前の旦那と別れて、再結婚したらもっと金欠に

初めての離婚、そして金欠生活に

女性で専業主婦の34歳、無収入です。

私は34歳のバツイチです。その当時は共働きで私も正社員としてバリバリ働いており、ボーナスも貰っていましたのでお金には余裕もあり貯蓄もできていました。

が、その後性格の不一致から離婚をすることになり、その時に私から切り出した離婚話だったので別れたくない元旦那としては、大きい結婚式も挙げさせてやったのにということでした。

俺は別れたくないけどどうしても別れるというなら2人の貯金(もちろん私の貯金も全て)は持っていくということになり、全額取られました。

その後1人で働きながら暮らしましたが、なかなか貯金はできずで、今は再婚もし子供も1人できたのですが、今の旦那がすごくケチで生活費を少ししか入れてくれません。

そのおかげで、日々の生活費もギリギリで、私にも貯金がない為苦しい思いをしています。

金欠になり、苦しい生活

現在食費に回せるのは家族三人で2万5千円ほどです。それでもギリギリで本当はもっと抑えなければ他のことに影響します。

外食なんてほとんどできないですし、外に出かけるときは飲み物を買うのももったいないので、必ずお茶など飲み物を持参しますし、出る前にご飯も家で食べるようにして外食しなくてもすむようにしています。

いくら食べたいものがあっても基本は我慢をしています。
この夏は電気代を抑えるのにクーラーを一回もつけませんでしたし、暑くてもなんとか扇風機や氷枕で乗り越しました。

お風呂もお湯につかるのは水道代がかかるので基本シャワーで過ごしていますが、これから秋、冬と寒い季節になってきますがどうしようか不安です。

今の旦那は自分の事だけにお金を使う

正直神経がすり減るような気分です。毎日毎日節約のことばかり考え、食べたいものは我慢し、好きなものも買えない、何でも節約、我慢するばかりでとても辛いです。

今まではこんなこと無く好きな時に好きな物を買ったり食べたり自由にお金を使っていたので余計に今が辛いです。私も無職なので収入はないですし、貯金もわずかしか無いのでそれはできるだけ使いたくありません。

もっと旦那にも生活費を入れてもらいたいですし、嫁の私が食べたい物や飲みたい物も奢って欲しいですがかなりケチなので、それは自分のお金で払ってといった感じです。

それなのに自分の趣味にはお金をどんどん使い、それがまた余計に腹が立ち、ムカつきますし、正直愛情が薄れます。

旦那は出産費用も払ってくれなかった

私は今まで働いてきたので、お金に苦労することは全くなかったですが、余計に今のケチな旦那と結婚してからすごく辛いです。今の旦那は私のことに関しては「自分で払って」が口癖です。今までで一番辛かったのは、再婚して子供ができ、出産のため入院しましたが、そのお金は自分で払ってということでした。

2人の子供なのに、入院費はなんで私だけが払わないといけないのか。もぅがっかりしましたし、ショックでしたし、どれだけケチなのか今振り返っても本当に腹立たしいです。

その時は、こんな旦那いるの?と、正直恥ずかしくて、辛くて周りの誰にも言えませんでした。それからも、私に関することは自分で払ってと言われ、2人で使う物でも私に払ってと言ってきます。ありえません。

子供のために残してあげれない

これからのこと全てが不安です。子供も大きくなっていくと今よりどんどんお金は必要ですし、2人目、3人目をもし作るならもちろんそれの倍以上はかかります。それなのに私は貯金もなく無職、旦那は貯金はあるが私のことには一切出さず、自分の趣味にはどんどんお金は使う‥。

いつ私も仕事復帰できるか分からないですし、良い仕事がすぐに見つかるわけでもありませんし、見えない将来がとても不安でたまりません。働けたとしても、私の貯金がない為ある程度貯めるのに何年もかかります。

自分の両親はしっかり貯金ができているし、私が困った時は出してきてくれました。私も自分の子供が大きくなり、大人になった時に残してあげられる貯金がどれだけできるのか本当に不安です。

再婚してからずっと我慢ばかりだったから…

とりあえず外食をしたいです。好きな物、食べたい物を食べたいです。焼肉やお寿司、デザートをお腹いっぱい食べたいです。

子供にも肉や魚や栄養のあるものを、お金のことを考えずに沢山買ってあげて普通に食べさせてあげたいです。
お金がないため、子供の服やオモチャも買ってあげられなくてほぼ親戚のお下がりを使っています。子供のものだからこそ、新しい物を買ってあげたいです。

そして私もお洒落をしたいです。髪の毛も伸ばしっぱなしでカラーも行けてない、服もいつも一緒‥見た目にも気を使いたいです。主婦ですが、1人の女性としてお洒落を楽しみたいです。元々アパレル販売員で、そのようなことにはかなりお金を使い気を使っていたので余計に元の生活に戻りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です