夫がギャンブルで借金生活になってしまった。

夫がギャンブルで借金

女性20代の事務職、派遣で月に13万程度。

私は20歳の時に若くして結婚をしました。当時はそこそこ普通に暮らしていける程度の金銭はあったのですが、結婚してから半年ほどで旦那がギャンブルで借金を作ってしまいました。

そしてそれを機に人生に生きずまってしまい旦那が会社を辞めてしまいました。正直このままでは暮らしていけないので私は今まで10万程度だった手取りの仕事から派遣の時給1000円で仕事をはじめました。

その月にもよるのですが手取りで13~15万円弱なので家賃など全てを引くと月に5万円程度しか残りません。子供がいないので助かっています。

あとは自分が独身時代にコツコツ貯めたお金を使っているような状態で貯金はもちろん、贅沢な暮らしはできません。

「値引品」を求めて夜のスーパーに

毎日の食材に関しては基本的に夜にスーパーに行って値引きされているものを購入しています。お肉などは基本的に胸肉と豚小間肉などを使用しています。

300グラムのものでも値引きがされていると150円程度で購入できるので、こういったものを購入して節約しています。またあとは野菜を少し買っています。基本的には1.2品の料理です。

1週間に3000円程度の買い物なので月々15000円も行かないくらいです。夏も冬もクーラーは使用せず、お風呂も入れるとお金がかかるので毎日シャワー。出かけるときは自家用車は使用せずに自転車で通勤や買い物をしています。

また私は自宅で副業をしていて少しでも家計の足しになればと頑張っています。

独身時代のお金を切り崩して生活

自分が独身時代にためた貯金だけには絶対に手を出したくなかったのですが、手を出すしか方法がなく。どんどん切り崩して底をつきそうになっているのは本当に悲しいです。

女性として、化粧品や洋服、スキンケアなどはもちろんなのですがそういったものにも一切お金はかけられないので肌もどんどんボロボロになっていきますし、若く結婚してしまった自分が悪いのですが若いのに好きなこともできず、どうして我慢をしないとだめなのだろうかと思ってしまいます。

また子供が欲しくてもこの生活では産めそうにもないですし当分無理なんだろうなと思っています。最近はこの生活に慣れてもきましたが、たまに考え事をしてしまうとなんでこんなことをしているのだろうと悲しくなってしまいます。

貧しい家計で育った自分

私は子供の時に両親が2度の離婚をし、貧乏な家で育ちました。なので貧乏な生活には慣れていましたし、食事も貧相なのが当たり前好きなものを買ってもらえないのも当たり前でした。

なので子供の時にみんながゲームをしていても羨ましいなと思いながら見ているだけの子供でした。人に頼ることに対して罪悪感があるというか、基本的には自分のことは後回しです。

なので学生時代にやりたいことがあったとしても家計が厳しいので進学はできず我慢をして働きました。一生懸命働いて今までの貧乏から抜け出したくて必死にお金を貯めました。

ですがそのお金もあっという間に旦那の借金によって消えてしまいましたし努力が水の泡というか、どこで人生を間違ってしまったのだろうと思ってしまいました。

この先もお金がかかるという不安

これから先この生活を続けていていいのかなという不安はあります。私が頑張って働こうがなかなか貯金もできないですしいつ借金が払い終わるのかと正直嫌気がさしてしまいます。

子供を産んだとしてもこれから子供を自分のような思いをさせてしまうのではないかという恐怖があり、なかなか作る気にもなれません。私はきちんとした職にもついていませんし1人になったところで、貯金もないですし敷金礼金もあったりと生活も苦しいのでなかなか別な道に進むことができません。

私は1人で頑張ってしまう癖があってどうしても誰にも頼ることができません。なので今も必死に一人で頑張っていますがいつか心が折れてしまうのではないかと不安な気持ちです。

余裕が出たら貯金したい

経済的に余裕ができたのであればまずはしっかりと貯蓄をしたいと思っています。いつ何があったとしても生活していけるくらい余裕のあるお金を貯めたいです。

それから好きなこと今まで我慢していたことをたくさんしていければ自分としても心に余裕ができるのではないかと思っています。

また子供もほしいです。昔から子供が好きなので1人は絶対にほしいですし裕福な家庭で生活させてあげたいなと思っています。

私は子供のころ貧乏で育っているのでプールに行くための100円でももらえないような生活だったので、好きなものを買ってあげられる親になりたいと思っています。

また、まだまだ年齢も若いので好きな服やコスメも買って楽しみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です