小さな子供に寂しい思いをさせてしまってます

子供に寂しい思いをさせてしまってます。

私は奈良県橿原市に住む30歳女性です。現在は企業資料室で働いております。2014年に価値観の違いから夫と別れており、現在は慰謝料をもらいながら4歳の子を育てております。

現在の悩みは子供の相手をゆっくりできないことです。土日も仕事に行かなければならない時があり、その時はファミリーサポートに頼ったり、実家にお世話になっています。

子供は私が仕事から帰宅するとずっとそばにいて離れません。そして今日あったことを目を輝かせて私に教えてくれます。私は家事の傍ら耳を傾けているので、しっかり子供の目を見て頷いてあげられないことが心苦しいです。

また、子供が病気になり保育園を休む時も仕事の都合でどうしても私が休めない時もあります。体がしんどい時一番そばにいて欲しいだろう母親が居ないので、寂しい思いをさせているだろうなと思います。

子供は子供なりに私が忙しいということを理解していて、駄々をこねたりせずに待ってくれています。

シングルマザーとしての仕事への不満

残業が多いことと、休日出勤があることです。専門職なので代わりの人がおらず、どうしても出社しなければなりません。もう少し人員を増やして欲しいなと思います。

有給休暇もあってないようなもので、とろうとするとわかりやすく眉をひそめられます。子供の行事はどんな顔をされても休みはとりますが、それ以外の急な病気(風邪などの軽いもの)は休める空気ではありません。

残業代や休日出勤分の給与は上乗せでしっかりもらっているので給与に関しては問題ないのですが、シングルマザーには厳しい会社だなと思います。

私と同じ専門職員を増やしてもらえれば、私の負担はかなり軽減されるので、現在そうしてもらえるように人事へ相談に行っています。

子供にとって

子供にとって我慢をさせているのは、私との一緒の時間です。これは本当に可哀想なくらい我慢させています。

申し訳ないといつも思いながら仕事をしていますが、子供は不平不満を言わずにとてもお利口にしています。そのことがまた心配でたまりません。

運動会や学芸会などの大きな行事は無理をしてでも行っていますが、日々の参観だとかはなかなか行けていません。保育園なので来られない方は多いそうですが、それでも気持ちは沈みます。その代わり、仕事が休みの日は子供とずっと一緒にいます。

どこへも出かけず、家の中でお喋りばかりしている時もあります。そんな時、子供はとても楽しそうで幸せそうに笑ってくれます。その顔を見て、私はまた頑張ろうと思えます。

普段我慢させている分、二人で居られるときは思い切り甘やかしています。

もっととりたい子供との時間。

今一番欲しいのは、子供との時間です。本当はもっともっと一緒にいたいし色んな場所へお出かけしたいのですが、それができません。

子供の毎日の出来事を目を見て聞くことができない状況です。いつも何かをしながら子供と接しなければならないので、ゆったりとした時間が欲しいです。

離婚前は私は同じ会社でパートをしていました。結婚を機に、正社員からパート待遇にしてもらったのです。その時は時間もたくさんあったので、子供と向き合うこともしっかりできていました。

一緒に習い事もしていました。離婚をしてから、会社側は私に配慮して、また正社員に戻してくれました。普通なら難しいと思います。しかし長年勤めているので、上司が融通をきかせてくれたのです。

そんな恵まれた環境にいて不平不満は言えませんが、やはり子供との時間はもう少し増やしたいです。

あまり苦労せずに済んだ「シングルマザー」の就職

私はシングルになってから新たに就職活動をしたわけではないので苦労する部分はあまりわかりません。

ただ共通しているのは「子供のことで欠勤することが頻回にあるか」ということだと思います。シングルでもそうでなくても、子供を保育園に預ける以上、そういった問題は出てきます。例えば子供が熱を出した時、頼れる人はいるかどうか。

会社側はこれを一番気にしています。頼れる人がいるなら仕事には支障が出ないということで問題ないと思ってもらえますが、そうでなければ好んで採用する企業は少ないのではないでしょうか。

特に正社員で働く場合は余計に注視すると思います。

シングルマザーが働く上では恵まれた職場

現在の仕事があるので転職は考えたことはありません。休みこそあまり取れませんが、理解ある職場なのでそれ以上求めることはありません。

ただ離婚が決まった時、一瞬だけですが夜の仕事をしなければならなくなるのかな、とは思いました。私の中でシングルマザーと言うと夜の仕事というイメージがあったからです。

テレビでも子供を夜間保育に預けて仕事へ行くシングルマザーの特集をしているのを見かけたことがありました。そうでもしなければ、生活が回らないんだろうなと漠然と思っていました。

でもそのような考えは一瞬で消え去りました。もし今の会社で働いていなくても、私は夜間の仕事にだけは就かなかったと思います。夜は子供が一番心細い時間だからです。寝つくまでずっと側にいたいので、仕事は必然的に日中のものに限られてきます。

500万円あれば…

欲を出せばきりがないですが、もし500万あれば今ほど仕事に重きをおかなくてもいいのになと思います。今も少額ですが月々貯蓄をしています。子供の学費や、将来の結婚資金のために日々コツコツと貯めています。

宝くじが当たればな、とはよく考えます。その時当たって欲しい金額がいつも500万なのです。それだけの貯金があれば、子供への結婚資金にはなります。

自分のために使うことは一切ありません。私が働くのは子供のためです。子供が将来苦労しないように、最低限のことはやっておきたいと思っています。

離婚という子供にとっては最低なことを私は選択したのですから、その瞬間から私は子供にこれ以上の苦労をかけないと誓いました。ですから稼いだお金はすべて子供のために使いたいと思います。

他のシングルマザーの方に伝えたいこと

私はまだまだ励ませる立場にはいませんが「一緒に頑張りましょう!」いう気持ちです。

私がいつも勘違いしてはいけないと思っているのは、苦労しているのは私達親ではなく子供だということです。

このような親の元に生まれてきた子供が一番苦労しているし、寂しい気持ちを必死に押し殺しています。離婚は親の都合です。その都合に振り回されている子供が一番辛いのです。

私はそのことを常に頭に置き、今まで以上に愛情をかけていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です