優良株を維持する忍耐力で、あの暴落を乗り越えた

突然の損失で買い増しのタイミングを失った

私は34歳、女性、大阪府に住んでいる会社員です。一般事務で年収430万円です。

証券による損失はおおよそ50万円程度だったと思います。

リーマンショックによるものだった為、誰もが大なり小なり損失を出していました。ただ、家族には金額までは知らせていません。

リーマンショックにより軒並み株価が下がりました。あの頃は日経平均も1万円前後であり、取得時の価格も今よりもずっと安かったのですが、それでも損失が出ました。

銘柄は親の助言を得ながら選び、予算に合うものを自分でチャートを確認しながら証券会社のインターネットサイトで指値を設定し購入しました。

その後も、持っている銘柄のうち、比較的安い株を買い増しをしようかと悩んでいたのですが、その損失が出て思いとどまりました。

あれから、損失が確定してしまうので、売りはせずそのままにしていたところ、株価が大幅に戻りましたので、今は損失はなくなっております。

そして、どの銘柄も値上がりし、とても高いので買い増しなどは予定しておりません。

現実が受け入れられなかった

初めて株を購入する際には、バブル崩壊後までチャートを遡ったり、親から受け継いだ、昔の花形産業の銘柄の価格を確認したりしていました。

証券が大幅な損失を生み出しうるものであることは、十分に理解していたつもりでしたが、それでもいざ損失が出てみると、損が確定してしまうので売るに売れません。

だからと言って今が底値だと買い増しする勇気が湧くでもなく、正直に言ってあまりそのことについて、考えたくはないという気分でした。

それでも、企業自体に重大な問題があって株価を落とした訳ではなく、金融業界全般の危機でした。

企業自体が危機的な状況となり株価を落とした、という場合を想像すれば、それよりは幾分か楽観的な気分だったように思います。

勇気がなくて高額銘柄を買うチャンスを逃した

個人資産形成のために投資をしたので、補填の必要がありませんでした。

しかも、貯蓄から余剰と見なせる額から、証券取得の予算を出していたので、全く問題はありませんでした。

強いて言うなれば、リーマンショックで損失が出る前は、買い増しを検討していたのですが、損失が出たので思いとどまりました。

その後も購入にはより慎重になったので、その結果、あれ以来投資はしていません。お陰さまで日経平均も高いまま来ているので、とても良い状況です。

しかしながら、今では到底購入することの叶わないような高額な銘柄も、自分が損失を出した際には手の届く価格でした。

そのことを思うと、投資は冷静な判断をすることで、より大きな利益を生むものだという学習にはなりました。

投資スタイルの基本に立ち返る

損失は出ましたが、生活に影響が出る類のものではなかったので、何も変わりませんでした。

強いて言うなれば、現金を所持することの意味を、よく考えるようになりましたし、ポートフォリオも、しばしば作成するようにはなったと思います。

人任せではなく、自分で管理することが、とても大事です。

また、買い増しを検討していたので、しばしば狙っている銘柄の価格を、インターネットでチェックしていました。

損失が出たことで慎重になったおかげで、むやみな買い増しは避けて、現在所持している銘柄から出ている利益を大事にしよう、という考えを持つようになりました。

一度値下がりした株価はなかなか上がりません。

ですから、資産に寄与しうる銘柄を、自分は幸運ながら取得できたと考えるようになったと思います。

インカムゲインが自分スタイル

売却すると損失が確定してしまうので、損失が出ても売らずにそのまま保有しました。今では、株価も安定しましたので、損失はなくなっております。

銀行預金の金利は相変わらず絶望的ですし、現金を所持することに意味がないのなら、銀行にお金を預ける必要は全くないと思えるほどです。

しかしながら、投資は利回りが良い分、リスクもあると身をもって知りましたので、定期預金などに甘んじている部分はあります。

株式投資は、配当をできるだけ長く貰い、現金が必要となった時点で、利益の出る額で売り抜くのが理想です。

損失が出たからと言って、すぐに売ってしまうのは、できれば避けたいですし、それが避けられないような投資なら、しないほうが良いと私は考えます。

投資はギャンブルではない

投資は資産のある人間がするものであって、興味があるからと、むやみに手出しすべきものではありません。

ですので、投資がうまく行っている今は、他に手を出すつもりはありません。

まずは、収支の合う身の丈にあった生活をし、そこからまだ余剰が出るのであれば、まず貯蓄として現金で管理すべきです。

もし、そこにさらに余裕が出れば、損失の可能性を十分に理解した上で、初めて投資を始めるべきです。

ただ、銀行貯金の金利が絶望的なので、お金の管理に自信のある方は、やられた方が絶対に良いとは思います。

株式投資をギャンブルと勘違いしている方も、いらっしゃるかとは思いますが、チャートをしっかりと確認し、配当や底値などをちゃんと計算すれば、そうそう損失は出ません。

しかしながら、今は日経平均も高いので、リスクは高く、難しいのは確かです。

1億円で時間を買えれば悠々自適

1億円あれば、今の仕事を辞めて、死ぬまで悠々自適に暮らせるかと思いますので、人生バラ色になります。

普通に、慎ましやかに暮らしているつもりでも、保険料や年金、生活費などでおおよそ年間250万円はかかります。

死ぬまでが40年と仮定すると、1億円が必要だという計算です。

株も不動産も、お金に夢を見だすと現実がすぐ迫ってきますので、あといくらの現金があったら、というお金の使い道は、このように投資ではなく、全て生活費にあてると思います。

夢がないと思われるかもしれませんが、労働しなくても良い時間にどんなことができるかと想像すれば、とても夢が膨らみます。

実際的な考えにおいて、現金で取得可能な、最も最良のものは時間だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です