夫婦で別財布が仇に。美容師なのに自分の美容が出来ない手取り16万の女性

家賃が高いので省エネと値下げ商品でしのぐ

私は30代前半の女性で現在は美容師をしており、手取り16万円程になります。

結婚をしているのですが、子供も1人います。主人もお給料が少ないです。

また住んでいる土地もあり、高いため、家賃が高いので余計に貧乏生活になっています。より貧乏さを感じことがあります。

それは、夏の暑い毎日に、子育てで休職中のことでした。

子供の体調に無理のない程度にではありますが、冷房を使うと電気代が高くなってしまうということがあるので、暑さにがまんしていたことです。

明らかに、冷房をつけてもいいぐらいの温度でも、私はできるかぎりの薄着をして、汗をかきながらしのぎました。

また、子供にはうちわで扇ぎ続けました。また食費に関しても、見切り品や、値下げ商品を買うのは当たり前でした。夜の値下げ時間に買い物に行くようにしていました。

財布を夫婦別にしたのが仇になった

貧乏になってしまったのは、旅行が好きで、たまに主人との娯楽でお金を使っていたことです。

楽しみも大事だからと、年に何度かいった旅行だけでなく、大きな新婚旅行で海外へ行ったことや、挙げた結婚式により、だんだん貧乏になっていきました。

また家賃が高い場所に住んでしまったことも、貧乏になりがちな選択でした。

そして、夫婦別々にお財布をもつことで、自由のある暮らしにしようとしていたのですが、それもよくなかったです。主人がなににお金を使っているのかもよくわからず、把握していなかったのです。

はじめからお財布を一緒にして1人が管理していたなら、もっと順調にお金がたまっていたのかな、と思います。結婚を機により貧乏になってしまいました。

マメに広告チェックしポイントカードを活用

貧乏生活を抜け出すために、例えば交通費を節約しています。

いつもだったら交通機関を利用していたところを、歩いたり、また自転車を使い少し遠い距離にでも出向くようにしています。

また、ポイントカードの活用をしています。ポイント何倍デーなどのある日には、その近辺で買い物に行かずに、何倍デーをねらっていきます。

それは、食費に関しても、薬局にしてもそうです。広告はマメにチェックしています。

また、それだけではなく、携帯電話の見直しや、節約メニューを多くとりいれたり、でかけるときにはコンセントの電源をきったりと、細かいところにまで気をつけるようにしています。

そして、なるべく外食を控えるなどして、節約を主にしています!

美容院に行けない。基礎化粧品も買えない

貧乏生活をして行ったきついな嫌だなと思うのは、美容にお金をかけられないことです。例えば美容院に行く回数も限られます。

カラーやカットに行くのに、前は二ヶ月に一度行っていたのですが、今は四ヶ月に一回ぐらいのペースになりました。

カラーの根元が伸びてしまっているのを見ると、鏡を見たくはなくなるし、気になり本当にいやです。

また、綺麗に髪型がセットされている人やファッションもおしゃれな人を見ると、自分が恥ずかしくなります。

また、使いたい基礎化粧品を使うとお金がもたないため、化粧品も安いのに変えたのも辛いです。

それからは、シワが増えたり乾燥しやすくなったり、貧乏で美容にお金をかけられないのは何よりも辛いです。

貧乏は美容と健康に良くない

このまま貧乏生活が続いたら、見た目がどんどん老けて行くと思います。

それは、美容にお金をかけれないこともつながります。お金をかけずに美容を保つ人もいますが、最低限のアイテムは必要だと思います。

だから、潤いが行き届かず、乾燥によりシワやたるみが増えると思います。

また、不満やストレスがたまり、それもまた老ける大きな要因だと思います。

また、ファッションにもお金がかけれず同じ服まできるようになってしまい、でかけたくもなくなりそうです。

また、ひとをうらやましく思い、妬んだり、心までゆがんでしまいそうな気がします。

お金もちとまではいかなくても、人はやはり、貧乏生活が続くとよくないです。ある程度のお金があることにより、精神的に満足できると思います。

結局は無駄遣いしないことがポイント

月に、25万あったらかなり生活は変わるなぁと思います。毎回見切り品を買うのは、正直恥ずかしいのですが、25万円あったらもう少し食費にまわせます。

そうすると、見切り品でなく普通の食材が買えます。

また、それだけではなく、貯金にもまわせます。貯金ができることが、第1だと思います!毎月できれば決まった額を貯金していけば、積もりに積もってそのまま貯めてもいいし、娯楽にもまわせます。

また、たまにはファッションにもお金をかけたいなと思います。少しの余裕ができることで、だいぶ見た目や生活がかわってくるように思います。

月にもらえるお金が増えたとしても、無駄遣いをしないことが、貧乏生活とおさらばできるポイントだと思います!

節約はめげずに頑張りましょう

これを読んでいる極貧生活の方、貧乏生活はずっとずっと続くわけじゃないと信じています!

一気にお金持ちになるのはむりでも、コツコツ節約することが後の娯楽にはつながると思うので、節約中はいやになったりしますが、めげずにがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です