文章を書くことが自分の道。やらないで後悔する位ならやってしまえ!

行動しなかったら一生後悔すると思った

私は40歳の男性です。将来、文章を書く仕事に従事したいと、今も夢に向かって活動を続けています。

以前は、液晶ディスプレイの製造と検査をする仕事をやっていました。その時の月収は20万円程度でした。

元々、大学へ行って新聞部あたりで文章を書くサークルに入っていました。将来は、文章を書いたり取材したりする仕事に就きたかったのですが、家庭の事情もありやりたくもない工場の仕事に従事する事になりました。

当然、やりたくもない仕事ですから長続きなどしないし面白みもありません。工場での生産物は誰が作っているかなんて解りませんからね。

文章を書く事で、自分の文章が社会に出て、自分の仕事が証明できる所に魅力を感じてました。

30歳を過ぎてから、自分はこのままだと一生後悔するのではと思っていました。

ただ生活の為に仕事をする日々に価値などないし、自分のしたい仕事であるし唯一の取り得だと思っています。

物を書くことは、何一つ自信がない私にとって、ようやく見つけた「自分の道」なんです。

ハローワークで出会ったWEBライティングの職業訓練

「文章を書くことを仕事にする」という目標を達成するにあたって一体何をしなければならないのか?という事に直面しましたが、経済的に余裕がある訳ではありませんでした。

貯金もそんなにある訳でもないし、かといって何も技術もない状況で仕事にありつけるわけも無い。

そこでハローワークをふらついていたとき、「職業訓練」に目が止まりました。そこでお金を貰いながら勉強が出来るという事なので、半年間の職業訓練を受けることになりました。

職業訓練の中に、編集などに使用する、イラストレーターとフォトショップを学べるものがありました。

WEBカリキュラムの中にイラストレーターとフォトショップを学ぶ講座があるので、収入を得ながら勉強が出来る環境が整っていました。少なくとも半年間の生計は立てられる目算がここで達成されました。

「未経験者歓迎」の求人に振り回されて…

一番の問題は経験がない事です。どの業界もそうですが、人材を育てるだけの力が無い所がほとんどです。まして学歴も何も無い人間が、この業界に飛び込むのは至難の業です。

取り合えずWEBの技術も保有しているので、新しい仕事では「WEBライティング」も視野に入れて検討しています。しかし、就職活動するには経験が問われます。

求人広告では「未経験歓迎」などと書いてはあるものの、私からすれば全部嘘です。

文章を書く側の人間である私からすれば、嘘を書くような仕事をなんでするのか疑問でなりません。

私は、文章は商品だと思ってます。

その商品が嘘や捏造で商品として成立するでしょうか?ただ金儲けの為にそれらをやっているとすれば恥ずべき行動の筈です。

そうした自分の想いがあるため、転職活動もあまり進まず、中々収入に結びつかない日々が続いてます。

自分には「文章を書くこと」しかない

縁あって今は辞めてしまったのですが、以前に「政党の新聞記事」を書いて収入を得てました。

現在は短期的なアルバイトをしながら、こうして文章を書く仕事をしたり、WEBの作品を作って見たりしております。

なかなか成果が出ないので、くじけそうな毎日を送っているのですが自分は文章を書くことしか取り得がないので、なんとかして作品を多く作り、就労に結び付けようと毎日頑張っている日々を送ってます。

努力が報われる事を願う毎日です。お金ではなくてもやりがいを感じたい思ってます。

今までやってきたことを無駄な努力にしたくない

自分の夢が上手く行くのかどうがが解らないので、これまで浪費した時間を考えると「無駄な努力だった」という結論に達するのが一番堪えます。

当然年齢を重ねれば、他の業種に行くにしても採用枠が狭まる訳で、より重労働な仕事や、過酷な仕事を従事しなければならないのではないか、と不安を覚えます。

単発のライティングの仕事にもやはり限界があるので、経済的な余裕をどうやって確保するのか暗中模索。不安感は毎日募ります。

WEBのスキルを身に着ける勉強もしている

物書きとして大成するまでに、文章を書く事だけでは不十分なので、WEBの技術を身につける為プログラム技術を勉強しています。

仮に、キャリアチェンジしてWEB業界に仮に入ったとしても、WEBのライティングだけではなく、素材作りやコーディングなども出来るようになりたいです。

今は、どのポジションでも対応出来るように技術向上に努めている状況です。

WEBのライティングだけだとやはり弱いと思うので、技術力がどうしても必要です。その為に作品制作は欠かさずに、自分の作品を見てもらい技術力の参考にしてもらいます。

作品を作るのは結構大変で、自分で色々やらねばなりません。

勿論、文章を書く仕事もしながら文章スキル向上にも図らなければならない。こうした努力が実る日がやってくるまで毎日頑張っております。

自分の文章が世に出る日を待ちわびて…

物書きとして食べていけるようになったら、自分で会社が作れたらいいなと思ってます。

文章作成にも色々と種類がありますが、将来的には温泉の文章を書きたいと思っています。

街中に無料のパンフレットを置いて、温泉の割引券なども配布したいと思います。広告料は日帰り温泉や宿泊施設などから徴収して、ユーザーは無料でその情報を得る。

こんなビジネスモデルを検討しています。

スマートフォンが発達している昨今ですが、温泉は年配が多いですからね。紙の媒体は私は今でも貴重だと思っています。

自分の作った物が世に出回る様子が、これで達成されると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です