ストレスで買い物。請求で貯金もなくなり親に頼っています

一番大きな買い物は、5回払いの150万円のダイヤのネックレス

私は北海道札幌市に住んでいる、25歳女性です。仕事はOLをしていて、収入は手取り12万円ほどです。クレジットカードは4枚持っており、一番使うのは三井住友VISAカードです。

仕事が忙しくて買い物にいけないため、クレジットカードを使ってネットショッピングをすることが多いです。またお金をおろしに行く時間もないので普段からクレジットカード頼みです。食事代などの軽いものから家具などの大きなものまで、すべてクレジットです。

一番大きな買い物はアクセサリーを買った時でした。150万円のダイヤが埋め込まれたネックレスに一目ぼれして購入することにしました。一括では買えなかったので、5回払いにしました。

毎月給与で12万円入ってくるし、貯金がつきることはないだろうと特に考えることなくカードを使います。買い物の時は毎回そんな感じで、まぁ大丈夫だろうとカード払いを続けていました。しかし小さな買い物が積もりに積もって、気づいたときにはすごい引落額になっていたんです。

生活費は基本的にカード払い。美容とゲーム、漫画にお金をかけました

基本的にキャッシュ機能は使っていません。すべてクレジットです。食費、ガス代、電気代、家賃、水道代などの生活費もカード払いです。洋服、アクセサリー、化粧品、ゲーム、漫画などの娯楽費もカード払いです。

特にお金をかけたのはゲームと漫画です。気になったものは我慢せずにネットでまとめ買いしていました。美容グッズも欲しいと思ったらすぐに注文です。今思うとストレスだったのかもしれません、買い物依存症に似ています。

とにかくほしいものを我慢できなくて、ネットショップを開けばポチポチ、外に出れば高額な買い物をしました。現金がなくてもカードがあるので買い物できてしまいます。一応必要なものを買っていたので、ごみになることはありませんでした。

ストレスで買い物。幸せな気分や充実感を得たかった

働き始めたころはカードを持っていても、高いものを買うときはすごく悩みました。ほしいけど我慢しようという気持ちが強かったんだと思います。でも仕事が忙しくてストレスがたまってくると、買い物をしないと落ち着かないようになってしまいました。

欲しいものを我慢することができなくて、手に入らないとイライラするんです。なので、カード払いでほしいものを次から次へと買っているときは幸せでいっぱいでした。充実感や幸福感を強く感じられて、このために仕事を頑張っているんだと思いました。

綺麗な洋服やアクセサリーを値段を気にせず買えるのが嬉しかったです。お金がないからとあきらめていたゲームや漫画も、カードで購入して全部そろえました。好きなものが私の周りにあふれていて幸せな気分になれました。

カードの限度額があるおかげで、かろうじて使いすぎなかった

ざっくりとした予定だけ立てていました。一応「今月は150万円の大きな買い物をしたから、他のものは細かく分割払いにしよう」とか。きっちり計算したり、使わないようにしようとはなりませんでしたが、一応自分なりに気を付けていました。

それに使ったとしても毎月給与が入るし、足りなかったとしてもそれなりに学生時代の貯金があったので全くお金がなくなることはないと考えていました。あとはクレジットカードは4枚もっているのですが、絶対に1枚しか使わないようにしていました。

カードの限度額があるおかげで、なんとか使いすぎないように気を付けられた部分があるからです。次々とカードを使ってしまったら、さすがに借金してしまうと考えることはできていました。

毎月支払いは限度額の50万円近く。預金が20万円になりパニックに

自分なりに計算して、分割払いにしたから大丈夫だろうと考えていました。しかし、毎月限度額ギリギリの50万円近くが引き落とされていきます。最初は大丈夫だと思っていましたが、通帳の預金がどんどん減っていき20万円を切ったところでようやくヤバいと気づきました。

給与が入ったとしても32万円、次の引落金額は45万円、どうあがいても足りないんです。さらに、40万以上の高額請求はあと3カ月続くことになっており、完全にお金が足りなくなってしまいました。

そこからは色々計算して、請求額はどうしようもできないので、生活費を切り詰めてみましたがそれでも雀の涙程度しか浮かせることはできません。副業も禁止なので稼ぐことも出来ず、借金をするしかないとパニックになりました。

親に借金をして毎月約40万円の支払いを返済。実家に戻りました

結局は親にお金を借りることになりました。お金がなくなった経緯を正直に話して、誓約書を持参して「絶対に返します」とお願いしたんです。ものすごく怒られましたが、ストレスでおかしくなっていた部分もあったため、お金を貸してもらえることになりました。

その際に、余計な買い物はしないこと、生活費はギリギリまで切り詰めることを約束しました。そしてクレジットカードは銀行のキャッシュ機能が付いたもの以外はすべて母に没収してもらいました。

毎月約40万円×3カ月分借金するわけなので、私は月2万円、貯金が増えてきたら3万円と何年もかけて返すことを誓い、今でも返し続けています。また少しでもお金を稼ぐために、購入して使わなくなったものをお店で買い取ってもらい、お金に変えました。

それから実家が職場に通える距離にあったので、少しでもお金を貯めるために一人暮らしをやめて実家に戻りました。

買い物依存症になりかけた私。親に迷惑をかけて助けられています

親に迷惑をかけたことを一番後悔しています。自分のお金がなくなったことももちろん悲しいですが、それ以上に人に借金をしてしまったことが何よりショックです。お金を貸してくれるのなんて、消費者金融か親しかいません。

消費者金融では、さらに借金を重ねてしまい戻れなくなる可能性もあったため、頼れるのは親しかいませんでした。ものすごく怒られたものの、今でも親は助けてくれています。

金銭面だけでなく、買い物依存症になりかけていた私を実家に住まわせてくれて、無駄遣いしないように気にかけてくれています。借金している私に、母はご飯を作ってくれたり洗濯も一緒にしてくれたり生活面でもお世話になっている状態です。

毎月2万しか返せていないうえに、お世話までしてもらって申し訳ない気持ちでいっぱいです。後先考えずにクレジット払いをして、破産しただけでなく親に迷惑をかけてしまい本当に後悔しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です