貧しくても家族においしいご飯だけは作ってあげたい

とにかく将来が不安だらけ

私は38歳、女性、埼玉県に住んでいます。コンビニのパートで月に4万円の収入です。

ロトは1か月に1回、宝くじは年に2回ほど、1回に1000円くらい購入します。宝くじを買うのは、生活が苦しいので、生活費の足しになってほしいからです。

夫の給料では、毎月赤字が続いていて、子供も2人いるため、将来の教育費と住宅ローンの返済、老後の貯金など、お金の面での心配がつきません。

夫が給料の良い会社へ、転職することを望んでいますが、リスクを恐れているようで、踏み切ってくれません。

今の会社は、同族経営で、利益を社員に還元する気持ちの少ない会社で、頑張っても全然給料が上がらないし、この先も上がる見込みがありません。

私が正社員で働けばいいのですが、小さい子供が2人いて、私に資格もないので、ためらっています。近くにある幼稚園はとてもいい幼稚園で、上の子が通ったので、下の子も通わせてあげたいです。

宝くじを当てて、生活を豊かにしたいです。

宝くじは精神安定剤

もし当たったら、と、当たった時の想像を毎回毎回しています。

当たりくじを確認し、当選していたときのこと、実際に通帳に大金が記帳されたときのこと、どうやって家族に報告するか、いつするか、誰にするのか、などと、毎回細かくシミュレーションして興奮しています。

正直、その時間は自分にとって、とても幸せな時間です。

夢がふくらみ、あれを買おう、これも買おうと夢の中ではお金を使いたい放題です。アドレナリンもかなり出ているでしょう。

これだけ幸せな気持ちになれるだけでも、たとえ当たらなくても、時間の過ごし方としては、いいのかな、など最近思います。

不安や心配や怒りの気持ちで過ごすより、よっぽど精神的にいいからです。

よって、宝くじを買うときは、この上なく高揚した気持ちです。

一番は家族が健康であること

自分なりのルールは、あまりたくさん買わないことです。そもそもお金がないので、そこにばかりつぎこんで、生活費が足りなくなっては元も子もありません。

育ち盛りの子供2人と、働き盛りの夫がいるので、おいしいご飯を作ることだけは、頑張ろうと思っています。

なので、その節約に響かない程度の金額しか買わない、というのがルールです。

あとは、ネットでアンケートなどで、お小遣い稼ぎをしているのですが、そこで得たお金を使うようにしています。自分や夫の給料からは、使わないようにしています。

ゲン担ぎは、当たるまでの日々は、よい行いをする、心穏やかに過ごすということ。あとは、亡くなった祖父や義父に語り掛け、「どうか当ててください」と毎晩お願いします。

お金が欲しければ働くべし

これまで当たったことがありません。

ハズレとわかったときの気持ちは、今までの想像がガラガラと音を立てて崩れていく、、むなしい気持ちです。やっぱりそんなに甘くないのか、と現実を思い知らされて、何日かは、やさぐれた気持ちになります。

ハズレとわかっても、宝くじの当選確率の低さを知っているので、まぁ、そうだよな、仕方ないかという気持ちが、一番強いです。

あとは、宝くじに当たったら、何かいけない理由があるのかなと考え、まじめにコツコツ働くようにします。

やっぱりそれ以外にお金を稼げる方法はないからです。

でもそんな気持ちも長くは引きずりません。また1か月後とかに、買ったりしています。大金を使わないのでそこまで後悔もないし、またお小遣いをちょっと使って買おうと、すぐ思います。

何かの役に立てれば後悔しない

宝くじで後悔することは、やはり、子供が欲しがっている本を買ってあげたり、何かおいしいものを食べさせてあげたり、楽しい体験をさせてあげたりすればよかった、ということです。

自分のことでいえば、自分へのご褒美に、おいしいケーキを買えばよかったなとか、欲しかった洋服を買えばよかったと思ったことはあります。

宝くじは夢はありますが、ハズレてしまえば、お金は無駄になったも同然です。

それならば、お金を使って、確実に楽しい思いをできるようなことをすればよかった、とは毎回思います。

でも、そこまで後悔するほどの大金を使っていないので、大きく後悔したことはありません。

宝くじのお金は、色々なことに使われ、社会の役に立っているので、募金をしたんだと思うようにしています。

一番欲しいものは家族との思い出

1億円当選したら、まず2000万円を住宅ローンに使い、ローンを完済します。そして1500万円×2で3000万円分を、子供2人の学費に貯金します。

残りの5000万円のうち、300万円は、車の買い替え費用にします。3700万円は、老後の貯金にします。残る1000万円は自由に使います!

まずはディズニーランドに泊まりで行きたいです。

後は、家のリフォームをしたり、古い布団も全部買い替えて、洋服も、全部いいやつに買い替えます。

食事も週に1度は外食をしたり、オーガニックなどの食材もいっぱい利用して、健康によいものを食べます。

自転車も電動自転車に買い替えます。家電はすべて最新式のものにモデルチェンジします。

毎週の休みは家族で行きたいところへ出かけます

宝くじは幸福な気持ちをくれる

これからも買い続けます。地道にコツコツ働いても、得ることができないお金を得られるからです。

何億という大金はいりません。なぜなら、人生が狂ってしまう気がするから。

5000万くらいがちょうどいいです。それくらいあれば、住宅ローンを気にせず、優雅に暮らせるし、でも働くこともずっと続けていけるからです。

宝くじやロトは、夢を描けるところがいいと思います。

もし当たったらこれをしようとか、考えるだけでとても幸せな気持ちになれます。そんなもの、他にはありません。

そして購入した金額は、たとえハズレても社会貢献に使われています。

自分のお金が、人の役立つことに使われているなら、それでいいと思うし、普段あまり募金もしていないので、募金がわりに買い続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です