正社員になり税金の支払いが楽に!友達と遊ぶ余裕も生まれました

知らない土地での仕事探し

愛知県東海市に住んでいる28歳女性です。ハローワークで探した仕事ではありませんが、現在はゲームセンターでパートをしており、月収は7万円程度です。

当時付き合っていた彼氏と同棲する為に、地元を離れて住んだこともない地方に来ました。

当然、仕事も辞めて来たのではじめはニートをしていたのですが、彼氏だけに働かせておけないと思い自分も働こうと思ったのがきっかけでした。

彼氏は「無理に仕事探して働かなくても良いよ。」と言ってくれたのですが、正直、収入が無いとほしいものも買えないし、やりたいことも出来なくて1日中家にいるのが苦痛だったので、仕事を探そうと思いました。

ハローワークだと、信用出来る求人が多いイメージなのと昔ハローワークを利用して、やりたい仕事に就けたのがハローワークを利用しようと思った理由です。

求職番号というのも発行してくれるので、その番号を持っている人にむけた求人もあるので、ハローワークを利用するのが1番だと思ったからです。

一度登録すれば、全国のハローワークを使えて便利

転職活動をするにあたって、どんな活動が「一般的な転職活動」と言われているのかわかりませんが、ハローワークを利用するのも、転職活動だと思いました。

ハローワークは誰でも利用出来ます。

まずは、その時の自分の状態をハローワークに提出します。

例えば、現在の職業だったり、今までの経歴だったりを専用の用紙に記入するのですが、私が記入した頃は、チェックシートみたいな感じで、とても簡単に記入が出来た印象が残っています。

なので、誰でも簡単に求職登録が出来て、求職番号というのを配布してもらえます。

これは、全国のハローワークで共通なので、引っ越ししたからといって新たに申請する必要もなく、仕事が必要となったときに、どこのハローワークからでも簡単に仕事を探せます。

このようなことから、私はハローワークを率先して利用しました。

結婚や出産を見据えた条件を考える

私が希望していたのは、パソコンを利用した仕事です。しかし、特殊な資格を持っているわけではないので、一般事務を希望しました。

給与は手取りで13万程度あれば良いかなと思っていたので、そんなに高望みはしていませんでした。

待遇は、土日祝休みで福利厚生もしっかりしていて、通勤時間も短めが希望でした。また、昇給制度もあったほうが仕事をするうえでモチベーションもあがるかなと思っていました。

あとは、年末年始や夏季休暇などの大型連休を取得出来るのかも私の中では大きな存在でした。

これからは、結婚して子供が出来たら残業は月に何時間ぐらいあるのか、産休や育休は取れるのだろうかなども今後気にしていく条件かなと思います。

はじめての職務経歴書に苦戦

特になにも行っていませんが、その時の会社が希望していた、職務経歴書の提出をする為にはじめて履歴書以外の書類を作成しました。

面接を受けに行った会社が希望していた「職務経歴書」は一般的に売っている「何年にこの会社に入社して、何年に辞めて…」などを記入するものではなく、自分で白紙の状態から経歴書を作成したものでした。

それには、自分が何故その会社を希望したのかの志望動機はもちろんのこと、今まで働いたことのある職業の紹介、そこでどのような仕事をしていたのか。

また、その仕事で何を学び何を活かすことが出来たのか、その会社に入社したらどのような長所を活かしてどのような仕事をしていきたいのかを自分の言葉でまとめて1枚の紙に記入するものでした。

そのような経歴書は、書いたことがなかったので手こずって書いた記憶があります。

ハローワークの方は親身になって応援してくれました

面接をしたときに、志望動機や得意なことを話した記憶があります。

そこで、会社の面接担当の方から、会社のことを少し聞きました。「こんな会社だけど、やっていけますか?」と聞いたことを覚えています。

そこで、今週中に採用か不採用かの連絡を電話でします。と言われました。

そして、面接を受けてから3日後の昼間に、その会社から採用の電話連絡がありました。

ハローワークで私の担当をしてくれた女性の方の年齢も近いこともあって、私の求職活動にとても熱心だったので、面接からの帰りにハローワークに寄りました。

そこで、その担当してくれた女性に面接に行ってきたことを伝えると、採用になるように一緒に祈ってくれました。また採用か不採用かの連絡が来たらハローワークに出向くことを伝えました。

正社員となり金銭的にも余裕が生まれる

その会社に採用される前は、近所の飲食店でアルバイトをしていたのですが、国民健康保険税や年金などの税金関係は払えなかったので、免除の申請を出したり払える分だけ払ったりと金銭面ではギリギリの生活をしていました。

そんな中、正社員の仕事が決まってからは、年金も健康保険も会社で入っていましたし、住民税も会社から支払うことになったので自分で支払う手間がなくなり、しっかり支払いが出来るようになりました。

また、土日祝が休みだったので、周りの友達と出かけたり出来ることが増えました。今までは、飲食店勤務だったので、土日祝は必ず出勤をしていたし、時給も安かったので遊びに行く時間・お金がありませんでした。

社員になってからは、自分のことに使えるお金が増え、ちゃんと貯金出来るようにもなりました。

窓口の人には当たり外れがあるのが現実

私の場合は、ハローワークの窓口担当をしている方がとても熱心で、求職活動もスムーズに出来たし、やる気がすごくわきました。

しかし、他の窓口にいる方はとても怖い顔をしていて、求職活動をしている人を哀れむかのような表情で見ていたのをすごく覚えています。

求職活動をしている方は必死で仕事を探しているのに、窓口にいる人達は、求職希望の人が持ってきた求人票を見て、その会社に電話をかけて求職者に繋ぐだけで、特に求職者の為に何かをしているわけではありませんでした。

私も何件か窓口にいる男性の人の所へ求人票を持って行きましたが、その窓口の人は、「この会社はすぐ人が辞めていくからあまり良い会社じゃないけどそれでも良いですか?」と念を押してきたりしました。

これはこれで重要な情報を教えてもらったことになりますが、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です