夫の残業代が入らなくなり息子3人を抱えての生活は困窮

夫の残業代が入らなくなったため私が内職で家計を支えている

私は埼玉県在住の30代女性で、夫と子供3人の5人家族です。

夫の残業代がなくなり、我が家が金欠になったため、今は内職で1万円を稼いでいます。

夫が残業すれば4~5万は入ってきますが、それがなくなったので、家計はとても逼迫しています。

もともと夫が残業しなくなった理由は、会社での昇進に興味がなくなったからだそうです。今までは、昇進を目指して、残業や飲み会にも付き合っていました。

何がきっかけだったのかは、詳しく聞いていませんが、突然、残業しなくなりました。

早く帰ってくるので、家族の時間が存分にとれるという、メリットもあります。私も、自宅で働ける内職をしていますが、内職では夫の残業代にもなりません。少しでも足しになるように、内職を増やそうか検討しています。

スーパーの見切り品や半額品を狙って食費を削る

お金がない中でも、必ず支払わなければならない光熱費や家賃などは絶対に支払わなければなりません。そこは削ることができません。

余ったお金で食費、生活費を削っています。中でも食費は、見切り品や半額シールのものをよく購入しています。スーパーに夜行くことが多いです。夜にいくと、半額シールの品物がたくさんあります。

生活費の節約としては、お風呂には続けて入って、追い炊きをししないことを心がけています。

またエアコンは室内温度が32℃になってからつけることにしています。扇風機も同時に使用して、エアコンの強さを「弱」にしています。昼間、家族で同じ部屋にいて、光熱費を抑えています。また夜も蒸し暑い時は、同じ部屋で寝て、電気代をおさえています。

お金がなくて子供に八つ当たりしてしまう

お金がたまらない貯金通帳を見ていると、将来がとても不安になります。

子供が小学生の時は、あまりお金がかかりませんが、進学するたびに、お金が必要になってきます。どこから、子供の教育費を出すことができるのか、いつも考えてしまいます。

普段からお金がないと、ちょっとしたことでイライラしてしまいます。

子供にはお金がないことは話していません。

子供は何も知らないので、あれがほしい、これがほしいといいます。そうすると、ため息がでてきます。ため息だけならいいのですが、自分の心の状態が悪いと、子供に八つ当たりしてしまいます。

お金がすべてではないと思っていますが、お金がないと毎日の生活がつらくて、暗くなってしまいます。

自分が子供の頃もお金がなくて遠足で辛い思いをした

お金がないためにつらい経験は、自分の子供時代にさかのぼります。両親は共働きでしたが、裕福ではありませんでした。

遠足に行くときに、友達はピンクや赤のリュックサックでしたが、私は買ってもらえなく、父が使っていた青のリュックサックで遠足に参加したのを覚えています。

子供ながらにとても悲しかったのを覚えています。

水筒についても、友達はキャラクターの絵が描いてあるものを持ってきていました。でも、私は絵も描いてない、大人が使うような水筒を持っていきました。

子供ながらに、うちは貧乏なのかなーと感じたのを覚えています。

自分が母親になって、お金がないと、子供が欲しいというものを買ってあげれないことがとてもつらいです。

子供3人の養育費と自分たちの老後は面倒見切れるのだろうか

我が家の子供は3人います。しかも全員男の子です。

今のご時世、大学に行くのは当たり前と考えられています。3人がもしも、私立大学に進学したらと思うとぞっとします。

夫の出世に期待することはできません。
内職どころではなく、正社員として働かなくてはならなくなります。その頃には40代後半、50代前半になり、体力も心配です。

また老後も心配です。子供の教育費にお金を回していたら、老後の資金として貯金ができません。

しかも年金も何才からもらえるのかわかりません。いくらくらいもらえるのかもわからないので、老後が心配です。

子供には迷惑を掛けたくないと思っていますが、このままの収入ですと、子供に頼ってしまう生活になってしまいそうです。

子供たちが欲しいものを買ってあげたいのが親心

もしも、お金が自由になったら、子供たちに欲しいものを買ってあげたいです。いつも友達がしているゲームを横からみている子供たちに、自由にできるゲームを買ってあげたいです。

また、子供たちがやりたい習い事をさせてあげたいです。水泳がしたいといってもお金がなくて習わせてあげれていません。習い事をたくさんする必要はありませんが、何か、一つでもやりたことをやらせてあげたいです。

また、お金に余裕ができたら、毎月、家族旅行に出かけたいです。

温泉が大好きなので、日本47都道府県の温泉を回りたいです。そして、いつか家族で海外旅行に行きたいです。子供たちには、日本だけでなく、広い世界があるということを知ってもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です