収入は800万から半減!でも子供たちとのびのび暮らしています

元旦那は自己中心的な人

私は長崎県西海市に住む38歳女性です。結婚して10年、2017年に離婚しました。離婚時長女5歳、次女4歳、長男は2歳でした。

元の亭主は、自分の事が優先で、子供が病気でも関係なくアルコールを飲んでいました。またお酒を飲んで無一文でタクシーで帰ってきたりと幾度となく失敗を繰り返していました。

子供に対する言葉遣いが悪く、気に入らないことがあるといつも怒鳴りつけていました。

子供を放置して出かけることも多々あり、面倒を見てもらおうにもおもちゃをあてがっても、自分はテレビを見るかゲームをしていました。

皆が自分に構わないこと、自分が中心でないことが気に入らない人でした。

また自分で自分の事が何もできず、面倒なことは考えもせず人任せでした。

仕事も幾度となく同じ失敗をし、注意されていても自分が悪いのではなく相手が悪いという考えであまり意欲的ではありませんでした。

世帯年収は800万円で安定していた

共働きだった為、世帯収入は多い方だったと思います。

二人合わせて700~800万前後だったと思いますが、私の出産が続いていたため、離婚前の数年は少なくなっていました。

毎月定額を生活費としてもらっており、それ以外の出費は私の給与から支払いをしていました。

それぞれに車を所有しており、元旦那は趣味であるゲームにはよくお金をつぎ込んでいたと思います。

子供が小さいのであまり外食もしておらず、家で調理して食べることが多かったです。食費を削減するという事もあまりなく、おやつなど子供たちの食べたいものは買って食べさせていたと思います。

子供たちの洋服も、保育園に行っているため枚数が必要で結構頻繁に購入していました。

同居している実家のリフォームも元旦那は一銭も出さなかった

結婚期間中にもっともお金を使ったことは、私が実家の増改築の為にローンを組んだことだと思います。

二人とも働いていた為、子供の世話などの事から私の実家で同居生活を送っていました。

しかし人数が増えて手狭になってきたことと、築年数がかなり古かったのもあり、建て増しという事でローンを組んで実家の増改築をしました。

元旦那は出そうかとも言わなかったので、一銭も出していません。

増改築に付随して、ダイニングテーブルやタンスなどの色々な家具やカーテン・寝具などの雑貨、各部屋に設置するエアコンやテレビ、照明器具などの電化製品、キッチンで利用する大きな食器棚などの購入もしたのでローンの金額以上に増改築にかかわる金額はなっていると思います。

離婚に向けて金銭的な見通しを立てていた

離婚しようと考え出して、数年経過していたので、それまでの間幾度となく給与明細・通帳等とにらめっこをして見通しは立てていました。

ただ、子供の成長にともなう習い事などの出費や、身内の冠婚葬祭等はっきりとわからない状態だったので、予備費としてアバウトにカウントしていました。

フルタイムで働いていて、実家暮らしだと母子家庭に支給される手当て関係はあまりもらえないと聞いていたので、頂ける手当は見込んではいませんでした。

離婚前まで元旦那の扶養に子供たちを入れていたので、私の扶養に入れた際の税金関係等も考慮したつもりでしたが、実際は適応されるのが翌年からとなってしまい少し見込み違いとなってしまいました。

世帯年収は半減。でも生活水準は保っている

まだ離婚して数ヶ月なので見込みですが、年収は二人合わせた年収から、私一人の年収に半減したためかなり減ると思います。

生活水準は特に落ちたとは思っていません。食事も今までと同じか、逆に外食が少し増えたかもしれません。

子供たちの洋服購入が以前と比べたら少し減ったと思いますが、それでも必要なものなので毎月衣類に関しては買い足しをしています。習い事も以前と同じように続けています。

詳しく計算まではしていませんが、子供の遊び場を作ったりと、子供たちにかける費用も変わらずか以前より上がっているような気がします。

子供の成長に伴い、体が強くなってきて体調を崩すことが減ってきたので医療費が以前と比べると減ったと思います。

子供が嫌がっても面会日に父親と会わせるのが苦痛

離婚して一番良かったことは、子供たちがのびのびと過ごせていることです。

以前は大人の顔色をうかがいながら生活しているところがありましたが、今ではのびのびとしています。

そして以前と違って、朝は自分たちで起きてきたりと自立が進んできたように思います。

悪かったというか、離婚後問題だと思うのは面会日です。

面会日を設定していますが、子供が嫌がるのに会わせないといけない事、また子供たちが自分になつかないのは私の努力が足りないからだと元旦那が言っているという事です。

「面会日に父親が自分の子供を殺した」という事件があったので、正直面会日に子供たちと会わせるのが怖いし、その度に元旦那から苦情を言われたりするので月に数日は憂鬱になる日があります。

子供3人を育てあげるのに「億」は必要

とりあえず再婚する気はありませんが、万が一今後再婚するときには年収が私と同じくらいかそれより上の年収350万円以上の方がいいです。

私より低くても今の収入より増えるのでそんなに問題はないと思います。

しかし、これから先子供達が進学したりする際にお金がかかってくることは間違いありません。進学にかかる費用をざっと計算すると3人分なら「億単位」になる可能性もあります。

また進学に必要な塾や、やりたい習い事など本人たちが望めばさせてあげたいと思っています。

教育関係費用の事を考えたり、自分たちが老いていく中で医療費は絶対払わないといけないお金だし、いつまで元気に働けるかわからないので、貯蓄もしたいです。

そういった色々な面からすると、やはり少ないよりも多い方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です