私にとって宝くじは安価に楽しめる趣味です

宝くじで妄想を楽しんでいます

私は男性、41歳です。 新潟県に住んでいます。現在は無職でランサーズなどで内職をしています。収入は月1万いってないと思います。

ロト、宝くじ共に交互で1年に1回程度購入します。掛ける金額は300~2000円前後でしょうか?

基本的にあまり当てようとは思っていません。趣味の一環で「当たったらどうしようかな?」「引っ越しして気分一新してみようか」「残りの人生を気楽な一人暮らししようか」「欲しかった物を買いそろえてみようか」等々妄想するのを楽しみにしています。

宝くじやロト6などを買うことで、そういった妄想が膨らみます。それを楽しむためのスパイスとして買っているのが一番大きいです。

とはいうものの当たればそれが一番嬉しいには違いありません。

当たる確率が自動車事故より遙かに低いと分かっているので、投資だとは一度も思ったことはありません。

単純に当たる確率だけなら、サマージャンボなどよりtotoやBIGの方が高いと思いますし。

まぁ外れたとしても、宝くじ購入などの利益は地域振興のためのお金になるらしいので、地域に貢献したと自分を慰めることが出来るのも良い点ですね。

宝くじは気分転換に最適です

お金に余裕があって、妄想を楽しみたい程度に人生に疲れているときなど、趣味を楽しみたいけれど何かするには手間も時間も無いときなどに購入したりします。

前述したとおり「趣味」の一つとしている面が強いのでストレス発散、手軽な散財、地域(スポーツ振興)貢献、妄想の種等々、購入することで複数の目的を達成することが出来るので、行き詰まった気分の時に購入する場合が多いです。

まれに1枚だけ買うときもありますが、そちらは神社に行ってお守りを購入したり、おみくじを引いたりする心境に近い感じでしょうか?

たまに変わったことをして気分転換という意味では、最初の理由とさほど違いはありませんが、1枚だけ買う場合は複数枚買うときとは違い、ポジティブな気分の時に買う場合が多いですね。

とりあえず神頼みはしています

宝くじは、神棚においたりして、神頼みまたは仏頼みをしています。

自分は一般的な日本人でそれほど信仰心があるわけではありませんので、半分以上は冗談でやっている感じです。

購入した宝くじは、いつでも数字を確認できる場所で、かつ手に届きにくい場所などに飾ったりします。大事な物ですが、わざわざカギの掛かった場所にしまったりはしません。そもそも当たると思っていないので。

宝くじを購入する場合は、連番で購入して最悪300円戻ってくるか、1枚だけにして浪費を極力抑えるかのどちらかのパターンで買う場合が多いです。

購入場所はあまりこだわりはありません。販売枚数が多い場所から高額当選が出やすいのは統計的には説明するまでもない理屈です。わざわざ高額当選が出た売り場まで行って買うことはありません。

当たることよりストレス発散が目的です

当選したことはありません。「ハズレ」と分かればそれなりにガッカリこそしますが、そもそも購入後の妄想の種や、ストレス発散用の散財目的のために買っている節があるので、値段分の妄想が楽しめればそれで十分です。美味しい料理を食べて満足するのと同じ感覚です。

散財も無駄にお金を使ってストレスが発散できれば目的を達したも同然なので、一般的に宝くじなどを買う他の人達より「ガッカリ度」はずっと少ないと思います。

掛けたお金の分だけワクワクできていれば満たされる性質なので、たぶん1番違いのハズレくじを持っていたとしてもそれほど悔しさなどは感じないと思います。・・・たぶん。

でも実際に1番違いのハズレくじを持っていたらどんな気分になるのかはあくまで想像に過ぎないので、枯れた自分でも「凄く悔しい!」みたいになるのでしょうか?

宝くじは趣味だから後悔しない

買う回数も金額も、宝くじをたしなむ人達に比べればずっと少ないので、特に後悔をしたことはありません。

前述したとおり、自分にとっては「美味しい食べ物を食べて満足した」と同じ感覚で宝くじを買っており、「妄想などでワクワクできればそれで十分値段分たのしめた」と後悔することがないんです。

食べた料理が不味かったという場合は、ガッカリしたり後悔したりするかもしれませんので、購入金額に見合う程ワクワクできなかった・・・という場合があればそういうときは後悔するかもしれません。

年1回程度しか購入しないので、複数枚で3000円程度購入するとしても、それで数ヶ月ワクワクできれば十分元を取れてしまうのです。

だから私にとっては趣味の一環なので、買って後悔する・・・というのはまず無いと思います。

1億当選したら堅実に貯金します

1000万円くらいは趣味であるパソコン、オタクグッズ、家電、本、家族への還元などに使うと思います。

残り9000万円は貯金して残りの人生を生きていくための資金にすると思います。

せっかく税金の掛からないお金ですので、チマチマと生活費に充てていけば残りの人生は働かなくても食っていけるでしょうから。

かつてのように、1億円当選して、貯金の福利だけで食っていける・・・なんて時代ではありません。でも現金を常に持っていると精神的に疲弊しそうなくらい小心者なので、まず貯金すると思います。

もし、今後日銀以外もマイナス金利になるような時代に突入するとしたら、さすがに全額引き出して、金庫でも購入してそちらに大切にしまっておくかもしれませんが。

宝くじは趣味なので買い続けます

あくまで趣味の一環なので、飽きたら止めるかもしれませんし、そのまま買い続けるかもしれません。

何らかの改正で1枚の値段が更に上がったり、1等以外の当選金額が下がったりなどしたら、と今考えてみましたが、自分の1年にかける趣味代のそれに比べれば高額になることは、ほぼ考えられません。

もしそうなれば、買うペースは落ちるかもしれませんが、気の向いたときなどに買う、といった形へ変化するだけだと思います。

妄想が趣味の庶民なので、手間を掛けずにワクワクできることは(宝くじを大量に買わない限り)、非常に金の掛からない趣味なので、飽きることはあっても、「完全に止める」ことは無いと思います。

とまぁ淡泊で変わった性格ゆえ、大金に興味が無いような理由を書き続けてしまいましたが、普通の人より劣るものの、実際に当たった場合の自分の動揺を考えると、非常に笑えそうなので、1等とはいわずとも一度くらいは高額当選してみたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です