マビノギに12万円の課金。30代半ばでも実家から出られない

ゲーム用パソコンは24時間フル稼働

私は静岡県在住、35歳の女性です。事務の仕事をしていて月給は20万円くらいです。

マビノギというゲームで多い時は月に12万円くらいの課金をしています。

仕事のために出かけている時間以外で、食事とお風呂とトイレ、寝てる以外はほぼゲーム。睡眠時間も3〜4時間で平気なタイプだから尚更長くゲームしてしまいます。

操作していない時もゲーム内でキャラクターだけはログインさせてるから、ぱっと見は24時間稼働してるような感じかもしれないですね。

常時フル稼働しているからか、ゲーム用の25万くらいのパソコンが2、3年で動きが悪くなってくるのと、電気代が毎月やばいのも悩みです。

マビノギはやることが無限大で泥沼にはまる

マビノギは定期的にランダムボックスでかわいい衣装とかが販売されて、服の数がとにかく豊富なのが魅力の一つであり、課金要素の一つですね。

あと、キャラクターの外見パーツも豊富なので、キャラクターメイキングだけでも永遠に楽しめちゃいます。

転生システムと言って週に一度、キャラクターを生まれ変わらせることにより、性転換することもできます。

また、転生するとレベルがリセットされるので、レベルを上げると取得できるアビリティーポイントを貯めやすく、いろんなスキルを上げてどんどんキャラを強化することができます。

戦闘が苦手なら生産をしたり、服のコーディネートやキャラメイク、チャットを楽しんでもいいし、商人になって商売してもいいし。このゲームはやれることが無限にあります。

細工システムへの課金がやめられない

ゲーム内に「細工システム」と言うアイテムを強化する要素があります。

課金して買える細工ツールが必要なのですが、細工システムはランダムにアイテムに能力が付与されるため、いいのを出すのにかなりのお金が必要になります。

でも、よい性能になると、細工の効果が絶大で、他の努力では全く補えないくらいになるのでやめられないです。

一個のアイテムに何万も使って、結局望んでいる細工効果が得られなかったりすることもありますが、くじを引くような感覚でついつい細工をしまくってしまいます。

それと、ランダムボックスでかわいい服が発売される時も課金してしまいます。5000円くらいから課金してしまうので、すぐに一万円くらいは使ってしまいます。

狙ってるアイテムがでない場合も多いのですが・・・。

キャラの洋服には何万もかけるのに、自分の服は千円以下

ゲームキャラの洋服は何万もかけて買うのに、自分の服は千円以下に抑えて買ったりしていて、冷静になると馬鹿みたいだと思います。

課金してるゲームのイベントが週末にあると、デートの誘いを断ってしまったり、デートに行っても早く帰りたくなったりで、結局上手くいかなくてすぐ別れてしまいます。

ゲームよりその人に会うのが楽しければそうはならないだろうけど、ゲームしてる方が楽しいならその程度だったんだと考えるようにしてますが、人間関係はどんどん希薄になって、昔からのイベント友達とも何年も会わなくなりました。

ゲームをしていれば楽しいからその時は良いのですが、していない時には将来のこととかが不安になります。

大事な若い時間を犠牲にしたなと感じてしまうことも多いです。

2万円かけた衣装にもすぐに飽きてしまう

2万円くらい課金してランダムボックスを開けまくったら、狙ったアイテムがちゃんと出て、ラッキーだと思っていたのですが、実際にキャラクターに着せてみたら思っていたより可愛くなく、すぐに飽きてしまいました。

新しい衣装を人より早く着て見せびらかしたいだけに2万もかけて本当に馬鹿なことをしたと後悔しました。

それに、もしその衣装を気に入っても、どうせ一時期しか着ることはありません。

実際の世界でもそうですが、ファッションには流行り廃りがあり、それが流行っている時は、不思議とすごくよく見えても、流行が過ぎた後になると、むしろダサく見えてしまいます。

着なくなった衣装があまりにも沢山で、ゲームのキャラクターが持てるアイテムの数の限界になるし、いいことなしです。

ボーナスをゲーム課金の支払いに充てる

イベントは大体毎年やるシーズンが決まってるので、そのシーズンの翌月ねクレジットカードの請求がやばくなります。そのため、ボーナスとかも手をつけずに、とにかくコツコツとためるようにしています。

本当は服や靴、バックも買い換えたいですが、ボーナスをゲーム課金の支払いに充てているので無駄遣いはできません。

実家に住まわせて貰ってるから今は課金することができるけど、一人暮らしを始めたら、間違いなく破産します。

本当は年齢的にも実家にいることに肩身が狭く感じていて、部屋を借りて独立したいのですが、今までのように課金できなくなるのが嫌で、なかなか家から出ることができません。

それに、そもそも貯金が全然ないから引っ越し資金もないです。

自分はネトゲ重課金者

多分全部で100万円前後はゲームに費やしているので、それだけあれば通信制の大学や資格学校で勉強をして、人間性や能力を高められたし、スキルアップしてもっと良い仕事に就けていたかもしれません。

それに、ゲームにお金を出すために実生活ではお金を出ししぶって、あまり外に出て楽しむことをしてきませんでした。沢山外に出て、イベントなどで人と出会っていれば、もっと多くの友達がいる人間になれたんじゃないかと思います。

せめて20代の半ばまでにそのことに気づけばまた違う人生を送れたんじゃないかと思いますが、30代半ばになると、今更どうにもならず、抜け出すきっかけがなくなってしまいます。

実際に、ネトゲ重課金者は以前よりも高齢化している印象がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です