友人に騙されて50万円の借金。鶏の屠殺バイトでうつ病になりそう…

貧困あるある

私は20歳の男性で大学生です。アルバイトをしており、バイトの収入は1ヶ月3万から4万程度です。

元々裕福な家庭ではないので、個人でやっていけというのが自分の家庭のルールです。

高校生からバイト代でやりくいしなさいといわれていました。ですので、「欲しいものがあったら自分で買いなさい」というルールでした。

しかし、返済にお金をまわしているので自分が使えるお金がなく友達の誘いなどに参加できなかったり、昼食を削って生計を立てるしかないので、常にお腹がすいています。

朝食や夕食は家庭で出されるのですが昼食というがんばらないといけないタイミングでエネルギーを摂取できないのは非常につらいです。

その生活を3ヶ月続けていましたが、貧困あるあるとして僕は友達の食べている物を自分からもらいにいくというのを提唱します。

友人に50万円を貸してしまった

奨学金を借りて自分だけで学費を払っていて、ある程度の生活費も自分だけで行っているのですが、友達に急遽お金を貸してほしいと言われ50万円を貸したのですが、その友達がその後行方不明になりました。

そのため、50万円の借金を負った状態になり現在、バイトのお金で返していて貧相な暮らしをしています。

返済をするのにある程度のがんばりがないと返済が不可能なので、現在大学3年という大事な時期なので、就活には影響をさせないためになんとか3年で返済したいというのが本音です。

まだ社会に出ていないということもあり、「この先保証人になってくれ!!」など言われたらと思うとちゃんと断れるか心配です。

男が陥る罠としては女性がらみにはほんとに注意しようと思っています。

食用の鶏を殺すバイトは精神的にキツイ

借金を返済をすれば抜け出せるとは思います。借金をチャラにするために、今はひたすらバイトをしています。最近では暇な時間を使いネット関連のバイトや短期のバイトにも参加しています。

ただ、過労で倒れる可能性を考慮するといろんな考え方があると思うのですが、自分はやれるときはできるだけ長くやって稼ぐをもっとうにしてやってます。

最近稼げるバイトとして教えてもらったのは「鳥を殺すバイト」です。

いわゆる食用になる鳥たちです。このようなバイトを繰り返しやっています。

しかし、『自分の精神は持つのか・・・?』『鬱病になりそう・・・』などのように精神にくるバイトが多いので、やはり効率を重視するより的確に返すということが一番いいのではないのかなと思っています。

周囲は幸せそうなのに、自分はなぜこんな人生なのだろう?

お金がないことは最悪です。なぜなら全てに困るからです。

食費、交通費、付き合い、ストレス、うつ病、不安、その他にもいろんな要素がありますが、一番きついなって思うのは周りは幸せそうなのに自分はなぜこうなったんだろうと思うと精神状態が保てないです。

うつ病は親の遺伝を受けやすいといわれていますが、僕のようなパターンはうつ病遺伝ではないと思います。

もし僕と同じような境遇の方がいるのなら単価が高いバイトはやるべきではないとおすすめしたです。価格にはそれなりのリスクをあらわしています。

高いものと欲しいものが一致して払う気になったときに売り買いが成立すのと同じです。

バイトも単価が高いものはそれなりにきついとあらわしています。

返済が完了すればうつ病は治るかも

精神病になるんじゃないかなって思ってます。自分は元々精神が弱い人間じゃありません。

ただ、人間は追い込まれれば追い込まれるほど精神が不安定になり、自分の弱い部分を見つけることができるのだろうなと思いました。

女の子がよく病んでしまうのは女性の潜在意識を引き起こすきっかけといわれているのは女性ホルモンが多いからだといわれています。

もしかしたら男でも疲れやストレスによって女性ホルモンが分泌されるかもしれませんね。

ただ、僕の場合はそんないゴールは遠くないしがんばれば返せるのでこの症状も一時的なものなのかもしれません。

僕の知り合いの医療関係の仕事をしている方がいるのですが、やめた途端ストレスの開放から鬱が直ったといっておりました。

名古屋は賃金が低い

借金生活ですが、月7,8万円あればすぐに脱却できるでしょうね。

時給が高い東京などであれば給料も全然違うと思うですが、僕が住んでる地域は最低賃金が低く、コンビニのバイトでは間に合わないです。

だからこそ単価が高い仕事を求めるので病みのループに入ってしまいます。

僕が東京で住んでいれば無理やりでも月30万ためてすぐに返済をする計画をたてると思います。

名古屋では限界があるというのと東京との比較を考えると働くのがバカらしくなって通常のアルバイトをやろうという気になれないで、やはり単価に地域差がない短期のバイトや少し怪しいバイトになってしまいます。

がんばって働くという意識を上げるためにも東京以外の最低賃金の金額を上げて欲しいです。

返済は忍耐

繰り返しになりますが、借金があっても、東京に住んでいるならがんばって返すことができます。

ぼくと同じで最低賃金が低い地域に住んでいる方は短期バイトをおすすめします。ですが、おすすめしないのは怪しくて単価が高いバイトです。

結局、一番大事なのは根気だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です