経営する高齢者住宅が1年近くガラガラで大赤字!恐怖の高齢化社会

経営する高齢者住宅が1年近くガラガラ

私は神奈川県伊勢原市の女性で専業主婦をしており、収入はありません。

義理の実家が経営している「高齢者住宅」に入居者が全然入らなくなりました。

10年前は入居者が10人もおり、姑の年収は800万でした。それが今や入居者は2人になり、しかも利用料金を月14万まで下げているのに入居希望者が1年近く現れないのです。

以前流行っていたのでテレビが取材にきていた高齢者住宅なのに、今は取材の申し込みだけがくるだけで、高齢者は来てくれません。姑は年金で高齢者住宅のローンを返している状態です。

おととし舅が亡くなった際には葬式代がかさんでしまい、ますます義理実家の高齢者住宅の経営は厳しくなってしまいました。

宣伝は申し分なくチラシも配り、ホームページも更新し、テレビの取材も受けて放送されているはずなのに入居者が埋まらない現状です。

老人ホームに入れたいけど、金がない人が多い

老人ホームが周囲に多く建設されすぎて、高齢者の奪い合いになっているのもあります。

また年金支給開始の年齢が年々ひきあげられるので、自宅を売り払って施設に入るよりは、デイサービスを利用してしのぐ高齢者が増えたからだと思います。

増税ばかりで将来の展望が開けないなか、何歳まで入っているか分からない施設には体が動く間は入るのがもったいないと考えられていると思います。

また家族の方も自分の生活費で手いっぱいなので、自分の親の施設代をだすには経済的に厳しく、多少痴呆があってもデイサービスを利用して安く介護費をおさえるしかないのだと思います。

本音は、お金さえあれば施設に年老いた親を入れてしまいたいと考えている人は多いでしょう。

売上金の回収に立ちはだかる困難

夫が有限会社の造園業に勤めていましたが、ボーナスも5年前から出なくなり、当然残業代も最初から無いのも同然でした。

造園業で企業や工場が依頼者だと、とにかく「安くしてくれ」の一点張りです。

業者と社長の間に夫が板挟みになって、値段を決めるだけでもストレスだったようです。

夫が独立して企業とは取引しなくなり、個人とだけ仕事するようになりました。しかし、今度は一度に何十万も出せないから、剪定を何度かに分けてやってほしいと頼まれるようになりました。

また支払が遅い家もあり、支払が無い限り我が家の生活費もきつくなるので、売上金の回収の遅れは自営業にとっては死活問題になっています。

我が家も節約して服は安売り店、肉はひき肉や鳥肉といった安い肉を使い献立を考えています。

中堅デパートの売上げはボロボロ

私の周囲に見る不景気の状況ですが、駅前の中堅デパートが不景気のあおりを受けて、次々と閉鎖しています。

今や郊外に車で行けるところに商業エリアがまとまって建設されており、もはや中堅デパートの品ぞろえよりも充実しています。

洋服ひとつとっても服だけで特化されたメーカーが安く提供してくれるので、わざわざプライベートブランドの服は買いに行かなくなりました。

デザインが平凡過ぎて良くも悪くもないのに値段だけは高いので、不景気の今は購買意欲が沸きません。

デパートにいってもいつも閑散としており、人混みすらありません。

まだ新宿などの都心ではデパ地下が話題になりますが、郊外になるとデパ地下すらいかない場合がほとんどです。

本当はデパートにカルチャーセンターが入っているので無くなって欲しくはないのですが、企業努力が必要だと思います。

税金は搾取されるばかりで還元されない

税金が高すぎる割には自分の生活に還元された実感がわきません。

最低賃金があがっても物価が上がるので支出が減るわけでもありません。

高齢者や少子化対策に力をいれているのは演説で分かっていますが、中堅層には何も助けがないのかと聞いててむなしくなります。

私たち40代にもなにか還元してもらえれば景気も回復するのではないでしょうか。

稼ぐ世代は確かに20、30、40代ですが、40代は「介護保険」ばかり取られて、しまいには親の介護で退職に追い込まれたりしやすい世代です。

またリストラや、昇進が滞る時期であり、雇用や給与自体が不安定になってくる年代です。

せめて所得が低い人に補助を出して欲しいと心から願わずには居られません。

外国人労働者や人工知能を活用すべき

これからの社会、外国人労働者の増加は歓迎だと思います。

介護士が不足しており、日本の労働人口がこれから減少するのなら、きつい3Kの仕事をこなしてくれる人が必要になります。

人工知能による人員カットも労働人口の減少とうまくかぶれば、相乗効果が望めます。コンビニなどの小売業界も人手不足ですし、人工知能で補えるのなら希望になると思います。

逆に教員などは人工知能に頼れないので、もっと教員の仕事を分割化して一般の人がプリントや採点の仕事をして、教員が生徒を教えることに集中できる環境にしたらいいと思います。

つまり単純労働は人工知能に担当させ、今まで細かな配慮が求められて出来なかった業界に人が流れるように働きやすいシステムを再構築すればいいと思います。

児童施設などの職員の規制をもっとゆるくして、一般の人が入れるようにすればよりよいサービスが受けられると思います。

国の年金なんて…信じられない!

自営業をしているので国民年金をおさめるだけではなく、個人年金も農協で積み立てを開始しました。

税金対策にもなりますし、将来の心配を少しでも減らしときたいです。

あとは妻の私もフルタイムで働き、個人年金にも入りたいと思います。

の年金だけをあてにしては老後苦しくなると思うので、40代のうちから頑張りたいと思います。

また、自分の健康管理をきちんとし、体が資本だと思って、寝たきりにならないようにしています。

70歳まで働けるように日々の運動や食事に気をつければ、夫は自営業で定年がない分、健康でいれさえすれば職にあぶれることはないと思います。

これから夫婦二人で健康管理に力を入れていきたいです。メタボ体型に夫婦お互いなりつつあるので、お腹をへこますことが現在の課題です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です