借金がショックでパチンコをやめました!!

ビギナーズラックで23歳でパチンコにはまった

宮城県在住、46歳女性です。現在はパートで月収8万円です。

私はギャンブルとは無縁の生活をしてきてパチンコはもちろん宝くじすら買ったことがなかったんです。

しかし、23歳の頃、職場の先輩から連れて行かれたパチンコ店で「少しやってみたら?」と誘われて千円だけ入れてみたんです。

するとピコピコ光出して、先輩は驚いて「手を放したらだめよー」と言い、店員さんはドル箱を運んでくれるし、何が何だか分からないまま数時間で一万円くらいの現金と交換してもらった時のあの興奮。

それが気持ちよかったので、ついパチンコ店を見かけると入ってしまうようになったんです。

仕事帰りはダッシュでパチンコへ

仕事が終わって真っすぐ自宅に帰っていた生活から、仕事が終わるとダッシュでパチンコ店に走るようになってしまいました。仕事中でもパチンコ店のネオンやジャラジャラした音を聞くだけで血が騒ぐというかソワソワしてしまうんです。

閉店間近のお店に入って、500円で3000円稼げたこともあってビギナーズラックの興奮が忘れられず新しいパチンコ店た行った事のないパチンコ店には必ず足を運ぶようになりました。

トイレや、喉の渇き、空腹、日々のストレスもすべて忘れられる空間がパチンコ店でパチンコをしている時でした。

何も聞こえない空間、派手なライトが覚醒させるんだと思います。時間も忘れて夢中でパチンコしていると朝から閉店までいた事もあり、閉店の音楽で初めて我に返る感じでした。

給料日に全額パチンコにつぎ込んだ

最も幻滅するのは、ギャンブルにのめり込んでもっとも幻滅するのは、お給料のほとんどをパチンコに使ってしまった時です。

ギャンブルにのめり込んでいた時は、お給料日に全額パチンコにつぎ込んでしまい帰るお金すら持っていなかった時は、静まり返った町の中で呆然としてしまいました。

専門学校に入る為に、時給のいい仕事をして賄い付きのバイトをしながら安アパートに住んで毎月コツコツと貯めていた貯金も使い果たしてしまったんです。一日で25万円かけて、25万円負けた時もあります。

何のためにそこまで頑張ったのか、全部無駄にしてしまったと気づいた時は貯金通帳を握りしめて落ち込みました。

やめようと思っても、休みの日になるとパチンコに行きたくて、その思いが止められなくて今度は勝つから大丈夫と言い聞かせている自分がもう嫌でした。

パチンコで負けたら食事もしない生活

自分ではなんの自覚もないのですが、性格や行動は随分変わっていたと思います。

パチンコを覚える前の私は、仕事とアパートの往復だけで休日は近くのスーパーで日用品を買ったり、洗濯や掃除などの家事をしたりつつましく暮らしていました。

パチンコを始めるようになってからも休日まで出かけないうちは良かったのです。

しかし、休日までわざわざパチンコに通うようになるようになってからは、部屋の状態にも気を遣うこともなく、パチンコで買ったら外食して帰る、負けたらなにも食べずに帰るというヒドイ生活でした。

当時付き合っていた彼ともデートがパチンコデートに変わっていまい、どちらかが勝つと喧嘩になることが多くなり一緒にパチンコに行くのはやめました。

仕事中もうわの空

ギャンブルをやめたくてもやめられないのは一言で言えば「ツライ」です。それに、とても情けないという感情です。それと負けず嫌いになるので日々強気で喧嘩腰だったりします。

もともとの性格が破たんするので、ガラも悪くなりますし、仕事よりギャンブルに比重がかかるので仕事中もどこか上の空だったりと仕事にも支障がでると自覚がある時は落ち込みます。

「やめたくてもやめられない」のは、誰にも止めてもらえない事も原因だったとは思います。

周りがみんな何かしらのギャンブルをする人達ばかりで「ギャンブルしてない方が普通じゃない」という感じだったので環境も悪かったんだと思うんです。

朝から晩まで、ギャンブルの事で頭がいっぱいなのは異常だという自覚はありました。でも止められないんです。

親に借金の申し入れをする

ギャンブルが原因で生活はどんどん苦しくなっていきました。

お給料は、同世代よりも良かったほうですし、アパートも格安物件に住んでいたから生活費はほとんどかからずにいて、専門学校に入学するという目標のためにお給料の半分は貯金していたんです。ご飯は賄いだけで済ませるようにして贅沢もしないでいたんです。

それが、パチンコにハマっていくうちに貯金を使うようになり、生活費が足りなくなればまた貯金を使って、そんな事の繰り返しで貯金はなくなりました。

その後はお給料の範囲でパチンコしていましたが全額つぎ込んでしまった日があり、泣きながら親に借金の申し入れを初めてしました。

親にお金を借りてまでギャンブルをした自分。親が病気で進学をあきらめて自分でお金を貯める事にしたはずなのにそれも出来なかった自分が情けなくて泣きました。

借金がショックでパチンコを止める

ギャンブルで使ったお金がどのくらいなのか把握していませんが、貯金だけでも40万。毎月の給料が24,5万。まぁ軽く数百万でしょうか。

でも、あの頃ギャンブルにハマっていなかったら他のもので結局は散財していたかもしれないです。順調にお金を貯めていたとしても、専門学校に入る前に宗教とか買い物依存とかホストとかに使っていたように思うんです。

だから、あの経験に感謝しています。

一度の借金がショックでパチンコを止める事ができたんです。

ギャンブルで勝っても勝ち続ける事は不可能ですし、借金まみれの人を身近でも見ました。時々、あの派手な看板やライトを見ると誘惑されてしまいますが「絶対に負けるから」と言い聞かせています。

その後は、つつましく生活しています。それが自分に合っていると言い聞かせて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です