家族で楽しく夢を持ちながら行う宝くじとロト

家族で楽しむ宝くじとロト

大阪府大阪市在中、30代後半女性、専業主婦、無収入。
ロトはキャリーオーバーが話題になったときや、出先で何となく思い付いたときに、1000円弱。宝くじは同じく出先で思い付いたときにスクラッチを買うのと、ジャンボ宝くじ系は毎回バラと連番で6000円分買います。

グリーンジャンボやオータムジャンボ、年末のドリームジャンボなどは、子供時代から恒例行事のように家族で楽しんでいたので、一種の風物詩として楽しんでいます。もちろん、当たればいいなーと思って購入しますが、当選確認作業も楽しみの一つです。

スクラッチに関しては、買ってすぐに当たりハズレがわかるので、みんなでワイワイ言いながら削っています。
ロトは、予想したり統計をとったりせずに、いつも決まった数字(家族の誕生日や結婚記念日など)を適当に組み合わせて購入しています。

どの宝くじも、当選することが目的というよりは、娯楽、みんなや個人で楽しむためのツールと考えています。そういった意味もあり、年間で一番購入するのはスクラッチだと思います。

私流の宝くじとロトの楽しみ方

先述の通り、楽しむことを目的としていますので、「絶対に当たってほしい!」と言うよりは、「当たるかなー、ハズレかなー、当たったら嬉しいなー」と言うゆるーい感じで購入しています。

ジャンボ系の宝くじは、購入してから当選発表まで日がありますので、毎回購入時に、「どこに、どうやってしまっておくか」を考えながら買っています。ネットや雑誌で『金の風呂敷で繰るんでおくと当たりました!』とか、『南向きの窓に張り付けておいた分が当たりました!』などと読むと、どれを真似しようかなーと悩みます。

すぐに当落のわかるスクラッチは、家に帰ってみんなで削るぞ!とワクワクしながら購入します。
ロトに関しては、まぁ当たるとはほとんど思わずに購入しています。

私流の宝くじとロトの番号の選び方

先述の通り、ロトに関しては、家族の誕生日、誕生月、結婚記念日や入籍記念日を組み合わせて購入することに決めています。験担ぎでもジンクスでもないですが、思い付いたときに、ふらっと宝くじ売り場に寄って買うので、購入シートにぱぱっと書き込めるよう、これ以外の数字は選びません。

ジャンボ宝くじ系は、必ずバラと連番で買うようにしていますが、こちらも験担ぎではなく、当落確認する際にバラと連番と2倍楽しめるので。連番だけだと、すぐにハズレたことがわかっちゃいますからね。

スクラッチに関しては、スクラッチで当たった分はまたスクラッチに変える、というMYルールを設けています。数百円~数千円しか当たった経験がないからですが。

今までの当たりくじ

高額当選はいままで一度も経験していません。少額なら、毎年、ジャンボ宝くじ系で1から2回、3000円が当たりますが、その時は「ラッキー!」と思っても、引き換えが始まる頃に忘れてしまい、結局無駄にしてしまうことも何度かありました。高額ならそんな失敗はないんでしょうけど。

先述の通り、スクラッチで当たりが出ると、その当選金でまたスクラッチを購入することにしていますので、「やったー、また削れるー!」と言う気持ちになります。

ロトに関しては、どうやって当たるんだろうなぁと思うほど、当選が遠い遠い存在に感じていますので、別にハズレても何とも思わないと言いますか、ハズレて当たり前だと思って購入しているので、当たったら嬉しいんでしょうけど、外れても特に何とも思いません。

主人や義父は競馬を勧めるけどやはり宝くじとロトを選ぶ

後悔した、という前提ですが、ロトにしても、スクラッチにしても、ジャンボ系にしても、宝くじを購入して、ハズレて後悔したことがありませんので、的確な解答が思い付きませんが…。

ただ、義実家は宝くじを買う習慣がなかったので、主人や義父は、「自力で何ともならんもんにお金をかける意味がわからん!それならその分のお金を競艇場で自分で予想して使う方がいい!」とよく言っていました。

他力本願と言われればそうですが、自分で考えたりしなくても購入できて、あわよくば当たってラッキーと思うのですが。

というわけで、私はハズレくじを購入しても後悔はしていませんが、身内は競艇場で使えば一儲けできるのに!と後悔しているようです。

1億円当たったら山分けの夢

1億円当選したら、自分の家、実家、義実家で山分けするのが夢です。実家と義実家には、老後の生活のために使ってもらい、自分達はマイホームのローンを弁済するのに充てたいと思います。

1億円を山分けすれば、ちょうどローンを完済出来るくらいになるので。あと、車のローンもあるのでそれも完済してしまいたいですね。

多分、山分けするよーと言ったら断られるでしょうけど、自分たちだけでなく、一族みんなでいい思いをしたいので、無理矢理にでも受け取ってもらって、みんなで旅行なんかもいいですね。

でも、あれやこれや考えていると、1億円なんてすぐに無くなってしまいそうです。何か運用できる方法があるのなら、運用して増やしたいですね。

高額当選しても買い続ける

もちろん、買い続けます。何度も書いていますが、ロトやスクラッチ、ジャンボ宝くじを購入する目的は決して「お金が欲しい、当選したい!」ということではないのです。一種の趣味であり、娯楽であり、習慣であり。

ですので、なにがなんでも当てなくちゃ!という強迫観念は全くありませんし、ハズレたからって落ち込むこともありません。

ただただ楽しんでいるだけなので、その時その時、「やったー!当たったー!」「残念!ハズレた!」と思って盛り上がれればいいんです。

これからも、今までと変わらず、思い付いた時にスクラッチを削り、キャリーオーバーのときにロトを買い、シーズンごとにジャンボ宝くじ系を購入して、楽しみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です