ハローワークは医療系にも強い!看護学生が選ぶ就活方法

医療関係の求人にも強い

北海道旭川市に住んでいる27歳の女性です。現在は無職です。

看護学校に通っていましたが、就職先を探す方法の一つとしてハローワークに通い、以前勤めていた病院に就職しました。

看護学校にも就職先に関する情報はありましたが、情報がやや古い上に掲載されている病院やクリニックの数も少なかったです。

話によると先輩たちが就職した病院やクリニックを中心に掲載されているようでした。また、自分が就職したい病院がそこには掲載されていませんでした。

学校よりもネットやハローワークの方が数が多いと考えハローワークに通うようになりました。

その後希望通りの病院へ就職、そのまま看護師をしていましたが、結婚のため退職。

現在は失業保険を手に入れるにはハローワークに通う必要があることと、結婚までのアルバイトか何かないかと思って通っています。

求人情報以外に面接のコツなどノウハウが満載

就職する前の自分は、就職探しイコールハローワークで探すという考えがありました。

近くにいる親戚や友人もみんなハローワークで就職を探していたので余計そのように感じていました。

また、意外とハローワークにも病院やクリニックが数多く掲載されていることや職員に相談すると熱心にいろいろ調べてくれたのが助かりました。

さらに、面接のコツや就職先に関するセミナーも数多く紹介されていたので、就職に有利になるようにそのような情報を集められるのも利用した理由の一つです。

現在は、アルバイトにはLineバイトや地元の冊子もあるのでそこで調べることもできますが、以前利用していたこともあり勝手が分かると言うことで利用しています。

自宅から近い病院を第一志望に

就職を希望していた病院は、自宅から近くで自転車で通えそうであること、もともと国立病院で接遇が良さそうということで希望していました。

ハローワークで調べてみると、他の病院の看護師と比較できるので行ってみると、給料面はやや低めでしたが待遇はそこまで悪いわけではありませんでした。

なにより自宅から近く、幼い頃から親戚から「将来看護師になったらあそこの病院に勤めると良いよ~」と言われてきたので特に給料面に関しては気にしていませんでした。

特にもともと国立病院だったからか、新人教育をかなり熱心に行っていたことや講習会や学習会、発表会が数多く開催されていたので、いろいろな医療分野の勉強ができると考えてそこに就職を決めました。

不明点は調べて貰えるから時間の節約に

自分の希望する病院を見つけましたが、そのときはまだ実習中で時間にあまり余裕はなかったので、実習が終わった後日担当教諭に希望している病院について相談しました。

以前先輩たちもそこに就職していた人もいたということで、先輩たちが就職するのに必要な情報(面接時の質問、筆記試験の内容など)を確認しながら、ハローワークの職員の方にもその病院に関する情報を教えていただきました。

国家試験と連動して、就職時の面接の練習や面接のコツなどのセミナーに参加していました。

また就職先の病院について分からないことやその都度職員の方が調べてくれたので、国家試験の勉強をしている中時間が正直あまりなかったので助かりました。

その後ハローワークの方に試験を受けることを連絡しました。

無事合格を勝ち取る!

毎年就職試験の日付はほとんど決まっているので、その日学校を休んで同級生といっしょに試験を受けました。

面接前に合否は何月何日であることが発表され面接終了後そのまま学校の方に戻りました。

当時通っていた看護学校は就職の試験後、報告のため学校に行かなければなりませんでした。

合否発表は封筒で来ました。

中の合格通知書を見ると大声を上げて喜びました。そのまま学校に合格の連絡し、後日筆記試験の内容や面接の質問など思い出せることを思い出し、まとめて学校に提出しました。

特にハローワークに何かを伝えたりすることはなかったと思います。

あのとき就職前にいろいろと練習したりセミナーに通っておいて良かったなと今では思います。

初めての仕事で大変ながらも、少しずつ大人の階段を上っていく

今まで学生の間はアルバイトをすることもなかったので、初めての仕事でした。

人間関係で悩んだり看護技術のことでいろいろ不満や不安なことはありました。

しかし、がんばった分だけ給料としてお金がもらえたので、それを主な励みとしてがんばってきました。

正直学校で教えていただいた技術や知識は現場ではあまり使えないと思ったことはありましたが、就職して一人前に仕事をしていると少し大人になったような感じがして、少しずつですが日々が充実するようになりました。

また今までは人間関係は家族と友人だけでした。

しかし、場の先輩たちと関わっていくうちに自分の人間関係も広がってきて様々な人と関わってきて、多くの人生経験を積むことが出来ました。

求人情報に目を通すことで、選択肢の幅が広がる

就職したい病院がハローワークにあったおかげで、看護学校だけでは知ることができなかった情報を知ることができ、多くのセミナーに参加していろいろな勉強をすることができました。

就職試験までの流れも分かりやすかったし、職員の方がいろいろ調べてくれたので、みんなが知らない情報を知ることができ、少しだけ優越感に浸れました。

今でもハローワークに通っていますが、あのときに気づかなかったいろいろな就職先を知ることができ、看護師以外の仕事にも興味がわくようになりました。

今後また看護師に戻るかと思いますが、その前にちょっと違う仕事もしてみてもいいかなと思います。ただ患者と接してきたので、今度は接客業以外がいいなとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です