32万円の美顔器をローンで衝動買い。旦那にバレたら大変なことに

夫婦喧嘩のストレス発散から買い物依存症に

私は43歳の女性で青森県八戸市在住です。現在はスーパーのパートで月収13万程になります。買い物依存症になったのは 2年前に子育てを終えたらです。

買い物依存症になった初めの頃は、仕事が休みの日に洋服等を購入してストレス発散になっていました。

始めは少しの買い物で満足していたのですが、仕事で嫌なことがあったり主人と喧嘩をしたりと嫌な事があると買い物に行くようになっていました。

その時は服を一点購入したりするで満足でしたが、買い物をするとすごく気分がスッキリして、イライラも収まったりする何とも言えない気分を味わう事が出来買い物の頻度が増えていきました。

すると、特に嫌な事がなくても、家にいる時など暇な時間が少しでも空けば携帯でネットショッピングなど常に買い物をするようになりました。特に沢山衝動買いをしてしまうのは、仕事で嫌な事や、対人関係でのストレスが生じた時です。

買って興奮、家で後悔

今までで一番の衝動買いは、友達に進められて行くようになったエステで買い物した美顔器です。

今まで美容に全く興味がなかったのですが、そのお店ではスタッフ皆さんがとても綺麗で皆さんその美顔器を使っていると聞いてたまらなく欲しくなり、ローンを組んで32万円の美顔器を購入しました。

その他にその場では、店頭販売している化粧品の数々やエステの回数券等を一緒に購入すると安くなると聞き5万円分位購入しました。

色々と購入し一回のエステで購入した額は、40万近かったと思います。

その場で購入した時はかなり嬉しく興奮していましたが、家に帰ってみるとハッとしなぜこんなに買ってしまったのだろうかとかなり後悔して主人にバレたらどうしようと怖かったです。

買い物が出来なくなる恐怖

支払いが大変になるときはかなり早い段階できました。1年位買い物三昧を続けていた時に、大きい買い物は全てローンで購入していたの月々の支払額がたまり私の月々のパート収入だけでは回らなくなっていきました。

目に見えて購入品は増えていたので主人は薄々感づいていたかもしれませんが、私も中古で安く購入した等、嘘をついていたので主人に支払いを助けてもらうわけにはいきませんでした。

主人にバレてしまったら、全ての信用を失ってしまうと思い凄く怖かったです。

そんな中でも特に怖かったのは、カードローン支払いが遅れてしまえば大好きな買い物が出来なくなってしまうのではないかと一番怖くて、何とか支払うお金をどうにかしなくてはならないと思いました。

生活費にまで手を付け、生活水準は下がる一方

普段の生活は夫共働きですので、生活費は主人が払ってくれているので始めの頃は私の収入は全て買い物に当てていました。

しかし次第に自分の収入だけでは間に合わなくなっていき、主人から預かっている生活費にてをつけるようになりました。

食費や家賃、その他にも手を付けてしまうので徐々に生活水準は落ちていきました。

食事も質素なものになり、おかずの品数も減らしました。

隠て主人のものなどをバレない程度に中古店に売りに出した事もあります。

その他光熱費など極力使わないよにするなどし、できるだけ買い物に回すお金を確保したくてかなり節約しました。

目に見えて生活の質は落ちたと思います。支払いのお金が足りない時等は主人のお小遣いを減らす時もあります。

ストレスと買い物「負の連鎖」

今の暮らしぶりはとても悲惨です。買い物をするために働いて、買い物の為に普段の生活の水準を落としています。正直何度も買い物依存をやめようと思っていますが、気が付いたら買ってしまっています。

買い物をしないととてつもなくイライラしてどうしようもありません。この先の主人との老後が凄く不安です。子供たちが結婚した時に、孫を産んだ時に何もしてあげれないのかなと思うと悲しくなります。

何も知らない主人に凄く申し訳なく思い、それと同時に主人にバレたら離婚されてしまうのではないかと怖くなります。

色んな事を考え、色んな不安や怖さが襲いその度に早く買い物依存から抜け出したい、早く止めたいと思いますがまたそれがストレスと変わり買い物をしてしまいます。

子供への気持ちと老後の不安

将来への不安は、子供たちはみんな自立してくれているので子育てへの不安はありませんがやはり主人と私二人の老後が心配です。

このまま主人に内緒でお金を使い続けていたら、老後に備える貯え出来ません。主人や私が定年した後の暮らしにお金が残せないかもしれません。子供達に迷惑はかけたくありません。

それだけではなく年を取るといつ病気にかかってしまうかもわかりません。

その時にまとまったお金がないと医療費が出せないと、結局子供達に迷惑うをかけてしまいます。

後は逆に子供達が金銭面で助けを求めてきた時に、貯蓄がなければ助けてあげたくても助けてあげられないのではないかという不安もあります。

不安な事を考えれば考える程きりがなく浮かんできます。

買い物をコントロールして生活を戻したい

もし私の買い物依存症が治ったら、まず生活水準を元に戻したいです。遅れて払っていた家賃や光熱費などの遅れをなくしたいです。

私の収入は自分たちの老後の為に貯金に回したりと、もっと為になるようなお金の使い方をしたいです。

後、たまの連休なんかには、主人と小旅行や温泉なんかにも出掛けたいなと思います。買い物に使うのではなく、何か趣味を見つけて暇な空いた時間とお金を趣味に使いたいなと思います。

かなりの額を毎月買い物やローンの返済にあてています。生活費もまともに払えないほどです。私が買い物をやめれば生活していくのには全然困らないのに私は止められませんでした。

これからは少しずつでも買い物したい衝動を自分でコントロールしていき買い物依存症をやめ、将来の事を考えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です