宝くじはコミュニケーションの一環として楽しみます

寄付のつもりで宝くじを買います

私は35才の女性です。静岡県に住んでいます。専業主婦なので収入はありません。

ロトは購入しませんがジャンボ宝くじを年に1~2回くらい、各3000円購入します。

当たればいいなと思いつつ、正直当たるとは思っていないです。子供の時に、キャンプ場で宝くじの収益金で寄付されたテントを使用して、こういう使われ方をするんだなと子供心に思いました。

決して私も収入は多くなく、倹しい暮らしをしていますが、もっと困っている人はいると思うので、できれば寄付をしたいと思います。でも本当にちゃんと寄付金が運用されているのか分からないし、こちらのメリットがないのに寄付することが、何だか偽善的な気がしてしまいます。

それだったら宝くじを購入することで、もし当たったらラッキー、当たらなくても寄付したことになる、と言うウィンウィンな感じがいいと思い、年に1度か2度は購入してみることにしています。

本当は周囲の人に聞くと、定期的にロトなどを購入している人の方が当たっているようですが、そこまでの頻度は購入できません。

当選発表はゲーム感覚で楽しめます

売り場に行って並んで買う時は、もしかしてもしかすると当たるかも、とほんの少しは期待してしまいます。

でも、高額当選した人は、購入する時に何だか予感みたいなものがするとか聞きます。今の所、そういうことはないので、あんまり期待はできないな、と思います。

買った人同士、その話題で盛り上がりますが、正直誰も当たるとは思っていないような感じですね。万が一高額当選したとしても、どうしたらいいか分からないですし。

でも、当選番号の発表の時は、ワールドカップとかオリンピックとかを観戦するのと同じような感覚で楽しいので、ゲーム感覚で楽しめるなら、買うのも悪くないと思います。結局当たらなくて外れたもの同士、笑い合うのもなかなか楽しいです。

女神の売り場を探します

残り物には福があると言うことで、販売が終了する日の、閉店間近に購入するようにしています。

当たると評判のお店に、わざわざ買いに行ったりすることはないですが、販売店の店頭にいる販売員の方が、何となく福がありそうな人相かどうかは確かめてしまいますね。

色白でぽっちゃりめの年配女性だと、何だか福に恵まれていそうで、当たるんじゃないかと思い、そういうお店で購入しますが、今の所私の前には女神さまは降臨していないようです。

以前、冷蔵庫に入れておくと当たるとか聞いたことがあるので、何となく冷蔵庫の卵を置くところの裏に立てかけておくようにしています。どこかにしまうと忘れてしまうのでちょうどいいですね。
とは言え、今の所効果はないようですが・・・。

くじ運がなくても健康であればいい

残念賞以外あたったことはないです。私の周りには10万円以上~1000万円までの当選者がいるので、周りは運がいいようですが、私は全くと言っていいほど、かすりもしません。

くじ運がないのか、周りの人に吸いとられているんでしょうね。ハズレてしまうとやはり、がっかりしますが、いつものことなので、そこまで落ち込むようなことはないです。

一度くらいは、少しでいいから当たってみたいのが正直な気持ちではあるのですが、くじ運がないと言うことは、何か他の運がいいに違いないと、前向きに思うようにしています。くじ運はないけれど体も健康だし、運が強いところがあると思うので、くじなんか当たったら逆に何か良くないことが起きるんだと、がっかりした自分を慰めています。

宝くじはコミュニケーションのきっかけ

大体3000円位購入するのですが、この3000円を食費に充てれば、もうちょっといいものが食べられたのになと思ってしまいます。お財布から3000円減った分、スーパーに行っても、どうしても安い食材を買う羽目になるので、しばらく節約レシピを駆使した食卓になってしまいます。

貧乏料理を食べている時に、しみじみ後悔してしまいますね。そんな風に後悔するくせに、買う時は3000円で何億円かが当たる可能性が生まれるんだったら安いものだと、何故か錯覚してしまうんですよね。

買ってなければ周りの人たちと「宝くじがもし当たったら」と言う話で盛り上がれないし、自分も当選番号の発表をわくわくしながら待つことができない、と言うことは何だかつまらないので、結局買ってしまうんですけどね。

当選金は家族の未来のために使います

1億円当選したら、まず住宅ローンを返済します。後は車をエコカーに買い替えると思います。残りの半分はそのまま貯金し、もう半分は株を購入すると思います。

夢がない話かもしれませんが、1億円位じゃそこまで贅沢三昧はできないと思います。1億円は個人が持つには確かに莫大なお金ですが、派手に使えばすぐになくなってしまう額だと思います。

今の生活を維持して、この先のお金の心配がなくなっただけ、と思うようにします。感覚としては何かを買う、と言うより先々の生活の保険にすると言う感じですね。

もし独身だったら、マンションと車を購入し、エステに行きまくってたかもしれませんが、結婚して子供がいるので、どうしても現実的になっちゃいますね。

BIGやロトでも楽しみを増やしたい

これからも細々と宝くじを購入し続けると思います。ただ、自分のお小遣いの範囲内に留めて、今まで通り少額しか買いません。

もしかしたらジャンボ宝くじの購入はやめて、今後はたまにロトやBIG等を購入するように変更するかもしれません。理由は、利用しているネットバンクに宝くじの購入サービスがあり、どんなものかちょっと試してみたいと言う気持ちがあるからです。

何億円と言う、現実的じゃないほど高額の当選をしたところで、どんな風に使ったらいいか到底わからないけれど、何百万とか何千万円だったらまだ現実的です。BIGやロトの方がそういった現実的な金額の当選確率が高いそうなので、そちらの方が楽しみが増すような気がするからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です