散々つぎ込んだゲームがサービス終了してしまった

寝る以外はゲーム三昧

私は28歳の女性、愛知県東海市在住です。ゲームセンターの店員で給料は月7~8万円です。

夢中になったゲームは「ペーパーマン」で最高12万円くらい使いました。

現在はサービス終了となってしまったのですが、仕事から帰ってきて、お風呂を済ませ、ご飯を食べながらゲームをするといった日が続いていました。

休みの日の前の日は、寝ないで朝の6時や7時までゲームをしているというのが、ほとんどでした。そして、夕方に起きてまたゲームをはじめ、夜中0時や1時までずっとゲームをしていました。

仕事も極力、残業にならないようにしたり、友人にご飯に誘われても、そのお誘いを断ってでも、家に早く帰ってゲームがしたいという感じでした。

簡単に手に入っても面白くない

私がはまっていた「ペーパーマン」はFPS(シューティングゲーム)だったのですが、課金でしか買えない武器がありました。

しかもその武器は100%手に入るものではなく、ガチャシステムだったので、10回ガチャを回しても手に入らないという傾向がありました。

でも、連続で購入すると当たりやすい、といったジンクスもあり、何度もガチャを回していました。1回で出た時もあったので、その1回で出たときの優越感はたまりませんでした。

さらに、人気声優のボイス付きの武器もあり、ゲームをしていると好きな声優が喋るといったもので、ゲームをしながら好きな声優さんの声が聞けるというのも、魅力でした。

1回で手に入らないから、絶対欲しいという気持ちが増えていくんです。

レアアイテムに目がない

課金で手に入る武器は、ゲーム内マネーで購入出来る武器より、はるかに強かったりすると、欲しい!と思ってしまいます。

極論、ゲーム内マネーで購入出来る武器VS課金武器では、勝敗は勝負する前から決まってしまいます。90%課金武器の方が強いので、勝負する意味がなくなってしまいます。

しかもシューティングゲームなんて、強い武器を持っている人が勝つんですから、課金したいと思うのは当たり前です。

さらに、好きな声優さんのボイス付き武器が出るというお知らせが入ると、もう「課金しなくちゃだめだ!」と思います。

期間限定発売とかだと、尚更ゲットしたくなります。好きなゲームを好きな声優さんのボイスを聞きながら出来るというのは本当に幸せです。

家族よりゲームの友達優先

当時、付き合っていた彼氏と遊びに行くことや、電話・メールをすることを「犠牲」にしていました。

彼氏から連絡があっても、ゲーム内の友達と一緒に遊んでいたので、連絡に返事をすることもあまりありませんでした。

シューティングゲームをしていると、画面から目を離すことが難しいので、電話がかかってきても出れないということが多かったです。

他にも、家族と一緒に夕ご飯を食べたり、会話をしたりという時間も「犠牲」にしていたと思います。

同じ家に帰宅して、同じ家にいるはずなのに、私は自分の部屋に閉じこもって、友達とゲームをしているので、家族と離す時間もありませんでした。

家族と同じですが、リアルの友人とも遊びに行くことも犠牲にしていました。

ゲームが終わっても借金は残る

クレジットカードのリボ払い機能を利用していたのですが、上限まで使いたい放題だったので、上限に達したときに我に返って、凄く後悔しました。

リボ払いなので毎月の支払い額は変わりませんが、利息は増えていきました。

どんどん欲しいアイテムが出ても、上限まで利用していたので、購入することが出来なくなり、本当に欲しいアイテムを、手に入れることができないときは、使いすぎたかな、と後悔しました。

更に、そのゲームが先日サービス終了してしまったのですが、今まで課金したアイテム等はリアルで使えるわけがないし、他のゲームに引き継ぐことなんて出来ません。

なので、ゲームが終了してしまった今は、ただドブにお金を捨ててしまったという気持ちでいっぱいで、とても後悔しています。

自制心を持つようになった

クレジットカードのリボ払いの支払いが毎月あります。

今はなきゲームに対して使ってしまったお金なので、支払わないといけませんが、収入が減ったいま、毎月の支払いがとても苦しいです。

今もそのゲームが出来るのであれば、まだマシかもしれませんが、ゲームも終了していてすることが出来ないうえに、支払いだけが残ってしまっている。

今はゲームから離れての生活ですが、カード決済したい買い物も、もちろんあります。

しかし、クレジットカードの上限まで利用してしまった以上、支払いが終わるまでは、新たにカードを利用することはしないでおこうと自分で決めました。

新しく買い物が出来ないのがとても苦しいです。欲しいものを我慢する生活になってしまいました。

あの時はゲームしか見えていなかった

ゲームにではなく、自分に同じだけのお金をかけていたら、今よりもっとリアルの友達と遊ぶ時間が作れていたんじゃないかと思います。

友達と遊ぶ時間が増えれば、今以上にオシャレにも気を使えたと思うし、女の子ならではの可愛い洋服を買ったり、美容院に行って髪型を変えたり、ネイルなどに興味を持てたんじゃないかと思います。

ゲームに消えたお金を、貯金にまわすことも出来たんじゃないかなと思います。

貯金が出来ていたら、今、欲しいなと思っているものも購入出来たと思うし、お金が無くて苦労することも無かったんじゃないかなと思います。

友人の誕生日や家族へのお祝いとか、自分の為にじゃなく、大切な人へ感謝の気持ちを込めた贈り物をおくることも、出来たのではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です