ボスママとは距離を置いて聞き手に徹するのが鉄則

勝手に格付けするママ友

私は39歳の専業主婦です。大阪府大阪市に住んでいます。夫は建設会社勤務で年収1000万円ほどです。

私が住む地域は、どちらかというと下町で、セレブが住むような地域ではありません。

気取らずに暮らせるところが気に入って、住んでいるのですが、子どもが3歳のころからママ友付き合いをするうちに、いろいろと気を使うことが増えました。

夫の職業や、年収を遠回しに聞かれたり、住んでいるマンション(中古で購入したごくごく庶民的なマンションです)の、販売価格を調べられたりと、アレ?と思うことが多くなりました。

気がついた時には、勝手にママカーストの「金と学歴はある」けど「子どもの教育は適当」というポジションに据えられていました。

カーストの外に居たかったのに、一度ポジションを決められると、いろいろと気を使うことが多くなり、ママ友付き合いが億劫になってしまいました。

質問攻めには笑顔で受け流す

聞かれることに、正直に答えすぎたのが原因です。あまり秘密にすると、余計に詮索されると思い、答えられる範囲で答えてしまいました。

何を聞かれても、スルーしておけば良かったと後悔しています。

また、夫婦そろって食べ歩きが趣味で、レストランの情報などを、聞かれるままに教えてしまったのも良くなかったと思います。

勝手に「いつも外食」「子どもに贅沢させている」という印象を持たれてしまいました。

今では、「自家用車は持っていません」など、本当のことを言っても、「実は、持っているんでしょう?」と・・・。

本当は、庶民的な生活をしていると、分かってもらえたときは、今度は、「うそつき」「セレブ気取り」などと、陰口をたたかれるんでしょうね・・・。

ボスママの思考は理解不能

ボスママは、とにかく、人の家庭のことをよ~く知っています。

そして、歪んだ学歴コンプレックスがあるのか、高学歴の人を異常に持ち上げてから、「でも、お子さんはそれほどでもないわね・・・」という論調に持っていきます。

習い事の数などでも、ボスママの子よりも、たくさん習い事をしている子がいると、気に入らないようです。

新しい習い事をするときには、勝手に始めずに、ボスママに、お子さんも一緒にと「お誘い」しなければならないような雰囲気に疲れます。

うちは、気にせずマイペースにやっていますが、そうすると、アドバイスをしている風に、批判してきます。

どうして「うちはうち」「よそはよそ」と思えないのかと、不思議で仕方ありません。

こちらからの接触は避けること

入園予定の幼稚園は、お受験園ではなく、のんびりした校風ですが、お母さん同士、派閥というほどではありませんが、仲良しグループというものはあるようです。

トラブルとしては、多少の噂話やランチ会に呼ぶか呼ばないかぐらいのものです。

ボスママ的な人はいますが、幸い、子ども同士の付き合いにまで口出しはしてこないので、親さえスルー力を身につければ、実害はそれほどありません。

当然、先生たちも、子ども達が園内でトラブルを起こさなければ、ノータッチです。

テレビなどで報道されるような、先生を巻き込んで、トラブルを起こすモンスターペアレンツがいたら、大変だと心配していましたが、うちの園では、そこまで大きな問題を起こす人がいなくて良かったと思っています。

自分の主張はしないことに尽きる

ボスママには逆らわない。とにかく気にしない。質問は出来るだけスルーする。何か言われても「教えていただいてありがとうございます」という姿勢で接する。

そして、公園へ行くときや、園の行事では、絶対にブランド物を身につけない。夫の職業、夫婦の学歴に話題が向かないようにする。

これを徹底しました。

こちらが、あちらを立てれば、気分がいいのか、攻撃されなくなりました。

逆に敵ではないと認識されたのか、「ここだけの話」として、習い事のアフターフォローや進学の相談などをされるようになりました。

面倒くさいですが、表面上の付き合いですし、今後何十年もお付き合いする相手ではないので、割り切って合わせていこうと思っています。

いざとなった時にプライドを捨てられるか?

お金がある、学歴が高いということだけで、カースト上位になるというのが、未だに理解できません。

カーストを保つために、高いものを身につけたり、SNSで豪華な食事を載せたり、習い事をしたり・・・空しくないのでしょうか?

逆に、カースト下位から上に上がる手段として、子どもの成績など、代理戦争のような状態になるのも、おかしいと思います。

でも、自分がもし、カーストの下位にランキングされた場合に、冷静に問題点を見極められたかというと、自信がありません。

もしかしたら、多少の見栄を張ったり、無理して他のママと同じ行動を取ろうとしたり、子どもだけはバカにされないようにと、必死に勉強させたりしたかもしれません。

ママカーストなんて、なくなればいいのにと思います。

親は子供の手本にならなくてはいけない

スルー力を身につけて、子どもへのフォローだけしっかりしていればいいと思います。

ママ友なんて、一生の友達ではありません。卒園、卒業と共に、さようならです。

年収や学歴といった、表面的なことでしか判断できない人は、もしも自分の子供がカースト下位にランキングされたらどうするつもりなんでしょうね?

自分の子供が、高学歴高収入になったとしても、その配偶者は?孫は?ひ孫は?なんだか、苦しい生き方ですよね。

そんな生き方をする人に惑わされずに、目の前にいる人の良いところを認めて、お互いに楽しく生きていく姿勢を、お子さんに見せてあげましょう。

子どもって、意外と、親の生きる姿勢を見ているものです。惑わされる姿を見せてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です