100万円を工面できなくてあきらめた海外留学

貯金がないのに夢の初期費用100万円!

私は31歳の女性です。現在は長崎に住んでおり、専業主婦で収入はほぼ無しです。

23歳ごろ、英語を話せるようになりたくて海外留学(ワーキングホリデイ)をしようと思っていました。ですが、その時の貯金額はほぼ0でした。

たくさんの会社から資料を取り寄せて、検討していましたが、初期費用に50万はかかり、留学先での生活で50万ほどはかかると言われました。

留学先では仕事の斡旋はあるのかもしれませんが、スムーズに仕事が決まるかどうかもわからなかったので、100万円は貯金が必要だと判断しました。

しかし、その頃の仕事でトラブルが発生していて、なかなかうまく解決することができずに、いつ辞めてもおかしくない状況だったため、貯金もどのくらいの期間でためることができるかわからなかったので、海外留学をあきらめることにしました。

幼いころからの興味

私は幼いころから外国語に対してとても興味があり、いつか外国の方と普通に会話をできるようになりたいと思っていました。小学生の頃は親にお金を出してもらって、英会話スクールにも通っていました。

しかし週に一度のレッスンではなかなか会話をするレベルには到達しませんでした。そのあと中・高と英語にあまり自信がなくて、意欲が落ちてしまいました。

社会人になってから、たまに外国人の方とお話をする機会があり、英語を話したいと強く思うようになりました。

しかし、お金がなくて海外留学を諦めざるを得なかったのは、堅実に貯金をせずに、今まで好きなように好きなことに好きなだけお金を使っていた自分のせいでした。今までの生活をとても後悔して、自分を責めました。

やりたいことでお金が必要だと学ぶ

お金がないことで大きな夢を自分からあきらめなければならない状況になって、やりたいことをやりたい時にやるためには、必ずある程度の貯蓄が必要だと思うようになりました。

したいことを好きなようにして、ただなんとなく遣っているいるだけでは、お金を無駄遣いしているだけだと気づきました。なにか大きなことをしようと思うとき、必ず大きなお金が必要になることも学びました。

そこで私は、お金を使うときは本当に必要かというのを必ず買う前に自問自答するというルールを作り、実践しました。

そうすると衝動買いをすることがぐっと減り、少しづつですが、貯蓄することができるようになりました。

結婚して家庭を持った今でもそのルールは続けていて、収入は少ないですが、毎月一定額を貯蓄できています。

子供にはお金の使い方を教えます

お金がなくて最も辛いことは夢をあきらめないといけなくなることだと思います。私の場合は自業自得で、自分の過去を悔いて、しかしそれが今のお金の使い方に対する姿勢につながって、結果的によかったと感じています。

しかし、小さいころからずっと追いかけている夢や目標が、自分努力ではどうしようもないところで、お金がないがために諦めなければならなくなったときはとても辛いのではないかと思います。

なので私は、自分の子どもたちにはお金がないからさせてあげられないということを極力ないようにしていきたいと思っています。

私と同じように、自分のせいで後悔するようなこともあってほしくないので、子どもたちにも幼いころからお金の使い方に対してはしっかり教えていきたいと思います。

十分なお金を得るために

十分なお金というのが一体いくらくらいなのかはわかりません。私は、現在子育て中のため専業主婦をしています。子どもとの時間は限られているので、その時間を大切にしたくて専業主婦という道を選びました。

その中で、お金を稼ぐにしてもおそらく十分といえるだけの収入は得られません。

しかし、少しでも生活の足しになるようにと、子どもたちが寝てしまったあとや、幼稚園に行っている時間に在宅ワークを始めました。時間は一日に2.3時間しかとれませんが、少しでもいいので稼ぎたいと思ってやっています。

来年からは投資をはじめようと思い、投資の勉強も並行してやっています。限られた時間の中では稼げている法なのではないかと思っています。

親子で留学したいを繰り返し考える

海外留学をするには100万円から150万円ほどあればできると思っています。

しかし、今は子どもたちがいるのでもっとお金が必要になってくると思います。子どもたちと一緒に行く海外留学もあるので、そういうものも利用していってみたいと今でも思うことはあります。

しかし、主人のことを考えるとそれは不可能だと思うので、考えては消えて、と頭の中を繰り返しています。

もしも子どもたちも連れて海外留学ができるのなら、オーストラリアに行って、現地の農場にホームステイをしたりして、農場での暮らしを体験したり、語学学校で英語を学んで、親子で英語をマスターして帰国したいです。

帰国後は、その英語を生かせるような仕事をしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です