返済能力を顧みず、預金より多い請求。ローン地獄に陥りました

ブランド品と車用品をリボ払いで購入。ローン地獄に陥りました

32歳男性、大阪府吹田市に住んでいます。仕事は自営業で、手取り15万の収入があります。持っているクレジットカードは2枚、JCBとVISAです。一番使うのはVISAです。学生当時、付き合っていた彼女のブランドもののバッグを買いました。

24万円だったと思います。バイトでお小遣いを稼ぐ学生でしたので、今考えればかなり無理した買い物でした。

もちろん、一括での支払いは無理でしたので、12回払いで買いました。つき2万円ほどの支払いでしたので、払う事はできましたが、やはり学生に月2万円のローンは厳しかったです。その支払いをしたが為に、友人等から毎月借金をしていました。

他にも、その支払いをしている途中で、車のタイヤとホイールの買い物もしてしまい、リボ払いで月4万円のローン地獄に陥りました。タイヤに関しては、購入時に実は現金があったのですが、手元から現金が無くなるのが嫌で、ローンにしてしまいました。

カード払いは確定申告に楽。通販なら店にも行かず、買物できる

主にカードで支払っているものは、携帯代、ガソリン代、ネット代です。あと多いのが、アマゾンなどの通販の支払いに使用しています。

なるべく現金で買うようにしていますが、自営業と言う事もあり、いちいち領収書をもらうのが面倒なので、カードで購入する事もたまにあります。確定申告時に楽ですので。

あと、大人数での旅行の際、一括で経費を私のカードで払ったりしていますので、一時的に現金が手元にきて、勘違いをしてしまう事もしばしばあります。私の中で、現金ではなくカードで買う物のラインは、3万円以上の物です。

最近購入したものですと、プレイステーション4です。それは、電気屋に買いに行くのが面倒だったので、通販で購入しました。その支払いでカードを使用しました。

得した気分で勘違いし、たくさん買物。引き落としのときに絶望

その場では手元から現金が出て行きませんので、なんだか得した気分になり、勘違いしてしまいます。なので、あまりにも買い物が多いと、引き落としのタイミングで絶望感があります。

財布に入っているお金は、あるようでないお金だと言う事をついつい忘れてしまうので、引き落としの時に毎回焦ります。ですので、昔はカード主義でしたが、今は現金主義にしています。それと、口座に預金がある時は、高額な買い物でもなるべく一括払いに設定しています。

物が手元にあるのに、支払いが終わるまでその物が完全に自分の物ではないような気がして、気持ち悪いからです。なので、なるべく早く支払いが終わるように、一括払いの癖をつけています。それと同時に、預金の範囲内で買い物も心がけています。

買って舞い上がり、あとはなんとかなるを繰り返して限度額一杯に

昔は買った時に舞い上がっていましたので、全く返済の予定を立てずに、買うことが多かったです。もし払えなかったら、誰かに借りればいいやと簡単に考え、なんとかなるの精神だけで、買い物をしていました。

実際は、なかなか簡単にお金を借りれなかったので、一番ひどい時はカードで買った物を、その支払いの為にすぐ売りに出した時もありました。小さな事の積み重ねで、一番辛かったのはガソリン代の請求でした。

一回の給油が数千円と少額な為、1ヶ月何度も給油をしていると、気づけば3万円ほどになっている事もありました。支払いが間に合わない時は、リボ払いに切り替え、1万円だけの支払いに変更してしのいでいましたが、どんどん同じような事が溜まっていき、限度額一杯になりました。

よく考えずカード払い。預金より多い請求額額に焦りました

とにかく、支払いが一気にきたので、焦りました。引き落としのタイミングを考えて使えばよかったのですが、あまり考えずに払えるだろうとカードを使用していたので、預金より支払いの方が多くなりました。

返済の為に、親からお金を借りました。ですが、そのお金を返さなければと、次の月、現金を残す為にカードを使用する事になり、結局同じ事の繰り返しで、別の意味でのローン地獄になってしまいました。

当時会社員でしたので、固定給ですし、掛け持ちで働くわけにもいきませんでした。不足は自分の物を売って、生計を立てていました。その経験から、当たり前の事ですが、自分の身の丈にあった買い物の仕方をするようになりました。

ローンに追われている時は、正直生きた心地がしなかったです。

返済のために親から借金、ローンの残る車も売り本末転倒

基本的に、親から借りていました。ですが、親もそこまで裕福ではありませんでしたので、借りれる金額にも限度がありました。その後は、自分の持ち物で売れそうな物を、片っ端から売りに出しました。

主にオークションでした。プレイステーション等のゲーム機本体やソフト一式、プリンター等のパソコン周辺機器、とにかくお金になりそうな物は売りました。最終的に、ローンの支払いが終わっていない車も売りに出し、返済に当てたりしました。

結局振り返ってみれば、カードを使って買ったものを手に入れてから数ヶ月で売りに出し、カードの返済に当てるという、本末転倒な結果になりました。それでも足りない場合は、極端に食費を削ってしのいでいました。

返済能力が低いのに、周りに迷惑をかけてしまった

自分の身の丈にあった使い方ができなかったことを、一番後悔しています。どうしても、カードで簡単に買えてしまうので、自分にはお金があると、勘違いしてしまう事が多いです。現金が手元に残っている状態で物が手元にあると言う事が一番の原因です。

それから、何をいつ買ったかをついつい忘れてしまう事が多く、支払い明細書が届くと驚く事がしばしばあります。やはり、実際に買うときに現金を出していないので、思い出に残りにくいんだと思います。

それによって、支払いができず、周りに迷惑をかけてしまう事が多かったので、後悔しかありません。自分で払えないような金額の物でも、簡単にカードで購入ができてしまうので、便利ですが気をつけなければならないと反省しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です