救急車を呼ばない主人は一貫して理解不能

今すぐ病院に連れて行ってもらいたかった

私は大分県大分市に住む48歳の女性で専業主婦です。主人は会社員で年収290万円です。

ずいぶん昔の話です。私は、いきなり倒れたのです。喉がカラカラで、水が欲しくて、動けなくなりました。

普通だったらすぐに救急車で運んでくれそうなものですが、主人はペッドボトルを買ってきてくれるだけで、あとは何もしませんでした。

インフルエンザだったように思いますが、とにかく声が出ませんでした。

3日間そのままで、4日目にやっと内科にいったのですが「もうインフルエンザぬけているかもしれないから検査しても無駄かもしれないよ」と、検査はなしでした。

子供が一緒に来ていたのですが、鍵を渡して家に帰るようにすすめました。子供は無事に帰ったようで、私は点滴を受けながら静かに眠っていました。

とにかく主人はお金にケチでした。救急車を呼んでほしかったです。

良い思い出になったけれど苦しかったなあ

病院に3日間行けず、身体は自然と少しずつ回復して良くなりました。

喉がずっと渇いていたのですが、声がやっと出るようになって、内科へ行ったのです。家の近所の内科ですが、とても親切なところで優しかったです。

身体は点滴を受けて良くなりました。インフルエンザを自力で治したことは良い思い出です。後遺症もなく、無事に治りました。

子供にもうつることなく、元気で幼稚園に行きました。あのときのペッドボトル分が、主人の愛情なのかなと思います。

あれから、ひどいインフルエンザにかかることはないので、免疫がついたのでしょうか。

とにかくひどいインフルエンザでしたが、苦しかったけど良い思い出です。

辛抱した甲斐あって風邪を引かなくなった

あのときは苦しくて、お金のことまで考えていられず、とにかく病院に行きたいばかりでした。

でも身体がまったく動かず、喉が渇いた状態で放置されて我慢し、どうなることかと思いました。

それでも辛抱し、病院に行かなかった分のお金は全部貯金にまわしました。

子供の洋服代とも考えましたが、貰い物の服がたくさんあったので、やめました。その子も今は大人になり、おしゃれさんです。

自分でバイトをしてお金を貯めて、洋服をたくさん買ったりしています。わびしい思いをさせなくてよかったと思います。

あの時インフルエンザを我慢してよかったです。

免疫がついて風邪知らずになっているので、怪我の功名ですが嬉しい限りです。

医療費がかさみ、もどかしさを感じる

今現在、精神科に通院しています。絶対通わなければならないので月に5000円ほど医療費を払っています。

その前は、入院していたのでお金のやりくりがとても大変で、ぎりぎりいっぱいの生活です。

服もサイズが合わなくなりましたが買うことができません。ブラウスを洗濯してしまうと着るものがないので、そのあいだ、私は息子のTシャツを着ています。

靴下もあまり持っていないので、わびしい限りです。10月17日になったら年金が下りるのでそれを頼りにしよう思っています。

とにかく時間とお金が欲しいです。17日が早く来たらいいなと思っています。

私の入院費で100万円は使ったと聞きました。

入院期間が長かったので、主人からそう聞かされたとき、非常に歯がゆい思いをしました。

理解不能な主人の言動

マンションに住んでいるので、固定資産税が大変です。

自由になるお金がないから、主人もイライラしているので、なんとか10月17日がくればいいなと思います。

子供はとても頑張って稼いでいます。でも、子供をあてにするわけにはいきませんので、自分たちでなんとか急をしのぎたいと思っています。

主人はのんきです。10月17日がきたら「10万円あげるから、パソコン買いなよ」などと言っているのです。

苦しいのに、そんなことできるわけありません。今の古いままで充分です。

主人は、なんて何も考えていない人だろうかと思います。10万円あったら固定資産税が払えるのに・・・。

まったくわかりません。主人も疲れているのでしょうか。

早く復帰して家計を立て直そう

やはり、お金が貯まらないことが不安です。

突然の出費があるかもしれないし、身なりを綺麗にできないことが寂しいです。主人も同じ考えだと思います。

子供は独立して、迷惑をかけないようにしてくれているので、一安心なのですが、やはり毎日の生活のうるおいが欲しいというところでしょうか。

あと、車も欲しいので、そのお金も貯めなければなりません。車は高いので原付自転車でもいいと思っています。それがないと毎日の通勤ができません。

もしも私が就職できたら、家の負担も軽くなるし、主人の不満もなくなるのですが。

うまくいくように今のB型作業所の訓練を頑張っていくしかないと思っています。とにかく頑張ります。

目標に向かって一刻も早く前進したい

もしも200万円あったら幸せになれるでしょう。200万円で、単行本の出版をするのです。そうして作品を世に送り出して本屋さんに置くようにしたいです。

市民図書館にも寄贈して置いてもらって、私の小説が売れるといいなと考えます。

「東京銀座郵便局物語」というのですが、いつか角川ルビー文庫に送ったとき、B判定をもらいました。普通より良いということで、すごくうれしかったです。

どうにかして200万円貯められたらなと思います。それには、私が早く仕事に就くことだと思います。

早く稼げるようになって、バイクも買って、早く夢にまでたどり着きたいです。

神様にお願いがあります。もしも夢のために生きていいというのであれば、早く就職口をください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です