病院の人間関係に疲れてしまった理学療法士。年収600万あれば幸せ?

入院患者に理学療法を提供

私は26歳の男性で、福島県に住んでいます。現在は病院内でのリハビリテーションに4年半勤務していて、月給は20万です。

医師より指示された処方に沿って、入院された患者様に対し、リハビリテーションや理学療法を提供する仕事をしています。

主な内容としては、整形外科や脳神経外科、外科の手術や治療目的に入院された患者様に対して医師より指示が出た内容や、当事者が患者様の身体機能面を検査等で評価し問題点がある場合に、改善するために理学療法を提供します。

1単位20分の計算で、1日に18単位は算定するように、入院患者に理学療法を提供します。

また、患者に対し、医師よりリハビリの指示が出たという事に対する同意を得るための計画書を作成し、同意の書類にお名前の記入を頂く作業もしております。

以上をまとめると、入院が必要な患者様に対し、理学療法を提供して、在宅復帰に向けた支援を行う作業をしております。

病院内の問題を全部リハビリ科に押し付けてくる

私の職場には、医師や看護師、放射線技師や医療相談員といった様々な職種に携わる人間が在籍しています。

また、入院されている患者様にも様々な性格や人柄のある方々が入院されています。そのために、人間関係で揉める事が多いのが1番嫌いな事です。

病院の中でリハビリテーションが上手く行えないと、患者様は在宅復帰する事が出来ません。

そのために、病院側や患者様側からリハビリに求められる基準は高く見積もられます。

それに対して病院内のリハビリの立ち位置はかなり低く、医師や看護師達には気を使いながら働いています。

同じ医療業界の人間なのに、看護師は1日患者様をみているから大変だとか、リハビリが上手くいかないから長期入院となっている、などの不満を「リハビリ科」に押し付けてくる人間関係にうんざりしています。

看護師が上から目線なのがムカつく

辞めたくなる時は、やはり人間関係で揉めた時です。

1人1人患者様に対する接し方だったり、考え方は違ってくるものがあります。

看護師達に多く見られるのは、患者様に対して上から目線で話したり、看護してあげているという態度を全面的に出している事は不満です。

自分達よりも長く生きてきた先輩方に対して、認知症だからとか融通がきかないからといった理由で、適当な処置や態度をとって仕事をしている事に対して、ちゃんと仕事をしてほしいと思います。

しかし、こういった事を問題点として挙げると看護師達は噂で色々流すので、あからさまに表面上にリハビリスタッフに対しても攻撃的な態度をとってきます。

そういった事で揉めたりする時は、こんな会社辞めてやると思ってしまいます。

好きなことをしながら人生を送りたい

今後はやはり「自分の好きな事が出来る人生」を送りたいです。

仕事をしたくないとは思いません。仕事をしなくなってしまったら、人間としての価値観や存在意義も失われ、生きていく意味すらなくなってしまいます。

仕事は続けたいと思いますが、やるなら自分が働きやすい、やりたい仕事が送れる人生で、趣味とかにも時間が設けられるような人生を送りたいです。

自分はサッカーが趣味でとても大好きです。仕事でも出来ればサッカーに携われるような職につきたいと考えます。

少年少女への指導だったり、選手のケアやパフォーマンス向上に努めたいです。

また、自分自身でもサッカーをやり続けたいという気持ちがあります。

サッカーをもっと上手くなれるような環境で練習、試合が行われるような環境に身を置いた生活を送りたいです。

英語、パソコン、株…スキルを幅広く身に着けたい

また、仕事をするという事はコミュニケーションが絶対必須です。そのために誰とでも隔てなくコミュニケーションが取れるスキルが必要だと考えます。

心理学の知識だったり、最近ではグローバル化という言葉も広がっているので、英語等の外国語の読み書き、日常会話が出来るスキルも有力に考えています。

また、パソコンがなくてはならない時代ともなっているのでパソコンに関する知識も豊富にもっているのは、スキルとしてはかなり魅力的にも感じます。

他にも、職種や業界にもよると思いますが、数字に対する知識がある事はかなり有力にも感じます。

株価や税金に対する知識をもっている若い世代は減少してきており、パソコンなどなくても理解している事は有効なスキルに感じます。

年収600万円ならプライベートも有意義に

年収が600万程度まであれば、今の職場で我慢して働いてもいいかなとは思います。

理由として、年収1000万以上の人の幸福度と、年収600万程度の幸福度はほとんど同じという事を知っているからです。

年収が高い人程、働きすぎてお金を使う時間を設けられず、プライベートも充実しません。

600万円程度であれば、仕事をしつつプライベートも有意義な生活を送れます。

ですから、今の会社の年収が600万円なら留まろうと思います。

しかし、現状は入社してから給料は上がらず税金だけが高くなり、かつ求められるパフォーマンスだけが上がり、分ストレスが増えています。

勤続期間が長くなってきている分、会社はその社員に対し、少しでも年収が上がるような態度を出すだけでも、少しは内部事情が変わるとも考えています。

成果に応じた給料が欲しい

まず職員1人1人が苦がなくコミュニケーションを取ることが出来る職場が理想です。

今の職場では名前が知らなかったり、挨拶をしないといったコミュニケーション不足が顕著に目立つため、コミュニケーションの大切さがかなり必要です。

また、有給休暇が取りやすいといった環境も理想です。今の職場では最低限の公休しかとれず、非常に休みにくい環境となっております。

休みたい時に休めるような環境はとても働きがいがある職場だと思います。1人1人がある程度の事をすれば、決まった金額が貰える環境は安心感があります。

しかし、そういった環境ではキャリアアップには繋がらないし、堕落した環境を生み出す可能性があります。

社員の成果次第で給料が変わるような環境であれば、会社全体向上に繋がるためそういった職場も理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です