アコムで借入するも利息の返済で限界。元本減らず借金が残ってヤバい!

アコムでキャッシングしたけど借入金利が高く元本返済できない

北陸在住32才独身の男です。今は自宅でFXトレーダーをしています。年収300〜400万です。

私は22才の時にほぼ家出状態で上京しました。地元でアルバイトをし、約30万貯めた時に上京しました。

しかし、アパートを探して入居しただけで家賃自体は4万円の部屋だったのですが、敷金礼金と保証人がいない為に保証会社を使った事で20万以上かかってしまいました。すぐに仕事をしないと来月の生活費が無い状態になりました。

仕事はすぐに決まったのですが、なかなか長続きせず、職場を転々とする事になり生活費が足りなくなりました。

結局は消費者金融のアコム、アイフル、プロミス、レイクから10万づつ、合計40万円借りる事になりました。借金40万円では毎月3万円返してもほとんど利息にとられ、元本はなかなか減りませんでした。

そうした自転車操業的な生活を送っているうちに、ついに生活費も無くなり水道代や電気代の請求書が溜まっていくようになり、家賃も二ヶ月滞納する状態になりました。

たびたびガスや電気も止まるようになり、家賃4万円と光熱費、水道代、食費で月に6万5千円で生活して居たのですが、それでも収入が安定しない為、それだけ節約しても生活が成り立たなくなりました。

ついには10万円を追加で消費者金融から借り、合計50万円の借金になりました。

借金生活で電気やガス、水道が止まる恐怖が襲ってくる

支払いで優先順位をつけるとしたら、まずは家賃、光熱費、食費、水道代という感じで、なかなか止まらない水道代を最後に回し、止まっている電気やガスを優先して支払っていました。

毎月食費に回せるのは約1万円です。それで生活するとなると、買う食費は主食に食パンとパスタを買った方が米を買うより安かったので、それを主食にしていました。

タンパク質は主に卵を食べてとっていました。肉や魚は高くて買えませんでした。

たまに近所のスーパーの惣菜が半額セールをやっていたので、それが贅沢な楽しみとなっていました。バナナ、もやし、豆腐は量の割に値段がかなり安いのでよく食べていました。

夏や冬は光熱費が高くつくので、夏は扇風機だけ、冬は部屋でもコートを着てしのいでいました。

給料日まであと2週間もあるのにお金がない!

毎月の家賃や光熱費、食費で通帳残高は毎回その月の生活費だけ。

やはり使えるお金がこれだけしか無いと思うと精神的にかなり追い詰められます。買いたいのに買えない事や、肉が食べたいのにずっと卵ばかり食べるのは本当にストレスがかかります。

しかしここまではまだ正常な方で、もっともお金が無かった時は食事をとる事が出来ず、次の給料日まであと二週間で、使えるお金が無いという状態も経験しました。

本当にお腹が減りすぎると胃がキリキリとしてきて、血糖値が下がり、頭を働かせる事も困難な状態になります。

精神的におかしくなり、ものが考えられなくなり、無一文でスーパーに行っては「今万引きしたら食べる事ができる」と考えるようになっていました。

貧乏子沢山な家庭に生まれ、こんな家は出ていくと決意

私自身、貧乏子沢山な家庭に生まれ育ったのでいつも人よりはお金が無い状態だったと思います。 狭い家に8人も住んで居たので、それだけでストレスになり、喧嘩が絶えませんでした。

学校に行っても他の人が持っているものを持って居なかったり、田舎だったので家が貧乏なのはみんなが知っていて、クラスメイトにバカにされたりしました。

一番つらかったのは、イジメが始まった時でした。家でもストレスが溜まるのに、学校でもイジメですから、全く逃げ場が無い状態です。

絶対にこの家は出ていくし、この地元からも絶対出て行く。そんなことばかりを考えて過ごしていました。せめて家に余裕があれば、そこまで追い詰められずに済んだと思います。

日本はどんどん不景気になりブラック企業だらけになると思う

これからは日本はもっと不景気になると思うし、少子高齢化時代でもあるので、社会保障や行政、国への期待は全く出来ないと思います。

そもそも人間自体、お金の無い人間にはとことん冷たいものだと思って居るので、どうやって自分のお金を確保するかが最重要だと思います。

しかし会社で働くと日本にはブラック企業だらけなので、自分の人生をほとんど奪われながら生きている人がたくさん居ます。

1日12時間以上働き、休みの日まで仕事の事を考える。こんな生活では社会保障がある程度安定しても、人としての人生が壊れてしまうと思います。

だからいかに自分の生活を豊かにしながら、お金の心配もしなくていい。そんな人生を送る為にも、あらゆる情報を知って、自己防衛していきたいです。

借金を返済したら東南アジアに移住して豊かな生活を送りたい

私がもしある程度のお金を手にしたら、まずは借金を返済します。

そして、タイなどの東南アジアで物価の安い国に移住し、そこでお金持ちとして生きて生きたいです。

結婚や子供などは、今の日本ではなかなか考えられないし、経済的デメリットが多過ぎるので、日本円の価値が高い東南アジアで暮らせば、ある程度余裕ももてて、結婚や子供の事なども前向きに考えるようになるかも知れません。

貧乏な人が子供を作ると悲惨な事になる事は、実体験として知って居るし統計的にも事実だと思うので、自分の子供にそんな思いはさせたく無いと思うのです。

自分の稼いだお金が最大限の力を発揮出来る環境を作る事、そういう環境に出来る所に行って、のんびりと余裕を持って生活するのが私の理想の生活、人生です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です