高3の受験中に父が行方不明。奨学金として320万円の借金を背負う

私立大に進学するのに320万円の借金

私は27歳の男性で現在の職業は大阪府大阪市中央区の証券会社で働いています。

あれは、私が高校3年の夏でした。受験勉強の真っ只中に親が離婚、父は行方不明となり、家にお金を入れる人がいなくなり、一気に家計が苦しくなりました。

こんな状況になったので、私は奨学金を借りることとなりました。

私の家庭は下に弟と妹がいます。なので、その2人にも家計が苦しいことのしわ寄せがいってしまうので、私は奨学金を借りることとなりました。

私は私立の文系大学だったので、四年間で400万円ほどでした。そのうちの親から入学金80万円を出してもらったので、残りの320万円程度の返済でした。

学生のうちから320万円の借金を背負うということはとても精神的にも大変なことでした。

しかし、大学というところは人生で一度しか行ける場所なんだと思い、借りることとなりました。

奨学金は日本学生支援機構から第一種で借りています。返済額は毎月2万円でボーナスは特になしにしています。返済予定は2041年4月です。

大学へ何をしに行っているのか

在学中はバイトを3つほどしていました。後々になってズルズルと返すのは嫌だなと思い、必死に働きました。

しかし、そのせいで勉強がおろそかになってしまいました。

そんな時に何のために高いお金を払って、学校に行っているのかということを考えた時に、授業に支障をきたすのは良くないなと思ったので、アルバイトの数を減らすことを決めました。

そこからは節約でお金を抑えることに意識を置きました。特に気をつけたのは食費で、昼も自分で作るようになりました。

また、友達との飲み会なども、自分に何かメリットがあるのかということを考えてから行くようになりました。

大学なんて、4年間の付き合いなので、自分が何をしに大学にきたのかということをよく考えていました。

羨ましいけど「仕方がない」と割り切る

実家から仕送りを貰っている友人などをみて、とても羨ましいなというのが正直な感想でした。自分とは真逆の生活をしているのだな、とまで思いました。

しかし、遊ぶときは遊べばいいし、そう行った点では何ら変わらない学生生活を送れたのかなと思います。

それに、そういった、人たちを羨ましいなと思っても、仕方がないということにも気づきました。自分は自分だし、他人は他人である。

というのが自分の中であったので、自分のできることを精一杯頑張ることが大切だなと思っていました。

お金は大切だけど、お金が全てじゃないし、自分が何をすべきなのかということを考えると、そういった人たちと自分を比べることもなくなりました。

親に払ってもらって受ける授業より、自分で返すと思って受ける授業の方が何倍も自分の知識となって帰ってくると思います。

大学時代に必死に頑張った結果が今を作っている

大学に何をしにきたのかということを必死に考えて、必死に勉強した結果、その当時周りで遊んでいた友達と比べるとかなりいい企業に就職することができ、やはり、自分のやってきたことは間違っていなかったんだなということを強く感じました。

人生お金ではないけれど、やはりお金は稼がないといけません。借りたお金は返せば問題ありません。毎月決められた額を自分のお給料のなかからかえしています。

携帯のお金を払うことと同じです。今はその当時の頑張りの影響もあり、奨学金の返済で少し出て行くくらい、何とも思わないようになりました。とても充実した毎日を送っています。

大学の間に頑張ったという経験が今になって非常に活きているなと感じます。

大学時代を忘れず豊かな人生を送る為に

一括返済できるお金があったとしても私は月々返済し続けると思います。

なぜなら、大学生の時頑張ったという気持ちを忘れたくないからです。

毎月返すこの金額が、私の頑張ったという証だからです。なのでその返す分の金額を使って、旅行などに行くと思います。

様々な世界各地の景色や、文化、人と触れ合いたいなと考えています。

私は、学生時代に遊んでばかりで勉強を全然しなかった人ほど、このお金を早くかえしたがるのかなと思ったいます。

あの貴重で勉強に時間を割いた時間をこのお金で買ったと考えると、新しい人生はすでに始まっていて、するべきことをすればしっかりとお金は返せるようになっています。

なので、新たにいろんな世界を見るよう人生を歩みたいです。

1回の授業料は4000円だからさぼると勿体ない

奨学金を借りることは悪いことではありません。自分の未来への投資です。

その投資を何倍にして返すのも、ゼロになくすのもそれはあなたの在学中の頑張り次第です。周りと遊ぶことも時には必要です。

しかし、自分が学校に何をしにきたのかということを十二分に考えて行動してほしいなと思います。授業をサボったりしても何もいいことはありません。

一回の授業の値段を計算してください。

4000円ほどです。そんなことを考えるととてもサボってしまおうとは思いません。

あなたの頑張り次第で奨学金なんてすぐに返すことができるので、これから奨学金を借りようと思っている方は、自分の夢に向かって、奨学金を無駄にしないように頑張っていただけたらなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です