楽しい一人暮らしの部屋づくり。支払いは高額になり不安な生活

忙しいときに銀行に行かないまま、高額な商品を買えて便利でした

私は23歳の女性で、岐阜県に住んでいます。派遣社員として仕事をしており、収入は手取り17万ほどです。持っているクレジットカードは、2枚です。JCBをよく使います。

4月から仕事の関係で引越しをし、一人暮らしをすることになりました。そのため、生活に必要な家具や、家電が全くなく、買い揃えなくてはいけなくなりました。その他にも、日用品など生活に必要なものを、すべてクレジットカードで購入しました。

はじめは、クレジットカードを使うことが少し怖かったのですが、クレジットカードで支払う楽さを知ってしまったため、カード払いばかりするようになりました。

家具家電は、お店へ行き自分で商品をみて決めたいなという気持ちもあったのですが、一人暮らしなため、そんな大きな商品を買っても一人じゃ3階の部屋まで運ぶこともできません。

仕事も、引っ越したためいろいろな手続きも忙しく、高額な商品を買うたびに銀行へお金をおろしにくことがめんどくさく、カード払いをするようなりました。

新しい生活での必需品だから、カード払いで買ってよかった

私はカードで家具や家電、日用品など生活に必要なものを買ったため、毎日の生活の中で使っています。

どの商品も生活していくうえでなくてはならないもので、買ってよかったなと思いました。自分の選んだ家具や家電を買い、自分らしい部屋を作り、とても毎日が楽しくなりました。

また、インテリア雑貨なども、ネットでカードを使って買うようになりました。カードで買うものは私の新しい生活をはじめるためのものばかりで、すべて自分のこれからの毎日のために買ったものばかりです。

他にも友達や家族へのプレゼントなど、ほしいもの使いたいものなど、自分のものだけでなく、他の人を喜ばせるためのものなどもすべてカード払いでネット通販を使い購入するようになりました。

高額の家具や家電が揃い、部屋が完成に近づくのが楽しみに!!

クレジットカードを使用して購入することで、あまりお金を使ってない気分になりました。無料とまではいかないけれど、安くたくさんの商品、家具や家電の高額な商品を買えているようで、とても幸せな気分になりました。

お金がどんどん無くなるという感覚がありませんでした。そのため、こんなにも毎日のようにかわいいほしかった商品が届き、とても嬉しく思いました。毎日、わくわくしていて、仕事中も今日はなにが届くか楽しみで、あっという間に時間が過ぎていきました。

商品が届くたびに自分の部屋が完成に近づいていき、明日は何が届くかなと期待でいっぱいで、とても楽しい一人暮らしが始まってすごくうれしかったです。これからの生活も楽しみでテンションがとても上がっていました。

カード払いに慣れて、利用金額を把握しませんでした

はじめはクレジットカードを使うことがはじめてだったこともあり、購入するたびに紙にメモをとるなどし、自分が今月いくら使っていついくらの請求がくるのかを、しっかりと把握するようにしていました。

いくらなら今月引き落としされても大丈夫だなと、予定をたててクレジットカードで購入をするようにしていました。しかし、カードを使うことにもだんだんと慣れていき、メモを取ることをしなくなりました。

自分の頭の中で、いくらくらい使ったなと曖昧な金額を記憶しておくだけで、きちんと正確な金額を把握しておくことはなくなりました。

そのため、自分の中ではいくらくらい使ったから今月は返済できるだろうなと、返済の予定を立てているつもりだったのですが、実際は正確な金額を把握してなく、きちんとした返済予定は立てているつもりなだけで、立てられていませんでした。

請求金額を見た瞬間、どん底に。不安な一人暮らしの始まり

クレジット請求がきたときは、自分が思っていた金額とはだいぶ異なっていて、とても驚きました。しっかりと返済し、普通に生活ができると思っていたのですが、あまりにも請求金額が多く、貧乏生活をせざるをえなくなりました。

請求金額分のお金は、通帳にちゃんとはいっていたのがまだ救いでしたが、その他にも家賃や携帯代、保険料等、支払うものが他にもたくさんありとても焦りました。

とてもわくわく楽しい毎日だったのに、クレジットカードの請求を見た瞬間、どん底に落とされた気分になりました。これまで商品が届くたびに、上がっていたテンションが一気に下がりました。

はじめは、完成していく自分の部屋が、とてもうれしく幸せな毎日だったのに、そんな生活は終わってしまいました。そして不安な一人暮らしがはじまりました。

生活がぎりぎりに。ファンクラブや外食をやめて節約しました

返済分のお金は、通帳にちゃんと入っていたため、返済はきちんと通帳から引き落とされました。しかし、他にも払わなくてはならない家賃や、光熱費、携帯代や保険料もあり、生活していくのがぎりぎりになってしまったため、親に少しだけ借りることにしました。

また、好きだったアーティストのファンクラブも解約し、毎月の引き落としが少しでも減るように、食費もなるべくやすく済ませれるように外食をすることもやめました。そのため友達と遊ぶ機会も減り、楽しかった生活が全く楽しくない、ただ仕事をして終わる毎日になってしまいました。

他にも、もともとアクセサリーを作ることもしていたため、買ってあったパーツでピアスなどを作りフリマアプリなどで売り、少しでも収入が増えるように努力をしました。

親にも迷惑をかけ、金銭感覚は鈍くなりました。カード払いは控えます

はじめは、しっかりと紙にメモをしていたのに、途中から慣れてきて、それを全くしなくなったことを後悔しています。慣れてきたからといって、メモすることをやめなければ、こんなことにならずに毎日楽しく幸せな生活が続いてたと思うと、こんな自分が嫌になりました。

そしてなによりも、23歳にもなって、お金のことで親に迷惑をかけてしまうことがとても辛かったし、申し訳ない気もちでいっぱいになりました。毎日が楽しくて期待しかなかった生活が、こんな生活になってしまい、すべては自分のせいだけどけっこう落ち込みました。

カードで支払うということの楽さを知ってしまい、そこからカード払いばかりをするようになりました。金銭感覚が鈍くなりました。やっぱり、現金で支払ったほうが、お金を使った感があり、こんな買い物はしなくなるなと思い、カード払いは少し控えようかなと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です