請求時の確認が大事。個数が実際より多く、桁違いのことも

デビットカードは簡単にできる支払い方法。残高もスマホで確認できます

20歳男性、富山県在住のフリーターです。月8万円の収入があります。クレジットカードは、2枚持っています。最もよく使うカードは、ジャパンネット銀行のデビットカードで、銀行口座とクレジットが一体化になったものです。

最初は、クレジットカードというものは全く知りませんでした。私が持っているデビットカードは、キャッシュカードにお金を入れて、そのお金でお買い物するというデビットカードです。

とりあえず1万円だけ口座に入れてコンビニで使ってみたんですけど、普通の買い物するときより手間が省けて簡単に支払いができ、さらには残高をスマホで管理できてしまうということで、すごく便利なカードだと感じました。

今では少し買い物したいときや、ウォーキングで財布を持たずにカードで買い物したりして、荷物の削減として助かっています。

でも使いすぎたりすると危ないと聞いたので、少しの額で上手に使用していきたいと思いますし、これからのお助けカードとしての活躍が増えてくれるようしていきます。

マイルポイントを貯めて、上手に買い物に利用していきたいです

カードを使って買ったものは、日常で利用するもので、食品に利用したり自分の欲しいものに使っています。例えば、日常で利用する商品は、食器洗い用のスポンジ、ヘアーシャンプー、食器洗剤を購入ました。今でも役立っています。

ほかに購入したものは、飲料や食品などの食料を買ったり、自分の欲しかったゲームやスマホケースです。そういったものを購入するのに活用しています。

デビットカードなのでマイルポイントというものを得ています。このマイルポイントは一生懸命貯めて、飛行機利用やほかの買い物や端数分の金額に使用していこうと思っています

これから買いたいものが増えると思うので、そこら辺をうまいこと、自分の持っているデビットカードを使用していきたいと思います。

デビットカードは便利で驚いた。現金の支払いより手間がかからない

カードを使って得た気分は、便利で驚いた気分です。普段の買い物では、現金払いにしていて、小銭を使うのがすごいめんどくさく、いつも大変な思いを沢山してきました。後ろのお客さんにも迷惑をかけてしまったのも多くありますし、もう大変でした。

でもネット口座を利用するだけのために作ったカードが、こんなにも、購入するときに助かるアイテムなんだと知らなかったです。安い商品を買うのに、手間がいちいちかかるのはかなり嫌でした。

でもそんなときに、デビットカードは助かるほどと言っていいほど、すごいとおもいます。あくまでも私自身の感想ですので、使い方によってはかなり助かっている人や、賢く利用している人もいると思うので、その人を手本にして利用していきたいです。

ローンの返済は失敗しないよう、自覚を持って計画的に利用したいです

返済は今のところないです。これから年を重ねていくうえで、大きな買い物をしたとき(車、家、土地、高級な商品)に、クレジットカードでのカードローンを使っていくことになると思います。

家の購入の場合なら、月5万の25年ローンで月の収入からの一部で返済していく感じで、車なら300万のを一括で返済するという計画的なローンや返済に役立てていくことになると思います。

返し方に失敗しないように、もしものときは絶対にやめるという意思をもって、クレジットローンを賢く使っていくことになっていけば、ほんとに自分が社会人としての自覚を持てるようになったんだなあと感じます。

失敗したら、この先の生活も真っ黒になっていくので、しっかりとした計画的な利用を守っていきたいと思います。

自分が買った商品かどうか、請求金額を把握することが大切

デビットなので、今のところ請求はないので、状況はつかんでないです。ただこの先請求が来た時に、自分が怖がるような額なのか、怖くない額なのかという考え方をしていかないと、突然請求がきたりなんかもしますので、状況を把握して適切な対応をしていきたいです。

口座引き落としの時は、口座からこれだけ引き落とされたんだという確認をします。購入した覚えのない商品の引き落としをされた時の対応とは、違うわけですから、引き落とされた商品と、買った覚えのない商品の請求と、それぞれ違うので、請求の確認と対応と反応が大事だと思います。

請求されても、状況に応じた対応をしていくかが大事だと思うので、どちらかといえば適切に対応していきたいなと思いますので、少しはけじめをつけます。

返済計画は、食費を削らない程度にしないと体がもたなくなってしまう

請求を返済するときの対応は、商品や借りた額にもよると思ってます。例えば10万借りて、食費を削ってまで返済していくと、自分の体が持たなくなってしまうので、これはしてはいけないと思ってます。

10万借りたら、10分の2を月に返していけば、生活に苦にはならないので、そこらへんはこのようにして企画的な返済をして行きます。親に借りる場合や、友人に借りる場合になるときは、月ではなく臨時収入が入った場合、一括で返済していきます。

理由としては、人から借りるのは人間関係にかかわるので、なるべく早く返すようにはしているからです。大金を借りるときは、何日まで待ってくれと伝えておいて、その日に返済していったりはしていきます。生活には支障がないようにはしています。

業者のミスで個数が多く請求されたり、桁違いのことがありました

一番後悔しているのは、商品の金額が2つ分の請求になっていたり、金額の桁が間違っていたりしていたことです。商品の請求で、届いたのは一つなのにその商品2つ分の金額で請求されたことで、思わず戸惑いました。

でも問い合わせてみたら、業者のミスだということになったので、指定した銀行口座に後日返金してもらいました。桁が違っていた時は、思わず少しキレそうになりました。こちらも問い合わせてみたところ、業者による請求書による打ち込みミスだと発覚して、少しは安心しました。

請求は、しっかりとした処理がされているか、確かめて見るのも大切ですので、この機会に細かい買い物の請求を隅々まで確認するようにしていくことになりました。なので請求には焦らずに対応しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です