介護現場で働く人間関係が煩わしいと感じる28歳の男性

高齢者介護の仕事

私は28歳の男性で千葉県市川市に住んでおり、現在は介護職をしています。勤続年数は7年で手取りは月19万程になります。

主に、高齢者の排泄、食事、入浴などの生活上での介助をおこなっています。

しかしそれだけではとどまらず、新たな入居者の管理、医療との連携、さらには家族の相談などもすることもありました。

私が勤めてる会社には事業所がたくさんあり、介護施設という枠の中でも特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービス、小規模多機能型、ケアハウスという部類を展開しています。

私がこの7年間では特別養護老人ホーム、グループホーム、ケアハウスという事業所で勤めていました。

この事業所の分類としては、特別養護老人ホームでは要介護3以上の方のみが現在は入居可能となっています。高齢化社会もあり要介護3以上であっても入居者は待っている人が多い状態です。

次にグループホームですがこれは別名認知症共同生活介護という施設でこれにかんしては、介護度は決まっておらずどなたでも入ることができます。また自立している方も多いのです。

そしてケアハウスですが、これは逆ですが、認知症の方は入れないことはありませんが、基本は遠慮していただいている事業所で私のなかでは、高齢者のアパートというイメージです。

どこの職場でもポイントは人間関係

どの社会でも言えることかもしれませんが、仕事内容でそこまでやめるかたはいないと思っています。その中でとくにネックだと思っているのが、人間関係だと思っています。

そして私自身もこの人間関係に疲れを感じています。

介護だから排泄、入浴、食事をあげるつまり「3K」があるから大変だと思われるのも事実かもしれませんが、それは生活上の一部であり、どんな人間でもその行為はします。

むしろしなければ死んでしまうということを考えれば、これはあたりまであり、仕事内容としても慣れてきます。ですので人間関係ほど大変なものはないのかなと私は思ってしまいます。

仲良くしろとまではいいませんが、それでもやはり誰かの悪口はつきませんし、大人のいじめなどそういった環境内での仕事が一番嫌いに感じます。

介護は社会貢献と金儲けの板挟み

人間関係を修復するように、上司、リーダーといった人たちがその問題へと解決に導いたとしても、そこでそれが終わることはありませんでした。

どんなに解決へと導いても、次の問題を作ろうとする人間がいることは事実であり、それがわかっていながらの行為はかなりの負担になります。そうなると、「この会社を辞めたい」という気持ちになります。

さらにこの問題ではなく、社会貢献という言葉の裏腹にある売り上げの問題がでてきます。高齢者を選ぶという言葉聞くと嫌な気持ちがるかもしれませんが、人間には十人十色とあるように大変な高齢者もいますし。

あまり手をかけない高齢者もいるのも事実です。

しかし私の仕事では人を選びたくはありませんがそれでも、いざ仕事に関わっている現場の人間からすればそこは考慮してもらいたいという気持ちと、上司による売り上げに対する板挟みはかなり精神的に追い詰められ辞めたいという気持ちになります。

AIも必要だけどそれだけではない

企業を起こしたいと思います。さらにそれが叶わなければ個人事業主として、仕事を展開していきたいと思っています。

まずこの介護という職業だけではないかと私は思いますが、いずれロボットに介護される日がくることも確かだと思います。デスクワークをしている職業もAI(人工知能)に変わるのではないんかなと思っています。

現在の職場でもAIの導入が始まっていますし、金銭管理なども全てコンピューターが行っています。そういった社会に今後もなっていくと私自身もすごく感じます。

だからこそ、少しでもネットに強い能力を身につけてそれを生かしていく仕事に取り組みたいですし、現在もその一人立ちをするために勉強を行っています。

これからはそういった人生を歩んで行きたいと思っています。

資格も大事だけど実務経験も大事

今私が勉強しているのが、PC関連の技術なので、それに関する資格は欲しいと思いますが、資格を持っていてもそれを生かすことが出来なければ私自身はもっている意味はないのかなと思っています。

例えばですが、今この介護という職務についていますが、それでも資格をもっているから給料がいいというだけの職員や、まったくといっていいほどの知識をもたない資格保持者もいます。

また逆に資格を持っていなくても、知識を蓄えている人間もいますし、資格をもっていなくても仕事ができる人間はいくらでもいます。

ですので、資格を持ちたいという気持ちよりも、その知識を手にしたいという気持ちの方が私の中では強くあります。

また、個人事業を起こすとき企業を起こす上で必須であることは取りたいと思っています。

お金よりも人間関係

私の中でやはり必要最低限のお金をいただければいいかなと思っています。贅沢をしたいという気持ちがないわけではないですが、寝るところ、ご飯を食べることができ、洋服なども買えるだけの収入があればいいと思っています。

今この介護という職業上では衣食住に困っていることはありません。

ですので年収が増えたらそれは嬉しいことですが、それでもやはり仕事の内容を重視したいと思っています。楽しいと心から思える職業につきたいと思いますし、無理して誰かに合わせるよな職業はしたいとは思っていません。

ですのでもし年収いくら払うからというよりも、人間関係をしっかり構築している会社になる見込みがあるなら私はその会社に留まろうと思います。

安定も必要だが、環境づくりも必要

この現代の人たちは、安定を求めているのかなと思っています。公務員という職業が人気なのもうなづけますし、看護士が多いのも事実だと思っています。

しかし安定というだけでその人の人生が華やかなのかといえばそうではないのも事実だと思っています。

人は好きなことをして生きていけたら幸せだなと私は心のそこから思います。そういった人生を歩める会社があるならば僕は理想の職場なのではないのかなと思っています。

好きなことを仕事にできる環境を作ってくれるそんな会社を私自身も作りたいです。現段階では会社を勤めをしていますが、そういった環境はありません。

ですので今の会社を今年中にはやめて、少しだけ勇気を振り絞って前に出るようにしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です