コンビニで車上荒らしに狙われ財布に入っていた生活費11万円を失った

コンビニで車上荒らしにあい生活がすべて奪われてしまう!

私は三重県で製造業に従事している45歳のサラリーマンです。私が金欠になった原因は、主に生活費と元からあった借金です。

今の給料は月額約35万円です。

しかし、 私が23歳の頃は、当時は実家を離れて一人暮らしをしており。職業はフードサービス業に勤めており、レストラン店内での接客を主な業務としていました。

ある日の事ですが、自家用車で勤め先から実家へ向けて帰る途中、コンビニへ立ち寄って車内で仮眠をしている時に、財布がなくなりました。

うっかりドアーにカギをかけ忘れていたのです。

その財布には給料から生活に必要な全額の金額が丸々入っていたので、もうどうしていいか分からなくなりました。月の支払い分をよけて月1万円での生活を余儀なく強いられてしまいました。

当時の給料は手取りで11万円で借金の支払い2万円、車のローン2万円、生活費7万円でした。貯金をする習慣もなくお金はありません。

泥棒にあい、生活費がないので空腹時は水を飲んでしのいだ

節約生活を基準にして必要な事以外には、お金を使わない様にしました。まず、余暇のお金に充てていた事は当然なくなりました。

タバコ、CDの購入、不必要な外食、カラオケ、ドライブなどの余暇の為のガソリン代など全て我慢しました。

ただどうしても、友人の誘いは断りにくく、何回かに一度はやむなく付き合わなければなりませんでしたので、外食時にはメニューの中で最も値段の安いメニューを選択していました。

空腹が一番辛く、ひたすら水道の水を飲んで我慢しました。

使用するお金の割合はダントツで食費で、後は移動手段であるガソリン代に充てました。ただ幸いな事に、職場がレストランであったので賄い料理が昼、夕食にありました。そのお陰で栄養不足だけは避けられました。

お金がないと自分の視野や可能性が狭められていく

「お金がない」と感情的に高揚する事もありません。

いつもお金の事が気にかかり、精神的に気持ちの余裕もなくなるので、世間一般に対しても視野が狭くなり、必然的にお金のかかる事に避けて行くようになりました。

少しくらいの風邪なら病院に行かずに、布団に入りゆっくり寝て自然治癒力に期待して風邪の症状がなくなるのを待ちます。

周囲に対しても、コミュニケーションよりも手元のお金の方が優先して大事に思うようになり、人との交流はおろそかになっていくばかりです。

そのような事が定着すると、友人からの誘いも無くなるのは当然で、仕方ないです。どんどん自分の殻に籠るようになり、性格も暗く、どこか卑屈にさえなって行くように思えました。お金がないと息が詰まります。

普段から金欠なので金銭価格がどんどんシビアに

お金がないと友人にカラオケボックスへ行こうと誘われても行けないし、お金がかかることは警戒心からか敏感に反応するようになりました。

近所のスーパーまでの買い物はガソリン代を節約して徒歩で行きました。

買い物に行っても、賞味期限が迫っている商品で値引きされているものを狙って購入していました。いくら近くにコンビニエンスストアがあっても、値段の高い商品の買い物は出来ませんでした。

お金(小銭)に対してこんなにシビアになってしまいました。

その為、付けた事も無い「家計簿」を付け始めました。家計簿と言っても、立派なものではなく単に購入したら金額と品名をノートに記入する程度で、管理とは言えないもので、ただの意識付けでしたが勉強になりました。

45歳で経済的余裕がない。今後、給与は半分に減額されてしまう

今現在の私(45歳)が置かれている状態での話ですが、将来的にお金がない状態では、まだ小学生の子供2人の将来と自分たち夫婦の老後の生活に充てる資金がない状態で、住まいも実家に居候みたいな状態で暮らしています。

家を増築したくても預金も大した金額がなく、めどが立ちません。

そうこうしていると子供はすぐに大きくなって行き、子供の部屋も確保してあげられない状態が目に見えます。現実的に収納スペース無しの8畳、6畳の間に3人で暮らしています。

今は私が単身赴任だから寝るスペースもあります。あと数か月で単身赴任も終わりそうなので、4人では寝るところさえありません。廊下で寝る事もしばしばです。

給料も今の半分以下の手取りに減額してしまいます。近い将来が不安で仕方がありません。

お金があれば新築の自宅を建て、子供に習い事をさせてあげたい

もしも願いが叶うなら、いつか本屋で立ち読みした「3000円からの投資生活」を大金を使って投資信託をチャレンジしてみたいと思います。

まずは、実家の土地に新築で家を立てるか、又は増築して部屋を確保して、完全な2世帯住宅にしたいと思います。

子供の習い事も希望するものがあれば、躊躇なく行かせてあげたいです。

そして、家族を連れて旅行にも連れていってあげたいです。子供の多感な時期に楽しい家族の思い出を作ってあげたいと思います。例えば、海外旅行であれば、比較的安全な「ハワイ旅行」がいいです。

国内であれば、東京ディズニーランドや東京スカイツリーなどの観光、または九州方面での温泉旅行など行きたいところは沢山あります。お金があればこそです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です