大学在学中に奨学金を貰う道もある

大学2年生から奨学金を得て授業料にあてた

私は34歳の男性で、佐賀県内にある病院で介護職として勤務しています。現在の収入は15万程度です。

両親ともに共働きだったため、進学に使えるお金は限られていました。

小中高と公立または県立に進学し、大学も国立のみ進学していいという条件をもらいましたので、大学に進学することにしました。

大学では、お金も今まで以上に必要となるため、両親の負担を少しでも減らすことができるようにと、奨学金の申し込みを行いました。

奨学金は、第一種を希望していたのですが、当時の高校時代の成績が規定に達しておらず、進学時の申請は通りませんでした。ですので、大学生活の1年目だけ親のお世話になることにしました。

大学1年時に奨学金申請可能な成績をとって、第1種の申請に通り、大学2年時から3年間にかけて奨学金を利用し、大学の学費の支払いを行いました。

毎月1万円4,000円ずつ返済

日本学生支援機構から第一種(無利息)の奨学金を受けたので、今は毎月1万1400円ずつ返済しています。完済は2033年の予定です。

バイトで自活し、充実したキャンパスライフを実現

国立の大学だったため、私立とは異なり、裕福な層の学生ばかりではなく、自分と同じような境遇の方が結構いたので、在学中の生活自体は、お金がないながらもそれなりに楽しく過ごせました。

お金がないと入っても、仕送りこそありませんでしたが、コンビニを中心に週5~6でバイトを行い、ゴルフショップでのバイトも掛け持ちして、時間があるときには交通量調査などもしていましたので、多い時には月に20万円以上稼げるときもありました。

普通に友達と飲みに行ったり、カラオケにいったりと、学生生活を満喫していました。

もちろん、学校に通っている時間以外でバイトをしなければいけないので、きつかったのは間違いないですが、働いた分だけ自分の手元にお金が入ってくると思ったら、全然苦ではありませんでした。

ですので、家にいる時間はほとんどなく、学校にいるかバイトしているかといった学生生活を送っていました。

仕送りを貰っている友人を羨ましいとは感じず

大学が国立だったこともあり、地元の人はほとんどいなくて、地方から出てきている人がほとんどでした。

実家から通っているという人は私の周りにはいなかったのですが、親から仕送りをもらっているという人は結構いました。

だからと言って、仕送りをもらっている人がうらやましいとか、駄目だなといった感情は一切なく、どっちかというとそれぞれの家庭の事情があるわけで、全く気になりませんでした。

奨学金を貰っているのに遊んでばかりの同級生も

そんな中でも、仕送りを受けて、バイトもして、なおかつ奨学金も受けて、その奨学金が利息ありの月9万8000円受けている人がいました。

その人が毎月のようにパチンコや風俗でお金を使いはたしているのを見たときは、さすがに親がかわいそうだなと思いました。

介護職に転職して給料が激減

大学卒業後私はサービス業を行っている会社に就職し、給料も手取り25万くらいありましたので、特にお金には苦労することなく毎月の返済を重ねながら生活していました。

そんな中、入社5年くらいしてから、家庭の事情から、地元に戻ることになり、転職することになりました。

そして、現職場の介護職に転職したのですが、手取りも激減し、ボーナスも以前に比べたら3分の1程度まで減少しました。正直今までと同じ水準で生活することは不可能になりました。

転職後は、ほとんど貯金もできず、現在の経済力を考えると、結婚にも踏み込めない状況にあります。

ただ、その分今は実家に戻り、少しでもお金を節約しながら生活しているのでやれないことはないです。

今は、さらなるキャリアアップを目指して、者福祉の資格を取るべく現在通信制の学校に通って、仕事との両立を図っています。

奨学金をまとめて返済できたら結婚費用にしたい

お金が得られて「奨学金をまとめて返済できる」としても、今と特に変わることはないと思います。

しいてあげるとすれば、その分のお金を貯金に回すことができるかなというくらいです。

もともと、月に払う金額も高額でないので、数か月間貯めて、自分へのご褒美として何か買い物をするか、ちょっとした旅行をする程度だと思います。

もし仮にに、今まで自分がおさめた分の奨学金がまとまって帰ってくるとするならば、現在結婚を考えている相手がいますので、その結婚式の費用に回したいなと思います。

そして、もし自分に子供ができた時は、自分の時とは違って、子供にはお金の心配は一切掛けずに、自分が行きたいところに行けるような環境を作ってあげたいなと思っています。

奨学金のお陰で楽しい学生時代を過ごせた

奨学金を借りるということは、様々な理由があってのことだと思いますので、奨学金を借りることに対して、否定もしませんし肯定もしません。

私自身、「学費を支払う」という目的で奨学金を利用しましたが、実際に大学生活4年を経験してみて、本当に奨学金が必要だったかというと、バイト代でまかなえたかも知れないと思う部分もあります。

しかし、奨学金のおかげで、自分の生活がすごく楽だったのは事実ですので、奨学金を利用してよかったなと思っています。

ただし、もし、奨学金を借りる目的が、遊ぶお金がほしいからだったりする場合は、少し考えたほうがいいかもしれません。

いくら奨学金とはいえ、後から自分で返さないといけないお金に変わりはありませんので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です