国民健康保険に加入できずに病院に行けない45歳

不規則な生活がたたり40度の熱

私は45歳男性、独身です。愛媛県松山市に住んでいます。自営業で月平均で15万円ぐらいの手取りです。

マンションの家賃が5万円、仕事場の家賃が5万円、残りが雑費と生活費でカツカツの状態のため、国民健康保険も加入できずに生活しています。

仕事はのんびり出来る内容のモノですが、オン・オフの区別が無く、生活時間帯が不規則な状態です。

人と会うことも多く、仕事で会う方から風邪をうつされる事も度々あります。

栄養ドリンクと、市販薬と、気力で乗り越えられるうちは良かったのですが、仕事が立て込んできて、寝不足とストレスで、節々に痛みが出てきました。

その上、さらに風邪の症状、しまいには40度を超える発熱で、仕事の依頼をすべてキャンセルすることに。

来月の支払いを考えると、病院に行く訳にもいかず、熱に苦しみながら、布団の中でひたすら耐える数日を過ごしました。

なけなしのお金でスポーツドリンクとおかゆを買う

40度を超える発熱で悪寒が襲い、ガタガタ震える中、個々の顧客へ病気での不調を詫びながらキャンセルの連絡を入れました。

悔しさと、やっと一息つける安堵で、気を失う様に布団に倒れこみ、しばらくして更なる悪寒に襲われ、目覚めました。

下着を替えて厚手のスウェットを着て、布団にもぐり込むのが精一杯でした。

丸一日を布団の中で過ごしましたが体調は戻らず、発汗と悪寒の繰り返しは変わらない状態でしたが、脱水状態に陥る危険を感じてコンビニへ行きました。

なけなしの生活費から、スポーツドリンク3本と栄養ドリンクを2本、レトルトのおじや5袋を買い、コンビニ袋の重さにふらつきながら帰ったのを覚えています。

結局それから二日間、体調は変わらず、布団とトイレを往復するだけでした。

病院に行くという選択肢がない

病院に行くのを我慢したのは、月々の支払いが滞るのを防ぐ為で、何に使うと言うモノではありまんせんでした。

ギリギリの生活での病気でしたので、耐える以外の対処が無かったのが事実です。

普段から余裕が在れば、国民健康保険へも加入できるのですが、もう何年も加入していませんし、年金を含め、加入・支払いを促す封筒も生活困窮者への嫌味にしか思えません。

自分の場合は、仕事場の家賃で首が回っていませんが、年間収入が200万円を切る世帯は、国民健康保険の無料加入と、年金の免除を国が行うべきだと思うのです。

世の中には企業に勤めるのが、色々な意味で無理な人間も居ます。

仕事をしなければ、生活保護を貰う方法も在りますが、何とか仕事をしようとする人も居ます。

そんな人々の為に、新たなセーフティネットして、国民健康保険・年金の免除を広げるべきです。

地デジTVなんかないのに、NHKは毎回来る!

日々、仕事と休息の為の私生活のみで余裕はありません。

年々と食品の値段も上がっていますし、ライフラインの電気・水道・ガスも決して安くはありません。その上、最近は通信費が無視できない存在になっています。

すでにテレビはありません、地デジに移行する時に、テレビを見ることをやめました。

でも相変わらず、NHKが加入と集金の為に我家に押しかけます。テレビは無いと言っても毎回来ます。

新聞も酷いです、購入する余裕が無いから断っているのに、相変わらず何社か勧誘に来ます。

その上、宗教の訪問もおかしいでしょう?人の幸せを説くのに新聞買えとか、聖書買えとか、募金しろとか…。

NHK・新聞勧誘・宗教は個々の家庭を訪問するのを規制すべきでしょう。

サラリーマンは時間の余裕がない

仕事と日常だけなら、なんら問題はありません。

ただ将来への希望は持てませんし、日常の発展も考えられません。税金や日々のライフライン、保険や年金が高すぎて維持が難しいのです。

マスメディアに多い、ろくに働かずに権利だけで生きている連中から、国はもっと多く税金をとり、著作権を廃止して娯楽を発展させれば良いと思います。

権利による搾取が大きくなり過ぎているから、持たざる者は追いやられ、医者にかかる事さえ金銭的にも時間的にも贅沢な事になっています。

企業に勤めている時は、会社が労働者である自分に課す時間の制約は、余りにも大きなモノで、日々の中で自分を労わるのも難しい事でした。

会社と言う組織が、労働者を奴隷と思っているかぎり、自分に会社勤めは無理ですし、今の生活からも抜け出せないでしょう。

困窮者の現状を見ないふり

先々の事を考えても、ネガティブな事しか思い浮かばないので、あまり考えません。

ただ、ネットなどで流れるマスメディアの無責任な態度や、日本国民に対する人権への侵害が更なる不安を煽ります。

日本国内を政治が重視してくれるなら、日本はもっと豊かな国であるはずです。

無駄に他国を支援し、韓国や北朝鮮、中国の手下なり日本を貧しくさせる野党は要りません。

何故、他国民が日本の生活保護を受けられるのですか。朝鮮学校の様に他民族の私学を無償化しなければならないのですか。

韓国への日本が貸している資産はいつ帰って来るのですか。中国の留学生への無償奨学金は必要なのですか。

この様な無駄が無くなれば、税金はもっと安くなるのではないでしょうか。日本国民へのセーフティネットは充実するのではないでしょうか。

金がなくても誰もが病院に行ける社会へ

お金がいくらあっても、社会的なシステムが異常なら充実する事は無いでしょう。

自分で稼いだお金が自分で使えればソコソコに生活できると思います。無駄にお金を海外へ流し私腹を肥やす一部の金持ちが、この国の生活を脅かしているとおもいます。

ベーシックインカムが実現できるなら、国民に社会保障の為の税金を課す必要は無いはずです。

無駄に吸い上げ、無駄に仕組みを作っているから無駄な役人が増えるのです。どうせなら国営企業を復活させ、国の運営を税金では無く、国自身が稼げば良いのです。

そうすれば大金を稼いで海外へ資金を流す不届きな金持ちを減らす事もできますし、色々なインフラ・仕組みの規格化も容易になるはずです。

現状の様に大企業が海外に買収される事も減るでしょう。

今日の困窮する生活の根源はいびつな社会制度の生んだものだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です