ナイトワークを扱うWEBの部署で社員のモラルが低い

WEBサイトスキルを得る良い仕事

私は23歳の女性で千葉県に住んでおり、現在はWEBサイト編集の正社員をしています。勤続年数は3年で、手取り月収25万円程になります。

会社では主に画像加工、編集、取材、企画撮影、動画編集、ヘッダーデザインなど自社WEB広告サイトのコンテンツ編集業務全般を行っています。

主にナイトワークの方々を扱ったサイトになるので、昼勤と夜勤が部署ごとにあります。

私は夜勤の部署で夜出勤したら、事前に依頼された店舗様にそのまま出向いて企画やイベントの撮影取材を敢行。たまにシャンパンタワー中の撮影も一眼レフカメラを使って行います。

終わったらそのまま持ち帰ったデータを編集してサイトの更新業務にあてます。

新人の指導も同時に行うので少し大変ですが、クリエイティブ業務をほぼ一手に引き受けるので、スキルを一気に習得するのにはオイシイ仕事だと思います。

後輩がまったく育たない職場

今の会社で不満な箇所は、福利厚生が充実していないことです。面接の時点や内定頂いた後に上司と話し合いましたが、内容が話されたものとまったく違っていました。

厚生年金や健康保険料などは勤続2年経たないとつかないため、後輩がまったく育ちません。福利厚生がつく前にスキルがそれなりに身につくため、育つ前に辞められてしまいます。

そのため、勤続年数3年以上の我々や先輩方に仕事のしわ寄せがきてしまい、オーバーワーク状態です。面接のときや内定後の話し合いのときに話されたこととまったく違って驚きました。

しかも夜勤なので体調管理も人よりしにくいです。アルバイトで入社した子の場合は、責任もそんなにないので休みがちになってそのまま退職なんてザラです。

勤務中なのにゲームやテレビ観戦

勤務時間内なのにゲームをしていたり、イヤホンつけてスマホの画面でテレビを観ていたり、とにかくモラルの欠けた人が先輩に多く見られて嫌になります。

最初の頃はそれを上司に報告すると、逆ギレされたこともあって驚きました。「俺もやってるけど何が悪いの?」と言われた時、きっと私の顔は豆鉄砲食らった鳩みたいな顔をしてしまったと思います。

そもそもナイトワークの方々を扱う仕事のためか、非常識が常識といった風潮がありました。

パワーハラスメントやモラルハラスメントが目に見える形で横行していても、社員の皆さんは見て見ぬ振りな感じでしたし、それが当たり前といった形で仕事されていたのでかなり場違いなところに入社してしまったなと思いました。

今もそれは変わらないです。

スキルに応じて昇給できればいいのに

自分の能力がもっと活かせる職場で、福利厚生に嘘がなく、和やかな雰囲気で仕事をしている人生を送りたいです。結婚もしたいですし、子供も産みたいです。

今のままだとオーバーワークであるのと同時にモラルも欠けているので辛いですね。昇給は随時で、デザインなどスキルが上がれば上がるほど昇給もしていく形であればもっと燃えますし、向上心もつきます。

そうすれば経験値も上がりますし、大好きな職種なのでやりたいデザインや表現も増えますし、なにより金銭面や生活が充実するはずなので心も豊かになると思います。

実際そこまで行く人はほんのわずかだと思いますが、夢があっていいなと思いますし、羨ましいですよね。好きなことで心豊かにして食べていけたらいいなと常日頃そう思います。

動画編集スキルを磨けばもっと活躍できる

これからは、動画編集スキルをもっと身につけたいです。プレミアプロやアフターエフェクトなど。特撮もののCG演出ありきのドラマなど作ってみたいなと以前企画撮影をしていて思いました。

それまでは既存のデータを使って動画を作ることも多かったのですが、「自身のやりたいようにやってみて!」という指示を頂きました。

その時、自分で撮影を行って編集をしたとき、周りからの評価が高かったと同時に表現が多岐に渡っているのと同時に、情報の伝達のしやすさも動画は兼ね備えていたため、ご覧になった方からの反応がいちばんつきやすく、やりがいを感じました。

動画編集スキルもあれば表現力の天井がまた格段に広がるのと同時に視野も一気に広くなるのではと考え、今後勉強して行きたいなと思います。

閉店後のキャバクラを取材し、WEB編集するのは大変

理想を言えば、年収400万円ほど頂きたいです。

そんなに高望みはしないですが、サービス残業な上に常時夜勤の部署なので安いと思います。手取り30万はあってもいいのでは?と、思ってしまう出来事も多かったです。

例えば、ナイトワーク関係の店舗様であれば大体開店~閉店まで19時~0時頃までの営業がほとんどのため、撮影に来て欲しいと言われる率が高いのは店を閉めたあとの深夜の時間がほとんどです。

そのため、0時前に帰ってしまう昼勤の方々よりしわ寄せが一気に夜勤へ来てしまいます。同じ仕事なのに時間帯が変わるだけでここまで違うとなると、不公平だなと感じる時があります。

ましてや皆さんお酒飲んでベロベロの泥酔状態のため、写真を撮影すると高確率で顔が赤いです。それを修正するのも私共の役割なので余計手間だなと感じるとか、感じないとか…。

福利厚生がしっかりしている職場がいい

理想は自分の能力がもっと活かせる職場で、福利厚生に嘘がなく、和やかな雰囲気で仕事をできることです。

女性が働きやすい環境がもっと充実しているほうがいいなと思います。

というより、大好きな仕事で裕福に生活できたらそれはそれで天職ではないかなと思います。お金も大事ですが、結局は中身かなと。中身が好きでないと続かないですし、理想とはかけ離れてしまうと思います。

まずは安定を手にした状態からスタートしていきたいですね。

今のままだと福利厚生はしっかりしていないですし、常に夜勤となると体調不良も起こしやすいですしプライベートで遊ぼうと思っても昼夜逆転してしまうので結局起きたら店閉まってた…なんてザラです。

もしかしたら安定した生活ができる環境が理想かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です