誰にも負けたくない、睡眠時間は一週間で10時間

寝る時間すら惜しかった

私は45歳の男性で和歌山県和歌山市に住んでいます。会社員で手取り22万円です。

夢中になったゲームは「リネージュ2」です。一度でなら10万円、トータル金額なら200万円を費やしました。自宅に居る時は、ほぼ「リネージュ2」をやりっぱなしです。

食事は、帰宅途中に購入したコンビニ弁当を食べるだけなので、食事時間の早い私は5分程度で済みます。

入浴も、湯船に浸かると時間がかかってしまうので、シャワーで済ませます。これなら風呂の準備に時間かかりませんし、サッと入ってサッと出れます。

シャワーで10分、体や髪を拭くので10分って所です。食事とシャワーあわせても30分程度です。

睡眠時間は0分~2時間、平均1時間半ぐらいです。残りの時間はすべて「リネージュ2」をプレイしていました。

勝つために、寝ていられない

「リネージュ2」は元々定額料金でプレイするゲームだったので、レベル上げやレアアイテム探しがすごく重要なんです。

特にレアアイテムのボス装備をゲットする為、ボス出現時間に起きていなくてはならなかったりして、生活リズムが大きく狂わされました。

ただ、これがリネージュの魅力でもあるんです。

やればやるほど他プレイヤーと差をつけられますからね。しかも「リネージュ2」は韓国製のゲームなので、対人戦メインのゲームなんです。

NPCに勝てない・・とかならカッカきませんが、同プレイヤー同士での勝負となるとアツくなってしまいます。

しかしその分、相手に勝つとものすごく気持ちいいんですよね。そしてそれを推奨するかのように、毎月オリンピアードという最強を決める競技もあり、のめりこんでしまいます。

勝ち負けにこだわるのは男の本能

「リネージュ2」は対人要素の強い課金ゲームなんですけど、やはりプレイヤー間のバトルが課金要因となっています。

相手プレイヤーに負けたくない気持ち、今まで勝てていた相手に負けるようになった焦り、とかありますからね。

しかもオリンピアードという対人要素まであります。これはプレイヤー間で対戦し、勝ったら所持Pを奪え、負けたら奪われるというものです。

勝ち続けると所持Pは増えていき、もっとも所持Pの多いプレイヤーが優勝となり、英雄になります。そしてこの英雄特典が結構いいんです。

オリンピアード中には使えませんが、「リネージュ2」は攻城戦というシステムがあります。

これは、フィールド上で敵プレイヤー(100人VS100人規模の戦い)と戦うのですが、ここで英雄スキルを発動すると、戦況を変えられるぐらいのものなんです。

自チームに英雄がいるだけで、相手はプレッシャーを感じますし、それだけ英雄を欲します。

そして英雄になる為に課金をし、装備を整える。しかし相手も整えてきているので、さらに課金を・・・という感じで課金しなくちゃだめだ!という状況に陥るようになっています。

「リア充」じゃなくて「リア終」

すでに私の生活は、常人では無理なものだと、判ってもらえると思います。

食事とシャワーあわせて30分以内で済ませ、睡眠時間は0~2時間、普通の人なら三日も持たないでしょうね。

特に睡眠時間に関しては、常軌を逸しているとしか言いようがありません。ひどい時は一週間で10時間も寝てないって時もありました。

こういう生活を送っていると、友人と遊ぶ時間なんてもったいないですし、そんな時間があるならゲームをしています。

それに、こういう睡眠時間だと肌もボロボロですし、身だしなみも最低限度すればいいか・・となります。こんな人と遊びたいって思う人いませんよね。

結果、友人と会うこともなくなりましたし、リアルを相当犠牲にしてしまったな・・と感じます。

今思えば非情なシステム

課金して一番後悔したのは、ガチャイベントにつぎ込んだときです。まあこれはいつものことなんですが、ガチャイベントって修正が入ったりするんです。

なんといっても「リネージュ2」は韓国製のゲームで、いろいろ不具合とかも多いんですよね。

まあガチャ結果をいじられる・・なんてウソのように感じるかもしれませんが、結構これ本当にあるんです。修正するために、すぐメンテナンスが入ったりします。

しかも良い方法(レア出現率アップ)に修正するのではなく、100%の確率で悪い方向に修正されます。

そんなガチャイベントに課金をして注ぎ込んでも、まともなレアアイテムなんてゲットできませんし、お金をドブに捨てているようなものです。

そしてこれが一度だけ、ものすごく酷い時がありました。詳しく述べると長くなるので、どう酷かったかは割愛しますが、その時が一番後悔した時ですね。

周りが全く見えていなかった

「リネージュ2」の課金で使ったのは、トータルで200万円ぐらいには達していると思います。

一回当たりの最高額は10万円程度でも、事あるごとにガチャイベントを開催していましたからね。

今現在、私は中古の軽自動車に乗っていますが、価格は50万円程度のボロボロの車です。もし課金で散財してなかったら、もうちょいマシな車を購入出来ていたのになあとガックリきます。

また車を購入してなかったとしても、現在の貯金額にプラス200万円あるわけですし、気持ち的にゆとりのある生活を、送れているんじゃないかなと思います。

よくゲームに課金しても、所詮データが少し変わるだけ・・なんていいますけど、まさにこれなんですよね。しかも変わるのはほんの少しだけです。

それに自分だけ変わるのではなく、他のプレイヤーも変わるんですから、際限なくお金を捨ててきました。

そのおかげで車はしょぼい、貯金もない・・という苦しくて悲しい生活を送っています。

振り返ると、得たものは無かった

ゲームに消えたお金を有意義、まあゲーム以外に使っていたとしたら、まず友人関係は今のように壊滅してないでしょうね。

私としては、ゲームで消えたお金も重要ですが、時間も大きいと感じますね。

だってお金は働けば稼げますけど、時間は絶対戻ってきませんからね。しかも人間には寿命もあります。

そして生活環境も年々変化していきます。若い頃なら徹夜してまで、一緒に遊んでいた友人も、すでに結婚をして子供もいます。

家庭が出来たら、もう徹夜で遊ぶなんてことは出来ません。私一人置いてきぼり状態で浮きまくりです。

もし私がお金と時間を有意義に使えていたら、私も友人のように結婚をして、妻子のいる身になっていたのでは?と思います。

同じように妻子を持つ身として、友人と接することも出来たでしょうしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です