ハローワークで焦って求職した39歳女性の顛末

失業保険受給申請のため

千葉県柏市に住む39歳女性で無職 です。失業保険の受給申請のためハローワークに行きました。

受給申請とは別の日に、説明会というものがあってそれを受けないと失業保険を受給できないので説明会に・・・。

その後も活動実績をつくるためにセミナーに・・・と何度も足を運ぶうちに、求人票が目に入りハローワークで色んな仕事について考えてみようと思いました。

職業訓練もたくさん種類があって、なんと二年間の専門学校に通えるものまであるのです。

職業選択の幅が大きくなるのを感じました。実際にこのライターの仕事もセミナーを受けて知り、始めました。

ハローワークは、昔のような堅物のお役所的なところではなく、もっともっと求職者が長く関われば、いい仕事に巡りあえるのかなと思います。

県内各地にセミナーをやっているところがあります。

カラ求人やブラック企業も

いわゆる”カラ求人”というものもハローワークにはたくさんあると聞きます。

実際に人を採るつもりはないのですが、特定の人材をとれるかもしれないという求人票が出ているようです。

しかし、その情報も定かではないので参考程度にしてください。ハローワークでは夜系というか、あぶない仕事は求人票に載せないらしいので、そこは安心して求職活動が出来ます。

しかし、ブラック企業を載せないのかまでは、わかりません。

一般的な転職活動で難しいのはそこだと思います。どうやったらわかるのか。

「提出物は返しません」というところは怪しいということも聞きますが、これもわかりません。

でも比較的ハローワークの求人は相談しながら活動が出来るのでそこは安心出来ます。

求職活動の前に体調管理に努める

前職を辞めてから何をしたらいいのか、まったく真っ白でした。

事務とか軽作業とか、ぽつりぽつり言葉が落ちるくらいで、なにも決めてませんでした。とにかく働かなきゃという気持ちばかり先走ってました。

体調が良くなかったので、パートで時給は前と同じ900円くらいを希望し、すぐ休むので無理のないように週3日くらいの勤務。

社会保険などよりも長く続けられる仕事を希望しました。今思うと、焦り過ぎて良くない選択をしそうな感じで、求職活動をしていました。

頑張らなきゃと思う一心でしたが、一方でゆっくり決めたいと本音が出たこともありました。

これからはちゃんと地に足をつけて、しっかり体調を第一に考えて、行動できる求職活動をしていきます。

まずは履歴書の住所の書き方から

自己流で今まで転職活動をしてきました。

履歴書の書き方や、履歴書の送り方など知らなかったことがたくさんありました。

なので、いそいで焦って活動して落ち続けるより、きちんと勉強することが大事なんだとわかりました。

あまりに焦って、求人票の会社に応募して案の定応募書類が返ってきたり、体調が悪くなってキャンセルしたり。

焦っても致し方ないので、まずは落ち着いて、セミナーに行って勉強したり、職業訓練を受けたりして整理することが大事なんだとわかりました。

未だに採用通知はいただいておりませんが、そういう時間を過ごすことが次の仕事につながるんだとわかったので、まずは勉強することをオススメします。

履歴書は住所の書き方から入るんですよ。知らなかったことだらけです。

不採用で心がポキッと

ハローワークの方に求人を探していただいて、スポーツクラブの清掃のお仕事に応募しました。

朝2時間、週6日のお仕事で運動がてらいいかなと思い、履歴書を送りました。紹介状も発行していただいたので、それも添付して送りました。

そうしたら、電話がかかってきて不採用の通知でした。

履歴書は送り返されてきました。やはり「不採用」というのは心が折れるもので、その後しばらくハローワーク経由で応募するのをやめていました。

最近だと調理補助のお仕事に応募し、面接の約束までしたものの体調不良でキャンセルしました。

ハローワーク経由で仕事を探して採用されたことがありません。やはり方向が違うとダメなんでしょう。どこを向いたらいいのかわからない人には難しいのかもしれないです。

自分探しに時間をかける

不採用になって、というか体調が悪くて面接をキャンセルして私は、もう少し良く考えようという気持ちが高まりました。

求人票に飛びつくのではなく、ゆっくり自分は何をするべきなのか考えようと思いました。

それと同時に、自分はどういう人間になりたいのかも考えようと思いました。

闇雲に走り出すことを少し控えてゆったりと自分さがし、そんな時間の中で出来ること、出来そうなこと、やれば出来ること、色々考えて活動中です。

好きなことで食べていければいいけれど、なかなか難しいだろうとか、体にいいことを仕事にしたいとか。

たくさんの候補が出てきて、その中からまた吟味して決めていきます。そんな自分探しが出来る時間ができました。

自分を見つめ直し落ち込む事も

とにかく仕事探しをするなかで、人に相談することがなく、それも自己流で進めてきたので、ブラックやらなにやらに引っ掛かってしまう日々を繰り返してました。

今度こそ、と思うのですが、なかなかそれが難しいのです。

人に相談出来るって、すごく大事なシステムなんだと思いました。

それにより、自分の事も分かってくるのです。私は事務はやりたいけど、もしかしたら向いてないのかとか、家にこもっているほうが良いのか、など自分についてとにかくよく考えます。

あと、若い人向けのハローワークみたいなところがあります。

自分はもう、若くないんだなとか、そういうことも考えます。何してたんだろうとか、ネガティブなことも考えます。そういうことも含めてよく考えることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です