大手エステサロンは毎日9時までサービス残業が当たり前

大手美容サロンだから確実に稼げると思ったのに

私は30代前半の女性で、過去に東京都渋谷区にあるエステの店舗で働いていました。

私は美容専門学校2年目の就職活動期に、たまたま求人票を見て、このサロンを見つけました。他のサロンより初任給が高く、すぐにステップアップして多く稼げると書いてあったのでとても魅力的でした。

会社としてはとても規模が大きく、面接も3次面接まであり、筆記試験ももちろんありました。しっかりしている会社だからとても安心して入社日まではワクワクしていました。

面接では給料よりも「歩合」ばかり強調された

当初は、給料は基本給が20万円で、そこに住宅手当が含まれていますという説明でした。面接で定時された条件は、休み月8日、給与20万円+歩合です。

どちらかというと歩合の部分の説明をたくさんしていました。

階級が分かれていて、階級が上がれば基本給も上がるし、歩合もつきます。ボーナスも、階級によって全然違います宇。先輩社員は歩合で○○万円も稼いでいますから、皆さんも頑張りましょう!

といった感じです。

歩合の部分に魅力を感じ、残業のことなどをしっかり質問することを忘れてしまいました。今思えば、きちんと聞いておけばよかったです。

しかし、就職したい立場の人間としては、面接でマイナスイメージなことはなかなかたくさん聞けません。それが原因で落とされてしまったら困りますから。

なので極力質問は避けてしまいました。もしかしたらわざと聞けない雰囲気にしていたのかなと思います。

定時を過ぎても帰れず、帰宅はいつも9時過ぎ

おかしいなと気が付いたのは、サロンへの初出勤日でした。

みんな定時になってお客様がいなくても片付ける気配がありません。なんで残業するのか疑問でしたが、定時に帰る=暇でお客様が呼べてないことになるので、皆自主的にサービス残業しているような悪い習慣のある店でした。

このサロンでは、定時を過ぎてお客様がいる場合は通常通りマッサージの業務を行います。

時間のシフト制ではなく、全員フルタイム勤務なので、基本的に自分の担当のお客様がいないからといって先に帰れることは100%ありません。どんなに暇でも、帰りは全員同じ時間です。

定時が6時なのですがだいたい夜の9時頃までいました。

歩合制のためにお客に営業の電話をかける

お客様がいないときは広告配りや、既存のお客様へのテレアポなどをやっていました。予約が入っていないお客様に電話をかけ、「最近どうですか?」など世間話をして予約を取るのです。

あとは新人はひたすら掃除をします。清潔感が大切なサロンなので、掃除はいくらやっても完璧ということはありません。先輩の分もすべて新人がやります。

それ以外は練習をやったりしていました。

残業代は1円も出ていない

金銭面の待遇ですが、給料は全額支払われていましたが、残業代がありませんでした。それでも毎日必ず残業していて、定時はないようなものでした。

こんな労働環境で、本当に、就職活動の時に下調べをきちんとすれば良かったと後悔しました。

無駄な残業させるなら早く家に帰らせて!

こんなエステで働いて、常に不満を抱えていたように思います。

やはりお金の余裕は心の余裕です。お金がないと本当に心が狭くなり、つねにイライラして人に当たってしまいます。

そもそも、忙しくないのに残業する意味がわかりません。お店が繁盛していて忙しく、自分も売り上げを出せるのであれば残業をしてもいいです。歩合に反映されれば結果としてお金になって戻ってくるからです。

でもこのお店の残業のほとんどがムダな時間です。こんな無駄な時間を過ごさせるんだったらお願いだから家に帰らせてよと思いました。

私だけでなく、全員が同じ気持ちだったので、イライラしていない人がいないくらい常にギスギスしていて、仕事がたのしくなかったように思います。

本社に掛け合うも改善する気配はない

こういう状態でしたから、まず店長に相談をしました。

このお店では月に1回店長とのミーティングの時間があります。その場で「無駄な残業をなくして貰いたい、その分の体力を温存して、他の日でしっかり勝負したいと」一生懸命伝えました。

しかし、店長からは「それはわかるけど、本社の決定だから私の力では変えられないんだよと」言われてしまいました。

悔しかったので、電話で本社へ問い合わせをしました。

面接をしてくれた人事の方が、「それは一つの意見として、本社でも検討しますね。でもいきなりこうして下さいと言える問題じゃないので、対策はしていくけどすぐには変えられない」と思うと言われました。

そうしたやり取りがあってから、毎日日記をつけ始めました。事細かに何時間残業して、作業内容は何か。誰がなにをしていたかノートに書きました。

残業代を貰っていたら十分な貯金ができた

一日3時間も残業していたので、本来なら残業代として5,6万円プラスになっていたはずだと思います。

残業代がでていないので貯金がまったくできず、将来がとにかく不安でした。

残業代がでていればしっかり貯金をして、貯金額が大きくなれば株や投資信託などでお金を増やすこともでき、とてもお金に余裕がある生活を送れていたと思います。

お金に余裕があるので、心にも余裕が持てていたでしょう。

私生活も寝るだけでなく、もっと遊んでいると思います。

職場でのイライラも半減していたと思います。朝は調子がよくても、やはり残業しているときはなんでやらなきゃいけないんだろうとモヤモヤしながら残業をしていました。

お金が貰えるのであれば、ムダな残業でも割り切って仕事ができたのではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です