プリンターのキャンペーン販売ではセクハラまがいのことも

プリンターの販促活動でがっつり稼ぎました。

私は北海道札幌市在住の34歳女性です。20歳のときに高額バイトで約20万円稼ぎました。

仕事は登録していた派遣事務所からの依頼で、内容は家電量販店でのプリンターの販促活動でした。

1シーズン、主に土日祝日に指定された家電量販店で働きました。朝9時から17時、あるいは朝10時から18時までの場合が多く、食事休憩1時間と30分の休憩がありました。

シーズンが始まる時に2日間、販売元の会社からプリンターについての知識や情報をレクチャーされ、その情報を元に実際に家電量販店でプリンターを見に来たお客様にその会社のプリンターを購入してもらえるよう説明を行う仕事内容でした。

基本的には札幌市内の家電量販店を指定されましたが、時折帯広や旭川など出張を依頼されることもあり、出張手当として7千円から1万円が支給されるシステムでした。

一度で高額なアルバイト料がもらえるため、出来るだけ出張は行かせて欲しいと希望し、何度か出張しました。

実際に家電量販店で働く時間は札幌市内と同じで、交通費や宿泊費は全て支給されていました。
札幌市内でも日給で7千円、出張した時は1万5千円から1万7千円程度が貰えました。

学費を稼ぐために時給の良いバイトを

私は医療系の私立大学に通っており学費がかなり高額だったため、親からお小遣いをもらっていませんでした。そのため、交際費やパソコン、運転免許取得のためのお金など、自分で自由に使用出来るお金を少しでも多く稼ぎたいという目的で色々なアルバイトをしていました。

その当時は免許取得のためのお金を貯めている所だったため、少しでも効率良く稼ぐ事が出来るアルバイトを探し、日給である程度まとまったお金を稼ぐ事が出来る登録制のアルバイトを選びました。

風俗はどうしても抵抗があったため、風俗を除いた中で高額なアルバイトを探した時、情報誌の中でも高額だったのは当時登録制の派遣のアルバイトでした。

内容としてはトークスキルなども求められましたが、説明や話をする事が比較的得意だったので、それを活かして稼ごう、と思いました。

バイト仲間はほとんどが大学生

プリンター販促のアルバイトはほぼ全員が当時の私と同じ大学生で、違う派遣事務所から派遣された子も来ていました。

ただ、レクチャーを受けてお客様に説明を行う仕事内容だったので、話すのが苦手な子や説明が苦手な子などはレクチャーの時点で辞退したり、仕事が来ない、という事もあったようです。

アルバイト中に何台のプリンターが売れたのか、販促員を置いた時とそうでない時の差はどの程度なのか等、全てデータとして販売元の会社や派遣事務所に報告されていました。

そのため、シーズンの後半は売り上げが多い子にだけ名指しで依頼が来ていた、と後から派遣事務所の方から聞きました。そう考えると、後半は自分からお客様に話しかけたり出来ない子はほとんど見かける事がなかったように思います。

稼いだお金は運転免許と学費に

他のアルバイトで稼いだお金と合わせて、運転免許を取る費用に充てました。お小遣いをもらっておらず、さらに実習などで定期的なアルバイトが出来なかった時に派遣事務所に登録しました。

実習が始まるまで働いていた居酒屋のアルバイトで稼げる金額と、土日祝日だけ働いていたプリンター販促のアルバイトで稼げる金額は大きく変わらなかったため、自由に使えるお金が減る事もなく生活出来ていました。

実習が終わって居酒屋でまた働き始めてからも土日はプリンター販促のアルバイトを続け、居酒屋で稼いだお金は主に交際費に使用し、プリンター販促で稼いだお金はパソコンとプリンターをセットで買うお金を貯めるなど、色々な事に使用するためのお金として貯金していました。

拘束時間の割にまとまった日給が得られる

同じ拘束時間でも日給でまとまってお金がもらえるため、メリットは大きかったです。私自身はコンビニエンスストアや居酒屋で接客に慣れていた事もあり、物事の説明も苦手ではなかったため、その点でも苦労はしませんでした。

デメリットとしては、立ちっぱなし、喋りっぱなしになるため疲労はかなり大きい事、勤務する家電量販店には自分で行かなければならないです。

自宅から遠い場所や出張で土地勘がない所では往復するだけで大変だった事、家電量販店によっては倉庫からプリンターを自分で出さなければならなかった事です。

派遣のアルバイトはその都度勤務する場所が違うため、最初はその場所それぞれのやり方に慣れなければならないのが大変でした。

バイトでコミュニケーションスキルがついた

プリンターの機能や他社との違いを分かりやすく伝えるという事は簡潔に、かつ要点はしっかり押さえて説明しなければならないため、自分の持つ情報を人に分かりやすく話すスキルが身につきました。

また、色々勤務地が変わる事で初めての人でも物怖じせずコミュニケーションを取ることが得意になりました。

ただし、最初は出張に対して高い手当がつくことしか考えていませんでしたが、実際に一人で出張した事で、知らない土地で知り合いが一人もいない中で一人で働く事がこんなにも心細いものなのかという事が分かりました。

社会人の今では社内異動がありますが、どこにも知り合いがいないあの時の孤独感を考えると社内異動くらいは何でもないと思えるため、その点もアルバイトのお陰かなと感じています。

自分の得意分野を活かせる仕事に

自分の得意分野を活かせるアルバイトの中に高額なものがあれば、私はまず試してみることをお勧めします。

私自身、高額な分大変な思いもしましたが、得るものもたくさんありましたし、自分の目的のためにも近道にはなりました。

ただし、高額という事は何かしらの理由があると思います。情報誌には全ての仕事内容が記載されていないものもあります。他の派遣事務所ではかなりのミニスカートを強要されたりホールスタッフと称してお酒の相手をさせられる所だったりした事もありました。

そのように中には金額は高くても自分には合わないもの、難しいものももちろんあると思いますし、自分が辛い思いを抱えず続けられるものを見つけて、楽しく働けるアルバイトをして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です