使途不明の社会保障費は不公平感が満載

上がるだけで下がらない税金

私は42歳の男性で愛媛県松山市に住んでおり、機械製造メーカーの正社員で品質に関わる業務をしています。手取り21万円程で社会保障費は総額65,000円ぐらいになります。

最も負担が大きいのは、厚生年金です。本当に将来、年金がどれぐらいもらえるようになっているのか分からないし、受給できる年齢も分からない。

毎月家計にとっては、大きな負担になります。

姿、形が分かっていれば、投資かと思ってやりくりしようと思えますが、現状では負担でしか有りません。

将来の事を思えば、納税額はゼロにしてもらいたいとは思っていません。

しかしながら、現状払っている厚生年金額は高い気がします。

税金は上がる事ばかりで、株価等が上がり、景気は上向きのアピールを政治家さん達はよく言います。

しかし、仮に景気が良くなったとしても、税金が下がる事が無いと思います。

仮に景気が良くなっても、国民全てが良くなる訳では有りません。でも、税金は全ての国民が対象です。もう少し庶民レベルでの水準にしてもらいたいと思います。

恩恵があるはずだったTPP

一番払うのが無駄な税金は「消費税」です。高額の物から、少額の物まで全てに消費税が掛かって来ます。

不景気なのに消費税は上がる一方で、一度上がると下がる事が有りません。全ての税金の中で、消費税が一番負担になります。

生活水準が上がったり、所得が大幅に上がったりするのであれば良いかも知れません。

しかし、以前の政治公約でも有りました、TPPなどの貿易で「関税撤廃」などで安い物が海外から入って来るのであれば、生活水準に合わせた買い物が出来るかと思います。

それが無くなった今では、消費税を上げても逆効果で物を買わなくなり、消費が落ち込み、それを埋めるために、また厚生年金や所得税などに負担が掛かるだけでしょう。

税金の使い道に大きな不満

現在の所得のままで、納めたく無いのは「所得税」です。せっかく頑張って働いても、所得税で取られるのが気に入らないです。

それに加えて「住民税」。なぜ両方同時に納める必要があるのか分からない。

どちらが何に、どのように使われているのか定かでない。

議員さんや公務員の給料になっているのだろうけど、そちらの削減などがもっと明確にしなければいけないと思います。

もっと税金の使い道を改善出来る事があるのではないでしょうか?

減税されることで、国民は生活に必要な物を買う事ができるようになります。

お金・経済は回るものだと思っていますので、1円も納めたく無いとは思いませんが、それ以上に税金の使い道を明確にして、理解を得る事が先決ではないでしょうか。

私は納税してるのに滞納者は不公平だ

現在「滞納」している税金は有りません。

が、少しでも良い生活をしたいために過去に残した借金が有ります。

少しでも早く返済をしたいのですが、所得が増えた実感もなく、税金などで引かれる事ばかり増えて、なかなか前に進みません。

私と同じような方々がたくさんいれば、滞納する人も多くなると思います。

ただ、税金は国民全員のルールですので、滞納されていると、しっかり払っている人にとっては、公平性を感じられません。

滞納されている方々の理由は様々でしょうが、ルールはルールですので、守る事は人間として当然の事だと思います。

滞納している人から、ちゃんと徴収出来るシステムを公務員の方々は考えてもらいたいと思います。少し難しい問題だと思いますが。

社会保障は明瞭にするべき

将来の年金には不安を感じています。もらえたとしても、その時には物価も上がり、生活していく事自体に不安を感じます。

年金は、払った分が確実にもらえるのであれば、それは将来への投資と考えれば良いのかも知れませんが、現状では不安でしか有りません。

少子化で高齢化である事は承知していますが、なかなか歯止めにはなっていないように感じます。

ヨーロッパのように、消費税を高くする代わりに、老後は安心して暮らせれる制度が分かっていれば良いかも知れません。

人口の違いも有りますが・・・。お会計では有りませんが、明瞭・明細にするべきだと思います。

現在は簡単に変動し過ぎだと感じております。こちらは、税金と違って水準が下がる一方では納得は得られないかと思います。

内容がわからない社会保障制度

社会保障制度も、税金に対する不満や、年金に対する不満と同等だと思います。

社会保障は、万が一の災害などでは活躍してくれるのであろうけど、こちらも中身が見えていないように感じます。

具体的に社会保障制度とは何か?と聞かれましても、しっかり答えれる人は少ないように思います。

実際に、私も子供に聞かれても、正しい事を伝える事が出来ないと思います。

学校教育とかでは年代によって説明を受けるのかも知れませんが、こちらも再々中身が変動するので、教育を受けた時と、実際に実感する年齢になった時にはギャップが生じると思います。

新聞やニュースに興味がある人には変化に気付くかも知れません。

もっと分かりやすく説明が出来るような事を構築してもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です