トイレに「手作り財布」を置き忘れ、2時間後に気付くも時すでに遅し

趣味を生かした財布なのに皮肉な結果に

私は63歳の主婦です。現在は仕事はしていません。

最近やっと、好きな手芸でお金をもらえるようになったのが嬉しくて、副資材を買いにイベントに出かけました。

その帰り、「道の駅」で、「一休み」と思いまずはトイレへに行きました。そして、トイレの中にある、「子供を一時的に座らせる椅子」の上に財布を置きました。

財布だけ持っただけだったので、そこへぽんと置いてしまいました。そのまま車に戻り2時間ほどで家まで帰ってきてしまい、気付くと財布がないことに気付きました。その時にはすでに遅かったのです。

慌てて管理しているところに連絡したものの、もうすでになくなっていました。

警察にも届けましたがやはり無理で、自分の馬鹿さ加減に呆れています。

財布の中にはさほど大きな金額は入っていなかったし、カードなどは別の財布に入れてあったので、とりあえずはホッと一息。

しかし、皮肉なことに、その財布はこれから少しでも副業にしたいと思って作った、手作り財布でした。

こんな私の金運レベルは、10から1の間で(1が最も金運ない)「レベル3」ぐらいでしょうか。

お金より大きなものを失う

財布を無くした後は、それほど大きな変化はありませんでした。

でも、これからほんのわずかでも副業になればと思って、イベントに行った時の副資材屋さんや、自分の好きな手作り作家さんの名刺や、イベントの案内がなくなってしまいました。

書いた物が入っていたためショックでした。

私は、案外何かやろうとすると「用意周到さに欠け、残念な結果になる」傾向があります。そういうことを気をつけろ、ということかなと思い、少し慎重になります。

折角買おうと思った副資材屋さんの連絡先も、分からなくなってしまったので、記憶をたどってまた作業をやり直さなければなりません。

時間と手間の損失です。

働いて得たわずかなお金でしたが、金額の大小にかかわらず宝物を失った気分です。

それと、すっかり下がってしまったテンションをどんな風に回復させて、また作品づくりに向かわすことができるかが気がかりです。

少しでも生活の足しにと趣味で稼ぐ

そもそも副業を考えたのは、出ていくお金が多すぎると思ったためです。

年齢的なこともあって、また外で働くのはもう無理と思って、好きな手芸でなら少し稼げるのでは、と思ってのことでした。

若い時からずっと働き続け、なのにちっともお金をためることができず、出ていくばかりです。

親戚(親の兄弟の双方合わせて35人)が多く、近所付き合いも普通にしています。3人の子供を育て、今は就職・結婚し、今度は孫のお守り中です。

孫も可愛いくて何やかんやと出費します。一生懸命働き、真面目に生きているつもりですが、神様は平等ではないですね。

ギャンブルもしていないので、あぶく銭を手に入れることもできません。

ただ、主人が車を買い換えるのが好きなことは、もしかするとお金がない大きな理由かもしれません。

信ずる者、藁をも掴む

最近では宝くじを買って神棚に飾っています。

昨年は、大阪にある通天閣のビリケンさんをいくつか購入し、ビリケン柄の黄色のミニタオルの上に宝くじを置き、「どうぞ当りますように!」とお願いしました。

今年は、親戚の結婚式で東京に行った時に、葛飾柴又のお店で売っていた「うんち」の置物と根付けを買いました。

それに「運がつきますように」と書いてあったのを見て、主人が購入したのです。他力本願ですが、神棚付近に飾ってあります。

やはり一番期待をかけてやっていることは「宝くじ」です。

それと少しだけ風水のようなことを気にするようになりました。占いや風水などはほとんど信じなかったのですが、年齢とともに年金等も少なくなってきたことが、風水に繋がっているのかもしれません。

やっぱりお金は欲しいのが本音

お金は私にとって、生きるのに大切なもの、なくてはならないものです。

でも今までは、何とか生きていくために最低限必要な分プラス少し多めにあればいいと思っていました。

人に迷惑かけることなく、健康で元気に暮らせればと思っていたのですが、ここ数年、友達が若くして死んだり、引き取り手のないお年寄りが病気になって、施設に入るにもお金がないなど、目にするようになりました。

私の場合、忘れ物が多くなり、「失せ物多し」が続くようにはなりました。

ですが、まだ主人や子供、孫たちもいます。出ていくお金も多いですが、今までと同じように、地味にまじめにコツコツとやるしかないと思っています。

出来ることなら宝くじで…少しずつ貯金ができるよう頑張ります。

人生欲張らずにコツコツと

金運がない皆さんへ。

真面目にこつこつとやっていたら、神様が見ていてくれて、いつかきっといいことがありますよね。

人に疎まれることのない人生を歩んでいける方がありがたいと、強がって生きていきましょう。(笑)

昔は、窓の下にいっぱい落ちている小銭を見つけて、にやにやしていた夢を何度も見ました。そんな夢でもいいので、幸せになれる夢でも見ることにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です