結婚前からの二股不倫。最低な男だったけど、息子を授かった事は感謝

初めから周囲に反対された結婚

私は青森県に住む36歳の女性です。結婚して1年半後の2005年に離婚しました。長男は生後4か月でした。

結婚するときから周囲の反対のもと、強引に入籍をしてしまい、アパートで二人暮らしを始めたということもあり、両家はギクシャクしていました。

元夫との交際期間は6年半だったので、離れるなんて考えられず、恋愛の延長線上で結婚したような感じです。

私の母親が一番厄介で、私と元夫の生活に過干渉で、ほぼ毎日のように電話がきました。

そして後から知ったのですが、元夫は結婚する前から二股をかけていたらしく、不倫をしていました。

そんなこんなで、本当に表面的な関係だったので、長く続くはずもなく….。

息子を出産して里帰りしていたとき、元夫が私の母親にキレて、それっきり来なくなりました。

さらに元夫は2000万円のマイホームを知らない間に購入していたりしました。私も混乱してしまい、鬱になり、そのまま耐えられなくて離婚しました。

夫婦2人の生活には余裕があった

私は専業主婦でしたが、元夫は年収400万以上あって、お金には困りませんでした。

車も2台持っていたし、家賃も56,000円でしたが、生活が苦しいと感じたことはありませんでしたね。

私は新幹線で月に2回ぐらいは実家に戻っていたし、元夫も車で40分ある実家に毎週いっていました。

子供をすぐにはつくらなかったので、育児にお金がかかることもなく、外食も旅行も遠出もわりと、毎週していました。お昼は元夫は毎日お弁当、私は外食とか買ってきて食べたりとかしていました。

なにかに困ったことは本当になくて、むしろ、お金を貯めて何に使うか、ということを話していました。元夫は車が大好きだったので、外車を欲しがっていました。離婚してから買ったみたいですけど。

半強制的にスキー一式を買わされる

使ったお金は特に思い当たる節はないですが、あえて言うなら、私のスキー一式を買ったことですかね。

元夫はスポーツが大好きで、冬は必ずスキーに行っていました。ところが私は、正反対でスポーツを見るのもするのも嫌で、超インドア派でした。

でも2人で出掛けても、私だけ留守番というのが嫌だったらしく、元夫に半ば強制的にスキー一式を買わされました。それでも10万いくかいかないか、くらいでしたね。

あと、1回の外食に2万払ったことですね。

地元のブランド肉を専門に取り扱っているレストランに入って、あまりの高価さに驚いて、それでも一番安いメニューを頼んで食べました。

確かに美味しかったけど、その場の雰囲気にまるっと飲み込まれてしまい、食べた気がしませんでしたね。

離婚後の生活に不安は何もなかった

離婚を決めたときは里帰り中だったので、このまま実家にとどまろうと思ったし、両親もそばに置きたかったようで、住む場所には困りませんでした。

金銭面も、当時はまだ公務員の父親が退職前だったので特に問題はなかったです。

離婚するときに元夫の貯金を半分持ってきたので、短いながらも少しはなんとかなるなと、軽く思っていましたね。

息子が3才になるまでは家庭保育をして、3才になったら幼稚園にいれて、私も仕事を見つけようと考えていました。

両親がいる家庭で育って、両親がいることが当たり前だと思っていたけど、息子には私しかいない、私が父親と母親の両方をやらなきゃいけない、と強く願いました。

なんとかなるだろう、ではなくて、「なんとかしなくては!」と思う気持ちが強かったです。

実家への出戻りも段々と不自由を感じるように

年収も生活水準も変わりませんでした。

離婚してから出戻りで実家に戻って、まだ公務員として勤務していた父親の収入もあったし、農家だったので、食事にも困りませんでした。

なにかに困ったとか、生活水準が下がったと感じたことはありません。

育児も家事や炊事、洗濯も実家の家族に支えられました。

でも、私には「自由」はありませんでした。

友達と食事に呑みに出掛けたりすると、母親にひどく怒られたりして、いつかは実家を出たいなと考えるようになりました。

何度かそういったことで母親と衝突しましたが、母親の圧力にかなうはずもなく、出掛けることも減り、友達付き合いもなくなりましたね。

息子は子役の芸能事務所に1歳~3歳まで所属させて、月に2回は東京に行っていました。

結婚して息子を授かったことは感謝している

良かったことは、父親の意味をなさない存在なら父親は要らないと言うことがわかったことです。

いつでも身勝手で幼稚性の高い、マザコンの浪費家で、虚言癖があり、さらに不倫していたような男だったので、別れてよかったなと思います。

12年たった今でこそ、息子は前夫に会いたいとか、「どんな人なの?」とか聞いてきますが、それまでは一切こんな話はありませんでしたね。

交際しているとき気づくべきでしたが、恋は盲目というくらい、元夫の短所や嫌なところを見ないようにしていました。その結果が離婚ですね。

でも一番良かったことは、息子を与えてくれたことです。

唯一無二の大切な息子を残してくれました。どんな宝物にも変えることはできません。それだけは感謝しています。

再婚は息子を愛してくれる人と

年収はあまり期待していません。

これまでお金に困らない生活をしていたけど、時々心が空っぽになって、欲しいものが簡単に手に入るのに飽きていました。

だからお金よりも大切なものを教えてくれる男性に出会いたいと思います。

月収は生活に困らなければ、必要な分であれば、それでいいのかなとも思います。私は特に趣味があるわけでもなく、お金がかかるとすれば育児ぐらいなので、大金は要らないかなと思います。

大体年収300万もあれば、贅沢をしなければ普通の生活が送れると思うので、そのぐらいの収入がある男性がいいです。

でも再婚するときは収入を見て選ぶわけではないと思うので、真摯な姿勢を見せてくれる男性を探したいです。

自分の子供ではない息子を愛して、それなりにお金をかけてくれれば、また、収入が低くても頑張って働いてくれればいいかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です