公務員から一般企業への転職で苦慮。明確な方向性もなく一旦休戦に。

部署が変わり人間関係に不満が募る

山口県宇部市に住む37歳の女性で公務員です。月収は25万円です。

転勤とともに部署が変わり、現在の仕事と人間関係に不満が募りました。

通勤時間も車で往復三時間になっていしまい、心身ともに体調を崩してしまったため、人生を見直そうと思いハローワークで相談したものです。

公務員なので転勤が多く、子供たちも転校を余儀なくされ、私のみならず子供たちも不安定になってしまいました。

この生活を続けることを改めて考え直したときに、一度きりの人生を、もっと大好きな家族と過ごしたいと思い、転校や転居を伴わない仕事を探すことにしました。

ハローワークは各地にあり、またネットでも全国的に多数の企業を検討することができるし、転校転居を伴わない、地元の企業の求人に強いとあり、やはり近所のハローワークだろうと思いました。

公務員から一般企業への転職を躊躇

自宅のインターネットでいくらでも、調べることができますが、やはり求人のプロの生の声を聴きたいと思いました。

実際、大手のネット求人サービスに登録したものの、全国的過ぎて漠然としており、いまいちピンとくるものが、なかったです。

地元のハローワークであれば、地元の企業などの、表には出てこない噂レベルの情報を聞くことができるのではないだろうかと思いました。

それに、私自身も、自分の希望職種をはっきり示すことができませんでした。

やはり、わざわざ公務員を捨てての就職活動自体に不安を持っていたため、白か黒ではないグレーな話、微妙なニュアンスを感じ取れるのは、やはりネットではなくちゃんと、目と目を合わせて声を出して話すことで、新しい道が開けると思いました。

資格もなく希望もないので迷走

正直なところ公務員で特に資格もなく、ずっと事務仕事をしてきたため、職種にこだわりがありませんでした。

逆にこだわりがないので、明確にすることができず、プロにいろんな可能性を教えてほしいと思いました。給与はできることなら現在と同程度を希望しました。

しかし公務員であるため、現職は時短勤務やフレックスタイム制は大変充実していました。

子供が小さいため、今以上に恵まれた環境はなかなか難しいとは思いましたが、現在の仕事に嫌気がさしていたので、その条件にできるだけ近いものを希望していました。

一番の希望は、子供と過ごす時間を増やしたいことでした。

大変狭き門で難しいとはわかっていましたが、在宅ワーク、テレワークなどで現在程度の給料が支給されるところがないかを探していました。

「公務員の求人」がある事を知る

ハローワークでの職探しですが、先にインターネットの検索をし、自宅である程度希望を絞ってからハローワークに行くと、やはり自分では検索に漏れがありました。

窓口の人は、自分が考えていたよりも、より自分の条件に近い、しかも現在の職種や待遇に近いものを探してくれました。

考えたこともありませんでしたが、ハローワークに「公務員情報」があることを知りませんでした。公務員からいきなり民間、ではなく、公務員から公務員の就職活動もあり得ることが分かりました。

試験日が2か月後であったため、公務員経験の社会人枠として試験を受けるべく、その日から勉強を始めました。

自分だけでは、このような試験があるということを、知ることができませんでした。

働きながらの転職活動であったため、なかなか情報も集められなかったのだと思います。ハローワークは転職求職のプロが効率よく探してくれます。

公務員への転職では現状と変わらない

2か月後に控えた採用試験でしたが、願書受付最終日のぎりぎりまで勉強していたものの、結局受験しませんでした。

自分が何のために転職するのかを考えたときに、何より子供との時間が欲しかったからです。

もしまた公務員になったとしたら、確かに民間より子供を持つ親への待遇は素晴らしいとは思いますが、現在とは変わらないと思いました。

それならばこれだけの労力を使って、またどこかで働いて、残業して帰りが遅くなり、子供との時間を作れないのであれば何も意味がないことに気が付きました。

本当に子供との時間を作ろうと思うならば、パート並みの短時間労働か在宅でできる仕事しかないと思いました。

しかし、時給や月給が低く家計に大打撃となるため、急がずもう少し考えることにしました。

転職には至らずも、この半年間は大きな経験に

現在の仕事を続けていきながら、どうにかして、自分や家族のためになるような働き方ができないかを、考えてみることにしました。

今まで何かしら理由をつけて、その場から逃げることばかり考えていましたが、職場での働き方を考え直そうとは思いませんでした。

しかし、37歳で体も頑健なわけではなく、新しいことをするにはエネルギーがいると思い、若くもないのに無理をしてここで倒れてしまったら、それこそ家族や周りに今まで以上の迷惑をかけてしまうため、本末転倒だと思いました。

今の自分ができることをし、それでもできなかったときに、ハローワークという頼れる場所があることが分かっただけでも、このわずか半年足らずの、自分の経験は間違っていなかったと思いました。

深く考えず気軽に行けるのが利点

ハローワークを利用したことがなかったため、どんなところかわからず、門を開けるまでは怖かったですが、実際は大変利用しやすかったです。

多くの人が職を求めているところで、職員の皆さんが、一人一人親身になって話を聞き、希望の職種や希望に近い可能性のアドバイスをくださっていたのは大変感じが良かったです。

実際私が話を聞いてもらった時も、体調のことや子供のことなど、自分の家庭の体験談も交えながら、大変優しく一生懸命考えてくれました。

このような機関があることを、知ることができただけでも大きな収穫でしたし、今回は良い就職先はありませんでしたが、いつかまた利用するときに気軽に行けると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です