうより、業者からお金を借りた方が「ビジネスライク」なやりとりでとてもスムーズに済むので、精神的には余裕が生まれます。

一方で、みずほのカードローンは、ATMですぐに引き落とせるので「借金」という感覚が低くなってしまいます。

結局は借金でしかないので、すぐに返さなければならないということを忘れてはならないです。

これは基本中の基本ですが忘れてしまう人も案外多いかもしれません。

人によっては「計画的な人ならば借金なんかしない」というかもしれませんが、貯金ができないほど収入の低い人からすれば、急な出費はキャッシングをするしか方法はありません。

なので、キャッシングは、必要最低限を計画的に利用するならばとても良いサービスだと思います。

安易なキャッシングは控えて

キャッシングに頼る前に、「なぜお金がないのか、なぜお金が必要なのか、それは本当に今買わないとならないものなのか」をよく考えて、節約しています。

例えば、給料日前で金欠の際は、なるべくコンビニの利用は控えて、自炊するようにしたりしています。

あまり親しくない人との遊びの約束はしないようにしたり、親しい人との遊びの約束は極力お金のかからない遊びに変更できないか交渉しています。

お金を気軽に借りられるからこそ、節約できる部分がないか日頃から考えて、安易に借りないように気をつけています。

気軽に借りられるのはとても便利ですが、借りすぎるととても怖いので、なるべくキャッシングを利用しないように、計画的に生活できるように努力しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です