アパレル店員の手取り低すぎ!洋服代は天引きされ預金なんて絶対無理

アパレル勤務で洋服代が給与天引きされると手取りは13万円

結婚前に派遣社員で洋服の販売員をしていた時に、ご縁があり正社員になることができました。でも、販売の仕事はお給料が少ないことは派遣社員の時代にわかっていました。

その頃の手取りは13万円でです。

実際、正社員になると引かれる税金も多く、そして何よりお給料自体がかなり低かったので、どんなに頑張って働いても一月のお給料が13万円ほどしかもらえない時期がありました。

週休2日でフルタイムで働き、試着販売だったので毎月数点のお洋服を購入していました。その試着販売用の洋服を購入したお金がお給料から天引きされるので、手取りにすると毎月13万円もらえればよい方でした。

実家暮らしとはいえ、家に入れるお金を引いたり、お昼ご飯代を払ってしまうと手元に残るお金はほとんどありません。お給料日前の一週間は、おにぎり一個で生活したりコンビニに寄ることもできませんでした。

アパレルは仕事がハードでも低賃金!ランチはおにぎりでしのぐ

お昼ごはんを毎回コンビニで買ったり社食で食べるお金がなかったので、時間があるときはおにぎりを作って持って行きました。

時間がなくおにぎりを作れない時はコンビニで一番安いパンを二つ買って、お昼ご飯はおにぎりかパンでしのぐようにしていました。

お金がなくても友達と遊ぶことは断りたくなかったので、飲みに行ってもなるべく食べないようにしたり、ご飯を食べる時はできるだけ安いメニューを注文するなどしてできるだけお金を使わないように工夫して毎日生活していました。

お給料日まで日にちがあるときは使わなくなった洋服や靴などを買い取ってもらえるリサイクルショップに持ち込み買い取ってもらってお金を作っていました。

ショップ店員なのに欲しいものが買えずイライラが募るばかり

おしゃれが大好きで販売員になりました。しかし、折角おしゃれに携わる仕事に就いたのに、お給料が少なすぎて欲しい洋服や靴、バッグが何も買えないことは自分にとってはかなり辛くストレスになりました。

今まで購入できたような値段の洋服も購入できなくなってしまうと、なんのために働いているのかわからなくなってしまいました。

かなりストレスがたまりイライラして肌荒れしたりと。

お給料が少なく使えるお金が少ないことで自分がこんなに短気な人間なんだと初めて知り、同時に、自分の短気な性格にも更にイライラしました。

今まではあまり考えたことがありませんでしたが、欲しいと思ったお洒落な洋服やバッグが買えないことは、何よりのストレスになるとわかりました。

せっかくアパレル販売人になったのに収入が少なくて辞めたくなった

欲しい物、探していたものが目の前で売られているのに、お金がないことで購入することができないです。何のために洋服の販売員になったのかわからずかなり悲しい気持ちになり落ち込みました。

欲しいものが買えないばかりか、生活するお金にも困っています。

気に入って購入した洋服やバッグを売却してお金を作ったり、お腹が空いても休憩中に何も食べずにお茶だけ飲んで空腹をしのいだり、飽きてもおにぎりを毎日作って食べる日が続いた時は、販売員という仕事自体が嫌になりました。

せめて普通に生活できるレベルのお給料がもらえる会社ならば、販売員じゃなくてもいいと思うくらい悲しい気持ちになっていました。もういっそこのこと辞めたいと思う日々が続きました。

何も買えずお腹が空いても、おやつも食べれないような生活は働いて意味が分からなくなり悲しかったです。

どれだけ節約しても給与が低くて預金が減ってしまった

アパレル店員のときは、お給料が少ない生活を1年ほど続けていました。

生活するお金すら足りなくなってしまい、できるだけ節約しながらの生活を送っていました。

しかし、どうしてもお金がないときには貯金を切り崩して支払に回して友達と遊ぶお金にあてていたので、この一年間だけで貯金は30万以上減ってしまったと思います。

せっかく結婚資金として毎月少しずつでも貯金してためていたお金だったのに…。貯金が減ってしまった事はすぐに結婚したりお金が必要になったらどうしようとかなり不安な気持ちになりました。

結婚して子供ができ働けなくなったら、自分のお小遣いとして使う予定だった貯金でしたので、自分のお給料が少ないことで減ってしまいました。このとき、20代の半ばだったので焦りました。

お金があればブランド品のバッグや洋服を購入したい

現在は結婚して子供を二人育てていますが、結婚したときの貯金は少ないままで結婚してから自分の欲しいものは我慢していた部分のほうが大きいです。

お金が手に入ったら、自分の欲しい洋服やブランド物のバッグなどを購入して、家族で海外旅行や温泉旅行に行きたいです。

また、住宅ローンをすべて返済して車を購入し、子供たちが留学したり私立の高校、大学に進学しても大丈夫なように教育費はしっかりと多めに貯金しておいてあげたいです。

今は塾に通うだけでも月々にかなり大きな金額のお金を支払っています。

高校、大学の入試の時にはさらに塾代がかさむことになるのでお金の心配をせずにどんな学校にも進学させてあげられるだけの教育費しっかりと貯金しておいてあげたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です